話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

仇討浪人と座頭梅一

克全

第17話:暗闘

 浪人者と用心棒の間では、無言の暗闘が続いていた。
 刀を抜いて戦っているわけではないが、隙あらば抜き打ちに殺そうとしていた。
 いや、何としても斬ろうと焦っているのは、用心棒だけだった。
 浪人者は覚悟を決めて泰然自若としていた。
 先に用心棒に刀を抜かせて、しかたがな検校共々返り討ちにしたという、大義名分を得ようとしていた。

「長谷部検校殿、ここは引いた方がいい。
 色々と調べられて困るのは検校殿の方だ。
 田沼老中に賄賂を送ってから強気にできべきだ」

 用心棒はもっともらしい理由を付けて熊一を引かそうとした。
 どう斬りかかろとしても、自分が返り討ちになる未来しか浮かばなかったからだ。
 だがその事を口にしてしまったら、こんな割のいい仕事を失ってしまう。
 借金のかたに私娼窟に落とす女達を抱くことができて、一日二両もの用心棒代が貰えるような仕事は他にない。

 徳川幕府は金貸しを認めていない。
 質屋のように質草のある金貸しは許されるが、信用貸しは認められていない。
 裏に回れば素金、烏金、百一文等の金貸しはあるが、あくまでも相対の貸し借りであり、奉行所に訴え出ても相手をしてもらえない。
 唯一幕府が認めているのが座頭の保護を目的とした座頭金なのだ。

「今日の所は見逃してあげますが、どこに訴え出ようと借金は借金。
 必ず返していただきますからね」

 負け惜しみの言葉を残して熊一は戻って行った。
 梅一やおりょうの裏長屋は、本所深川の末廣町にある。
 裏には御三卿一橋家の下屋敷の塀がある。
 ここで騒ぐのは不利だと熊一は思ったのかもしれない。

「おりょうさん、金の事は何も心配しなくていい。
 賭場で大勝ちしてたんまりと儲けてきたから、肩代わりさせてもらう。
 なあに、催促なしのあるとき払いでいい。
 その代わりと言ってはないんだが、留守の時に部屋の掃除を頼むよ」

「ありがとうございます、梅吉さん。
 この御恩は一生忘れません」

「おじさん、梅吉のおじさん、うわぁああああん」

 おりょうが長屋の通りに土下座してお礼を言う。
 一人息子の虎太郎が涙を隠すように梅一にしがみつく。
 虎太郎の頭を撫でた梅一は、直ぐにおりょうを立たせて土下座を止めさせた。

「おっと、土下座なんてやめてくださいよ、おりょうさん。
 どうせ賭場で稼いだあぶく銭だ。
 俺が持っていたって、いつか賭場で消えちまうあぶく銭だ。
 消えちまう前に使っちまった方がいいだけさ。
 だが俺は今晩も出かけなきゃならねえんだ。
 おりょうさんと虎太郎をこのまま長屋に置いておくはあぶねえ。
 神田の旅籠町に知り合いの旅籠がある。
 暫くそこで隠れていてください」

「そんな、そこまでした頂くわけにはいきません」

「いえ、二人を置いていく方が心配で気が休まらないから。
 俺を安心させると思ってついてきてください」

「仇討浪人と座頭梅一」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「歴史」の人気作品

コメント

コメントを書く