話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

静かなところにいる ~転生したら盲目難聴でした~

あきや

7.ここはどこ?

おはようさんと[さよなら]のハグをしてから、少し経った。
どうやら一人になったようだ。
体は徐々に回復してきている。
まだ起き上がって歩いたりはできなそうだけど、腕だけなら自由に動かせる。
そういえば病院で寝たきりというと、腕に点滴の針を刺されたりして動けないイメージだったけど、
私はそうではなかった。
そこまで重症ではなかったのかな?
それにしても、脈を計る機械くらいはついていそうなものだけれど。
何かの理由で最近は使ってなかっただけで、ベッド周りにそういう設備があるのかもしれない。

せっかく腕も動かせるし、周りの状況を確かめてみよう。
ベッドの外に手を伸ばそうとして、違和感に気づく。
このベッド、病院用のベッドにしては大きくない?
明らかに機能的には余分な広さがある。
病床数をできるだけ多くしたい病院にしては、おかしい。
あと、転落防止用の柵がない。

とりあえずベッドの外に何があるか、手探りで探してみる。
棚だ。
上に心拍数のグラフとかが表示されるモニターが置いてあるかもしれない。
棚の上を手探りしていると、何かを見付けた。
私は指先でそれを調べる。
形としては、スタンドの上に長い棒がついている。
そして棒の先からは糸が飛び出ている。

燭台とろうそく、だろうか?
いや、おかしいけど。
病院でろうそくを使うことってある?
寝ている間に時間が過ぎていて、実はもうすぐ私の誕生日だったとか?
それなら小さなろうそくがたくさんある方が自然だ。
しかし、ここには太く立派なろうそくが一本だけそびえたっている。

こういうものの用途が卑猥なことしか思い浮かばないのは、私が煩悩にまみれているせい?
でも、他にどんな用途がある?

例えば歴史映画とかでは、夜に明かりとして灯していたりはする。
だけど今時、ろうそくじゃなくてLEDライトでしょ。
明かりとしては3周遅れくらいの骨董品だ。

混乱してきた。
見えない聞こえないだけでも大変なのに、その上訳が分からない状況にいる。
いっそこのろうそくでSMプレイでもされた方がわかりやすい。
いや、それはそれで訳が分からない。
とにかく今はそんなことを考えているより、他の手掛かりを探してみよう。

ベッドを調べていると、角にポールが立っていることに気づく。
それを伝って上の方を調べてみる。
垂れ幕のようなものがかかっているようだ。

つまりこれは、中世ヨーロッパの映画で出て来るような、いわゆるお姫様ベッドのようだ。
今時こんなものあるだろうか?

いや、これに関してはあるところにはあるのかもしれない。
普通の病院には絶対にないけれど、
裏社会で闇医者に多額の治療費を払えば、こういう扱いを受けるのかもしれない。

つまり、どういうこと?
まず死にかけていた私を、偶然金持ちでSM好きな闇医者が見付けた。
そして闇医者は私をものすごく気に入って、心から大切に看病してくれた。
そうだとすると、これから問題になるのは、体が先払いだったのか、後払いなのかだ……

いやー、ないない(*´∀`)ノ
じゃあ何があるのか?
整理してみよう。
私は死んだと思ったら、いつの間にか中世ヨーロッパのような環境にいた。
そして妙に親切にしてくれる知らない人たちに囲まれ、
日本語でも英語でもない謎の文字を使ってコミュニケーションを取られている。

つまりこれは、異世界転生だ!
これで全ての説明がつく!

いやー、ないない(*´∀`)ノ
考え過ぎているみたい。
なんか疲れた。
寝よう。

「静かなところにいる ~転生したら盲目難聴でした~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く