話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

え? パーティに支援魔法をかけまくっていた俺を追放? 〜若くてかわいい有望パーティに拾われたので、今さら戻ってこいと言われても、もう遅い〜

猪木洋平

24話 【ユリウスside】て、撤退! 撤退だ!

 ”黒き炎”の面々は、引き続きグレイウルフを探す。そして、新たなグレイウルフを見つけた。

「ユリウス殿。グレイウルフのお出ましである!」

 斧使いのガレンがそう言う。

「よし。さっきの戦闘で体も温まったことだろう。いくぞ!」

 ユリウスがそう言う。各自戦闘態勢を整える。

「ふんっ!」
「せいっ!」

 まずはガレンとルフレが中心となって近接でダメージを与えていく。シオンは弓で援護。ユリウスも剣で攻撃しつつ、大技を放つスキをうかがっている。

「……貫け、氷槍! アイシクル・スピア!」

 リサの攻撃魔法がグレイウルフにヒットする。先ほどの戦闘を経て、パーティ内のグレイウルフ戦における連携が向上している。ロイのいない今の彼らの実力なりに、適切な連携を身に付けつつあると言っていいだろう。誤算があるとすれば……。

「これでとどめだ! はあぁ! 火炎斬!」

 ユリウスが剣に炎をまとわせ、グレイウルフに攻撃する。

「グルル……! ガウッ!」
「なにっ!?」

 先ほどの戦闘であれば、この一撃で終わっていた。このグレイウルフはまだ倒れない。

「ちっ。魔力切れか……!」

 ユリウスがそう言う。最近の不調からくる焦りにより、自身の残り魔力を正確に把握できていなかったのである。そしてそれは、他の者も同様であった。

「くっ。私も魔力がありませんわ」
「ぬう。吾輩も、腕が上がらなくなってきたのである! ちと力を入れすぎたか」

 リサとガレンがそう言う。

「ま、まだだ! 魔力がないからなんだ! 腕が上がらないからなんだ! 根性を見せるぞ!」

 ユリウスがそう言って、パーティを鼓舞しようとする。しかし。

「ダ、ダメだよ。これ以上は命の危険すらある。撤退の判断を!」
「その通りですね。ここは撤退すべきかと」

 シオンとルフレがそう言う。リーダーであるユリウスに彼女たちが意見するのは、少しめずらしい。

「バ、バカを言うな! まだ俺たちはやれる! そうだろう!?」

 ユリウスがなおもそう言い張る。だが。

「だ、だめですわ。私は撤退します」
「吾輩も撤退するのである!」

 リサとガレンがそう言って、撤退し始める。
シオンとルフレも、それに合わせて撤退を始める。

「なっ!? お前たち、リーダーであるこの俺を無視しやがって! 待ちやがれ!」

 ユリウスも、さすがにソロでグレイウルフと戦うような無謀さはない。他の4人が撤退する姿を見て、慌てて彼も撤退を始める。

 幸いにして、グレイウルフがしつこく追いかけてくることはなかった。こうして、”黒き炎”はなんとか無事に街まで逃げ帰ることができたのである。

「え? パーティに支援魔法をかけまくっていた俺を追放? 〜若くてかわいい有望パーティに拾われたので、今さら戻ってこいと言われても、もう遅い〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く