話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

静かなところにいる ~転生したら盲目難聴でした~

あきや

2.心の世界?

どうやら眠ることはできたらしい。
とはいえ無の世界にいるのだから、時間が流れて何かが変わるわけでもないし、特に意味はないけど。

いや、そういえばかすかに振動を感じる気がする。
一定のリズムで。
まるで心臓のように。

もしかして、私はまだ生きている?
誰かが死んだ私に気付き救急車を呼んでくれた?
そして、高度な医療技術が私を生き返らせた?

いや、きっとそんなことはない。
心臓が止まってから10分もすればもう助からないと聞くし、
偶然すぐに誰かが気付いて助かったなんてことは、まぁないと思う。
これまで生きてきて心臓の鼓動を感じない状態なんてなかったし、
きっと私の空想が心臓の鼓動らしきものを生み出しただけ。

空想で心臓を生み出せるなら、もしかしたら色々なものを生み出せるのかも。
慣れたら億万長者になって豪遊する体験をしたり、勇者になって魔王を倒したり。
もしそうなら無の世界も悪くはない。

そんなことを思っていると、
また眠くなってくる……

次は何を空想しよう……?

「静かなところにいる ~転生したら盲目難聴でした~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く