話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

え? パーティに支援魔法をかけまくっていた俺を追放? 〜若くてかわいい有望パーティに拾われたので、今さら戻ってこいと言われても、もう遅い〜

猪木洋平

11話 街へ帰還

 俺はホーンラビットと対峙する。ミーシャにいいところを見せないとな。

「……我にさらなる祝福を。生命力強化、体力強化、肉体強度強化、視力強化、反応速度強化ーー」

 俺は自身に対して支援魔法を重ねがけする。先ほどからミーシャと同じく自分にも支援魔法をかけてはいたが、念のためだ。俺程度の実力では、万が一ということもあるからな。

 ミーシャの俺に対する評価次第では、俺の新しい就職先のパーティが決まる。全力でアピールする必要があるのだ。

「いくぜ! せえいっ!」

 俺は剣で斬りかかる。俺のメインは支援魔法士だが、もちろん最低限の自衛のために多少は鍛えてある。

 ……ん? いつもより体が軽いな。支援魔法の効力が強い。調子がいいようだ。俺の高速の剣が、ホーンラビットに近づいていく。

「ぎゃうっ!」

 ホーンラビットが悲鳴をあげて、絶命した。一撃だ。

 おかしいな。いつもの俺なら、何度も斬りつける必要があるのだが。

「す、すごいのです! 支援魔法士なのに、ここまでの戦闘能力があるのは予想外なのです」

 ミーシャがそう言う。

「い、いや……。自分で言うのもなんだが、俺の実力はもっと下のはずなのだが……。ミーシャの件といい、どうも今日は支援魔法の調子がいいみたいだ」
「そうなのですか? いえ、きっとそれがロイさんの実力なのです。期待しているのです」

 ミーシャがそう言う。明日以降もこの支援魔法の調子が続くかどうかは不安だが、なるようになるしかないか。

 あまり卑下していると、せっかくの再就職のチャンスがふいになってしまうかもしれない。とりあえずこれを俺の実力ということにして、様子を見ることにしよう。


--------------------------------------------------


 その後も、ミーシャとネモとともに街への道を進んでいく。無事に、街まで戻ってきた。

「ロイさん、ミーシャさん。本当にありがとうございました」
「いえ。ケガがなくてよかったのです」
「今度からは1人で行くのは避けたほうがいいですよ。護衛を付けるか、せめて複数人で行ってください」

 礼を言うネモに、ミーシャと俺はそう言う。

「そうですね。次からはそうします。冒険者ギルドを通して、ささやかですが謝礼を出しておきますね」
「どういたしましてなのです。お金はありがたく受け取っておくのです」

 ミーシャがそう返答する。ネモは去っていった。

「よかったな。ミーシャ。思わぬ臨時収入だな」
「はいなのです。ロイさん、私と等分でいいのですか?」
「ん? 俺ももらっていいのか?」
「もちろんなのです。ロイさんは大活躍だったのですし、当然なのです」
「そうか。そう言ってもらえると、俺もうれしい。ありがたくいただこう」

 俺はパーティをクビになったところだ。金はいくらでもほしい。

「それで、ロイさんをわたしのパーティに紹介したいのですが」
「願ってもいないことだ。ぜひお願いしたい」

 彼女のパーティメンバーにもうまくアピールできれば、俺の次のパーティが決まるだろう。ミーシャは優秀なようだし、人当たりもいい。彼女のパーティに入れてもらえるのならば、ぜひそうしたい。

「ちょうど、わたしたちのパーティには支援魔法士がいないのです。きっと、みんな喜ぶのです。ちょうど今から、冒険者ギルドで1人と落ち合う予定なのです。いっしょに行くのです」

 ミーシャは俺を高く評価してくれている。その期待に応えられるよう、俺もより一層がんばらないといけない。期待と覚悟を胸に、ミーシャとともに冒険者ギルドに向かう。

「え? パーティに支援魔法をかけまくっていた俺を追放? 〜若くてかわいい有望パーティに拾われたので、今さら戻ってこいと言われても、もう遅い〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く