話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

静かなところにいる ~転生したら盲目難聴でした~

あきや

39.悠久休暇

「いい加減行くよ!」
「え?
 どこへ?」
「ドワーフの町だよ!
 そのためにテアはここに居るんでしょ!」
「そうだっけ?」

このおばあちゃんは!

「うーん。そう言えばそうだった気もする。
 でも、そんなに急がなくて良くない?
 まだ一年しか経ってないよ。」
「まさか一年もニートされるとは思わなかったよ!」
「ニートじゃないって、コリーさんは私と話ができるだけで十分って言ってるし。」
「父さんは寛容過ぎるんだよ……」
「そう?普通だと思うけど。」
「お陰様で、私もこの一年で色々学んだからね。
 今ならテアと父さんが普通じゃないって断言できるよ。」
「そうかな?
 たしかに最近はちょっと変わってるとか言われるようになってきたけど、
 少し前までは、私みたいな人なんてたくさん居たよ?」
「それは何百年前の話?」
「またまた。
 こんな少女に対して、何百歳のおばあちゃん扱いはやめてよ(*´∀`)ノ 」
指先の感触から、冗談に突っ込んでいるような声色であることが伺える。

たぶんそういうキャラを作っているだけだと思うんだけど、
今日は適当に流されたくないし、もう少し追求してみよう。

「ドワーフって、少なくとも千年前からいたらしいよ。」
「え……
 嘘でしょ……
 それエルフの間違いじゃなくて……?」

あれ?
てっきり何千年も生きてきたエルフ的思考を披露されて、
またウヤムヤにされるものと思ってたけど、普通にショックを受けってるっぽい?

「もう何も記録は残ってないけど、テア自身が言ってたことを計算するとそうなるって、
 父さんが言ってた。」
「そんな……
 私何歳なの……?」
「確かにエフォリアさんの記憶に二十代くらいの姿で出てきたし、
 少なくとも1020歳は超えてるね。」
「桁間違えてない?
 せいぜい120歳くらいでしょ?
 人間の寿命の限界はそれくらいだって……」
「もう人間なんて900年前に超えたんでしょ。」
「嘘……
 いや、薄々気づいてたけど、それでも1020歳って……。
 人間の歳にしては桁がおかしいでしょ……?」
「だから、テアはもう普通の人間じゃないんだって。
 私達人間の寿命は短いんだよ?
 お願いだから、いい加減働いて!」
テアの動きが止まった。

こうかは ばつぐんだ!

「そうだね……
 普通はこんなにニート生活しないもんね……
 私も少しは普通にならないとね……」

このながいきモンスター、精神を追い詰めると言うことを聞くみたい。
私もトレーナーレベルが上がってきたかな?

「それじゃあ長旅の準備するから、テアもちゃんと付いて来てよ。
 みんな短い人生の中で、時間を作って集まってくれるんだから。」
「はい。
 ごめんなさいでした。」

「静かなところにいる ~転生したら盲目難聴でした~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く