話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

静かなところにいる ~転生したら盲目難聴でした~

あきや

47.襲撃

突然の浮遊感。

いや、違う。
馬車ごと落下している!
それもかなりの高さから落ちたらしい!

私の体をクリシが抱きしめる。
そのままクリシの柔らかい体を圧し潰すように、着地する。
「ありがとうクリシ。
 ……大丈夫?」
「はい。
 かなりの高さでしたが、馬車の中だったので、なんとか……」
突然、硬い篭手のような腕に捕まれ、馬車から引きずり降ろされる!
その瞬間、馬車で覆われていたはずの視界が開き、周囲が見える。

……なにこれ……?

今まで私が見た【滴】は、そのほとんどが人の形をしていた。
それ以外の【滴】も、
このバンダナのように【滴を込められた道具】であることがわかる形をしていた。
しかし、今見えているものは違う。
闇のように暗く禍々しい、巨大な何かの【滴】だ。
いや、正確には形のはっきりしない【滴】の大群が揺らめいている。
よく見るとその【滴】の中には、ぼんやりと人の形をしているものもある。
しかしそれも、首から上が無かったりなど、どれ一つまともな形をしていない。
私を掴む腕の【滴】も、ぼんやりと人の上半身の形をしているが、足が無い。
しかし、私を引きずる腕が上下する感触は、まるで人間が歩いているようだ。

そのままクリシとテアの【滴】から離されていく。
抵抗しようにも、私の力ではどうしようもない。
私を護衛してくれいた人達の【滴】は、はるか上空だ。

絶望的状況。

そう思っていると、掴まれている手の先が、急激に地面に引っ張られる。
同時にはるか上空にいた【滴】の一つが、私の方に向かって飛び降りる。

人が耐えられる高さではない。

しかし、その【滴】はまるで何の衝撃もないかのように、そっと着地した。
そのまま【滴】は私の周りを飛び回り、周囲の【敵影】を次々と倒していく。
上空を見ると、動けずにいた【滴】が私の方に向かって飛び降り始めている。
徐々に、私の周りが【滴】の光で満ちていく。

最初に飛び降りてくれた人の【滴】は【重力操作】だろうか?
絶望的かと思ったが、これなら何とかなるかもしれない。

そう安心できたのも束の間だった。
【敵影】が急激に巨大化している。
かろうじて人らしき形に見えていた【敵影】も、
もはやただ視界を埋め尽くす闇にしか見えない。
右も左も後ろも上空も、完全に覆われている。
私の周りにいた光も、少しずつ飲み込まれていく。
何が起きているのかわからないけど、【敵影】の勢いが止まらない。
そして今も、私の周りにはスタさんの【滴】が見当たらない。

こういう状況に颯爽と現れるのが、主人公的最強能力者の役目でしょ!
いや、本当に冗談じゃ済まないよ、この状況。

ふと視界にクリシの【滴】が近付いているのが見える。
おそらく私に向かって馬を走らせ、私を呼ぶように手を伸ばしている。
それに応えるように手を伸ばすと、ものすごい勢いで引き上げられ、私は馬に乗せられる。

こんな王子様ムーブは、簡単にできることではない。
うちのメイドはすごいね!
もしかするとクリシの【滴】は、
【時を止める】に負けないくらい、主人公レベルの高い最強チートかもしれない。
そうであってほしい。

背中にクリシの胸が押し付けられる。

どうやら私に前かがみになって欲しいらしい。
できるだけ空気抵抗を減らして、安定して馬を走らせるためだろう。

私は馬の首にしがみつくように、体を倒す。
馬が激しく走り出す。
振り落とされないように、私は必死にしがみつく。
あっという間に巨大で禍々しい【敵影】から抜け出した。

これで一安心だろうか?

私は後ろ手で何とかクリシの唇に触れ、声をかける。
「どうなってるの?」
「話は後で、舌を噛みます。」
馬は全力疾走を続けている。

今はただ、クリシの判断に従おう。

後ろに見える【敵影】は、瞬く間に小さくなっている。

「静かなところにいる ~転生したら盲目難聴でした~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く