話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

静かなところにいる ~転生したら盲目難聴でした~

あきや

6.コミュニケーション

意識があると気づいてもらってから、手の平をなぞられる回数が格段に増えた。
けれど、相変わらず何をなぞられているのかは全くわからない。
なぜひらがなとかではなく、私の知らない言語を使われているのかは不思議だけど、
とにかく私はこの新しい文字を学ぶ必要があるらしい。
そういえば偉人ヘレン・ケラーは、盲目で難聴でありながらその賢さ故に、
幼少期の時点で【名前】や【意味】の存在に気付いたそうだ。
その点私には記憶があるので、同じ障害を抱えているにしても、ややEasy modeだ。

そんなことを考えていると、看護師(ではないかも)さんが私の右手を取り、
いつも通りに文字をなぞる。

これはどういう意味だろう?
[おはよう]かな。
それともこの看護師(ではないかも)さんの名前かな。

とりあえず挨拶と呼びかけを兼ねて、私も同じようになぞり返す。
[おはよう]
そうすると、おはようさん(と仮に呼ぶことにする)はまた何かをなぞり、私を抱きしめる。

これは[ハグ]かな。

そしてまた私の手をなぞり、上着を脱がせる。

これは[上着]となぞったのだろう。
続けて同じように私の手をなぞり、脱がせていく。

[ズボン]

[下着]

[拭く]
私の体を拭いてくれる。

今までと同じように、何も伝えずに淡々とこなすこともできるはずだ。
しかし今は一つ一つの動作について、丁寧に文字で伝えてくれる。
ありがたい。
ちゃんと覚えておこう。

[下着]

今度は下着を着せてくれるのだろう。
私も返事をしてみたい。
それに、学ぶときはインプットするよりも、アウトプットする方が重要らしい。

私はおはようさんの手を取り、なぞり返す。
[下着]
すると、おはようさんは私に握手をしてくれた。
どうやら正解だったようだ。
そして下着を着せてくれる。

[ズボン]
私もまたなぞり返す。
[ズボン]
握手。

[上着]
[上着]
握手。

[スープ]
唇に熱いものが当たる。
私はそれを飲み干していく。
最初はびっくりしたけれど、慣れたら特に問題はない。

しかし、こうして人と意思疎通ができることがわかると、少しふざけてみたくなる。
わざとらしくせき込んでみよう。

ゴホッ!

するとおはようさんは、震える手で私の手に何かをなぞった。

どうやら冗談だとは伝わらないらしい。
本当にせき込んだとか、怒っているとか思われたのかもしれない。
どうしよう?
「冗談」とか「ごめん」の文字はわからない。

私はおはようさんの震える手を取り、なぞる。
[ハグ]
そしてできる限りの力でおはようさんの手を握り締める。

身を起こして抱きしめる力があればよかったけど、今はこれが精いっぱいの意思表示だ。
それにしても、おはようさんは本当に私を心配してくれているみたい。
自分で言うのもなんだけど、私はそこまで誰かに愛されるような人間だっただろうか?
やはり親切丁寧なだけの、見知らぬ看護師さんなんだろうか?

おはようさんは両手で私の右手を握り返してくれた。
なんとなく、大切にされていることを感じる感触だ。
本当におはようさんは誰なんだろう?

やっぱりただの看護師さんで、患者の冗談に気づきながらも、
プロとして営業対応しているだけだったら……
寂しい。
けれど、今までのことを考えれば、それはないと思う。

「静かなところにいる ~転生したら盲目難聴でした~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く