話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

静かなところにいる ~転生したら盲目難聴でした~

あきや

50.再会

顔に触れられ目が覚める。
これは……
クリシの手だ!
右手を掴まれ、慣れ親しんだ唇に触らせられる。
「エク様、起きてください!ご無事ですか!?」
「私は大丈夫、クリシこそ無事だったの?」
「はい、色々な拷問を受けましたが、なんとか……」
「拷問……!?
 どんなことをされたの?」
「それが、記憶が混乱していて、よく覚えていません。
 ただ、とても酷い拷問だったということだけは覚えています。」

とても酷い拷問とは、どんなものだろう?
任侠ものだったら、爪を一枚ずつはがされたり、ナイフで目を抉り出されたりするんだろうか。
私は目を抉り出されたとしても、ただ物凄く痛いだけですむけど、
目が見えているクリシにとっては、とてつもない恐怖だろう。
想像するだけで、震えが止まらない。
もしかすると、クリシはこうして今も普通に話しているけど、
実は両目を失っていたりとかするんだろうか?

私は指先をクリシの唇から離し、クリシの顔を撫でまわす。
目も耳も鼻も、欠けているパーツはない。
肌も滑らかで、傷一つ無さそうだ。
クリシの腕を伝い、指先を確かめる。
爪はあるし、触ったくらいで気付くような傷はどこにもない。

「怪我はしなかったの?」
「目立つところには。
 ですが、服の下には様々な拷問の跡があります。
 奴らはこういうことに手慣れているようです。」

手慣れているというと、女奴隷としての価値を傷付けないため、ということだろうか?
そんな遠いダークファンタジーみたいな話が、目の前のクリシの身に起こっている。
とても簡単には信じられない。
しかもこれは、他人事ではない。
これから、同じことが私の身に起こるかもしれない。
いや、このままいけば、ほぼ間違いなく起こる。

「私も同じ目に合うんだよね」
「そんなことがあってはいけません。
 奴らも拷問したいわけではなくて、エク様の協力が必要なだけです。
 聞かれることに対して素直に答えていれば、酷い目に合わなくてすみます。」
「そうかな……?
 もしかしたら散々利用された挙句に、殺されたり奴隷にされるかも。」
「そんなことはありません。
 私も拷問に耐えられずに、全て話してしまったのですが、そうしたら解放されました。
 だからこうしてエク様に会いに来れたのです。
 だからエク様も、酷い拷問に会う前に、素直に協力すれば、
 私のように解放されるはずです。」

【私】……?
クリシは自分のことを、【僕】と言っていたはずだ。
激しい拷問で記憶が混乱しているとしても、一人称が変わるなんてことがあるだろうか?

もう一度、クリシの顔を撫でまわす。

どう考えても、これは慣れ親しんだクリシの顔だ。
しかし話の内容も、クリシにしてはなんだか違和感がある。
今私が触れている、クリシの体をしたこの人は、実はクリシではないかもしれない。
他人の体を完璧に模倣する【奇跡】とか、可能性は色々ある。
そんな可能性なんて考えたくもない。
もしかしたらクリシも時々は、自分のことを【私】と呼ぶ時もあるだけかもしれない。
この人は本当にクリシで、私も色々と疑ったりしないで素直になれば、
拷問も何もされず、無事にクリシと一緒に日常に戻れるのかもしれない。

日常。
とても甘くて優しい響きだ。
少し何かを見ない振りするだけで、その日常に戻れる。
それならいっそ、疑わずに信じてしまうのが、賢い選択かもしれない。

いや、違う。
私の求める日常には、いつも隣にクリシがいた。
クリシはちょっとひねくれていて、嫌味なことを言ったりもするけど、
心の奥底は、確かに通い合っていた。
どんなにたわいもない冗談でも、本音で付き合ってくれた。
こうして言葉を交わせるようになってから、クリシを疑うようなことは一度もなかった。
私のお気に入りだった日常には、そんなクリシがいつも隣にいた。
そんなクリシが、いつも隣で私を助けてくれるからこそ、幸せだった。
だからこそ、たとえ何も言葉を交わさなくても、ただ温かくて、優しくて、静かな時間を過ごせた。
そしてクリシだけじゃなくて、私の周りにいる人たちも、みんな同じ気持ちを共有している。
そんなことを、心から素直に信じられる。
それが、私の本当に求めているところだ。
目の前の現実に目を背けては、決してそこに帰ることはできない。

私は決心して、問う。
「あなた、誰……?」

クリシの表情が豹変する。
「なんでバレた?
 ご名答です、お姫様。
 私はお前たちをさらったワルモノでございます。」
クリシの唇から、私を馬鹿にするような言葉が吐き捨てられる。

本物のクリシの口からは、決してこんな言葉は出てこない。
今私の隣にいるこの人は、クリシではない。
現実が突き刺さる。
しかし、私はこの現実を直視することを選んだ。

私は続けて、問う。
「本物のクリシは、どうしたの……?」
「本物?
 そうですね、もうこの世界で【本物のクリシ】と呼べる存在は、私だけですよ。
 【前のクリシ】は死にました。
 メイドのくせに、奉仕者としての心構えがわからないようでしたので、殺しました。
 今は私の【力】でクリシの死体を操っています。
 自分のメイドくらい、ちゃんとしつけろよクソ王女。」

「静かなところにいる ~転生したら盲目難聴でした~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く