話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

え? パーティに支援魔法をかけまくっていた俺を追放? 〜若くてかわいい有望パーティに拾われたので、今さら戻ってこいと言われても、もう遅い〜

猪木洋平

33話 【ユリウスside】オークジェネラルだと!?

 ロイの復帰勧誘に失敗したユリウスたち”黒き炎”。ロイ抜きで、引き続きジョネス商会の隊商の護衛を行っている。

 今の彼らでも、Dランク程度の魔物であれば倒すことはできる。Cランクの魔物でも、1匹だけであればギリギリだいじょうぶだ。強力な魔物が出ないことを祈りつつ、道を進んでいく。

 もちろん、ジョネス商会長は彼らの不調を把握している。念のため追加の護衛パーティを雇ってある。Cランクパーティが2組だ。これなら、多少手強い魔物が出てきてもだいじょうぶだろう。

 隊商は道を進んでいく。しばらくして。

「オークが3匹出た! 各パーティで、1匹ずつ撃破してくれ。ユリウス! しっかり頼むぞ!」
「はっ! ……お前たち、行くぞ!」

 ジョネス商会長の指示を受け、ユリウスがパーティメンバーに対してそう言う。

 ユリウス、ルフレ、ガレン、リサ、シオン。5人で1匹のオークに対峙する。あとの2匹とは、それぞれ別のCランクパーティが対峙している。

「はああっ!」
「ぬうんっ!」
「……貫け、氷槍! アイシクル・スピア!」

 彼らはオークに順調にダメージを与えていく。少し前よりも、力が入っている。彼らには、もう後がないのだ。

「……これでとどめだ。火炎斬!」

 ユリウスが剣に炎をまとわせ、オークに攻撃する。

「グ、グアァッ!」

 オークがそう声をあげて、倒れた。これにて戦闘終了だ。

 ユリウスをホッとひと息つく。周りを見ると、他のパーティもオークを倒してところだった。これで無事にひと段落だ。そう思ったのもつかの間。

「オ、オークジェネラルだ! ぐわああぁっ!」

 他のパーティのうちの1人が、そう悲鳴をあげて倒れる。通常のオークよりもひと回り大きなオークが出現した。
オークジェネラル。オークが突然変異で成長したBランククラスの魔物である。

「ひ、ひぃぃ!」
「こ、こんなの、Cランクの俺たちが勝てるわけねえよ! 逃げろ!」
「ま、待ってくれ! あ、足が震えて……」

 Cランクパーティの面々が、恐慌状態に陥る。無理もない。彼らからすれば、オークジェネラルは格上の魔物なのだ。

 オークジェネラルが、逃げ遅れた1人の冒険者に対して近づいていく。棍棒を振り下ろす。彼の頭に棍棒が近づいていく。もうダメか。だれもが思った、その時。

「……く。さっさと逃げろ! 無能が!」

 ユリウスがオークジェネラルの棍棒を剣で受け止めた。彼の実力はロイの支援魔法によってかさ増しされていたとはいえ、彼らがBランクパーティとして活動していた経験が消えてなくなるわけではない。オークジェネラルであれば、今まで何度か討伐したことはある。ーーただし、もちろんそのときとは決定的に異なる点がある。

「ガアアアッ!」
「ぐはっ!」

 オークジェネラルが棍棒に込める力を増し、ユリウスを弾き飛ばす。そう。今の彼には、ロイの支援魔法の恩恵がない。今の彼は、身の丈に合わない自信と経験が身についた、ただの低ランククラスの魔法剣士である。

「ユリウス殿!」
「ユリウスさん!」

 ガレン、ルフレ、リサ、シオン。彼らがユリウスのもとへ駆け寄る。他のCランクパーティや依頼主のジョネス商会長は、既に撤退の構えである。

「ちっ。俺としたことが。つい、いつもの癖で体が動いちまった。こりゃ、助からねえかもな……」

 ユリウスが諦めたような顔でそうこぼす。しかし。

「諦めるのはまだ早いのである! 吾輩たちの真の実力を発揮するのである!」
「その通りですね。自分も、今こそ全力を解き放ちましょう」
「わたくしも、決死の覚悟で攻撃魔法を放ちますわよ」
「ボクだって。弓で援護するよ」

 ガレン、ルフレ、リサ、シオン。みんなで、徹底抗戦の構えだ。既に、他のCランクパーティやジョネス商会長たちは撤退済みである。

 ユリウスたちが生き残るためには、自力でオークジェネラルを退ける必要がある。はたして、彼らにそれができるのだろうか。

「え? パーティに支援魔法をかけまくっていた俺を追放? 〜若くてかわいい有望パーティに拾われたので、今さら戻ってこいと言われても、もう遅い〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く