話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

仇討浪人と座頭梅一

克全

第15話:ねぐら

「まあ、いい、お前がどういう理由でその熊一とやらを殺すのかなど、某には関係のない事だ。
 だがその熊一を殺したら、千代田の御城に忍び込む技を教えてくれるのだろう。
 だったら某が熊一を殺してやる」

 浪人者は全く躊躇わなかった。
 そのまま殺しに行こうとしているように梅一には見えた。
 さすがに何の準備もなく惣録屋敷に斬ろ込まれては困る。
 まさかとは思うが、使い走りの座頭にすらなれない者まで殺すかもしれない。
 そんな事をさせる訳にはいかなかった。

「ちょっと待ってくださいよ、旦那。
 まさかとは思いますが、惣録屋敷に乗り込んで熊一を殺す気ではないでしょうね。
 そんな事をしたら、幕府も黙ってはいませんよ。
 殺しは密かに行うのが掟なのです。
 殺す段取りはこちらで整えますから、旦那の連絡先を教えてください」

「某の連絡先を教えることはできん。
 盗みの技を教えてくれると言うのだから、某がお前のねぐらに行かせてもらう。
 ただし暮六つ(午後六時)には戻らねばならない。
 だからお前のねぐらの場所によっては、もっと早くねぐらを出なければならぬ」

 賢明な梅一は何の詮索もしなかったが、この言葉で浪人者の素性が予測できた。
 もしかしたら梅一をかく乱するための嘘かもしれないが、幕臣が守らなければいけない門限が暮六つなのだ。
 浪人者の姿をしているが、実際には幕臣の可能性があるのだ。

「分かりやした、ではあっしのねぐらに案内しやすが、汚いからと驚かないで下さいよ、旦那」

 梅一は浪人者を自分のねぐらに案内した。
 梅一には幾つかの顔があるが、遊び人の梅吉を名乗っている時には、本所深川末廣町の裏長屋をねぐらにしていた。
 両国の盛り場に近いのもあるし、寺社や不良御家人の屋敷が多く、博徒が賭場を開いてる場所が多いのだ。

 だが幾つかのねぐらを持つ梅一は、両国のねぐらを使う事は少ない。
 特に最近は水谷屋敷に通っていたから、一カ月ほど放り出していた。
 とはいっても家賃が四百文ほどの古い棟割長屋なので、金銭的な問題はない。
 間口九尺奥行き二間、四畳半の板張りと一畳半土間しかない貧乏長屋だ。
 貧乏浪人ならともかく、曲がりなりにも幕臣なら足を踏み入れない場所だ。

「おりょうさん、長く留守番を頼んで悪かったね。
 ちょっと予定外に仕事が長引いてしまったんだ。
 これは世話をかけた御詫びも兼ねたお土産だ。
 虎太郎と一緒に食べてください」

 梅一は水谷屋敷からねぐらまで歩く間に、屋台で寿司を買っていた。
 浪人と二人で食べるには多過ぎる十人前だったが、世話をかけた隣に渡すのなら当然の配慮だった。

「そんな気をつかって下さらなくてよかったのに。
 特に何をしたわけでもありません」

 梅一の部屋の隣から出てきたのは、こんな裏長屋に住んでいるとは思えない美貌の女性だった。

「わあああい、ありがとう、梅吉のおじさん」

「仇討浪人と座頭梅一」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「歴史」の人気作品

コメント

コメントを書く