話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

え? パーティに支援魔法をかけまくっていた俺を追放? 〜若くてかわいい有望パーティに拾われたので、今さら戻ってこいと言われても、もう遅い〜

猪木洋平

4話 【ユリウスside】ホブゴブリンごとき、楽に討伐できるはずなのに!

 ジョネス商会の隊商が道を進んでいく。ユリウスたち”黒き炎”は、その護衛の任務にあたっている。

 しばらくは順調に進む。そして。

「ユリウスさん。前方50メートルあたりに、ゴブリンの群れがいます。ホブゴブリンも1体いるようです」

 弓士のシオンが、そうユリウスに報告する。

「ふむ。ホブゴブリンか。Bランクである俺たちの敵ではないな」
「その通りですね。軽く討伐しましょう」
「蹴散らすのである!」

 ユリウスの言葉に、ルフレとガレンがそう同意する。

 ホブゴブリンは、Cランククラスの魔物である。確かにBランク冒険者の集団であれば、楽に討伐できる魔物ではある。肩書だけでなく、しっかりと実力が伴っている冒険者であれば、だが。

「メナスさんは支援魔法を! リサは範囲攻撃魔法で通常のゴブリンを掃討してくれ!」

 パーティリーダーのユリウスがそう指示を出す。

「承知した。……彼の者に祝福を。魔法攻撃力向上、魔法制御力向上、腕力増強ーー」
「……凍てつく嵐よ来たれ! アイスストーム!」

 メナスの支援魔法がリサやユリウスたちにかけられる。そして、リサの氷魔法がゴブリンたちを襲う。

 今までの彼女の魔法であれば、通常のゴブリンはこれで掃討できていたはずだった。しかし今回は。

「リサ! 威力が足りていないぞ!」
「うそ! そんなはずは……」

 ゴブリンたちはリサの氷魔法を耐え、ユリウスたちのもとへと駆け寄っていく。

「ちっ。ガレンとルフレ! カバーしてくれ! シオンは援護を!」
「油断大敵なのである! リサは手を抜きすぎなのである!」
「その通りですね。自分の手を煩わせないでくださいよ」
「……やっぱり、ロイ先輩がいないと……」

 ユリウスの指示に従い、ガレンとルフレがゴブリンに対応する。シオンがそれを援護する。

「ふんっ!」
「せえぃっ!」

 ガレンとルフレの攻撃がゴブリンにヒットする。何とか、通常のゴブリンたちを掃討することには成功した。残るはホブゴブリンが1体のみである。

 ロイの支援魔法を受けていた時の彼らであれば、Cランククラスのホブゴブリンといえど楽に討伐できるはずであった。しかし今は、ロイの支援魔法がない。

「ぐうっ。このホブゴブリン。相当強い個体のようである!」
「その通りですね。厄介な個体を引いてしまったようです」

 ガレンとルフレがホブゴブリンに対して苦戦している。

「何やってやがる! もういい! 俺がやる!」

 ユリウスがそう言って、ホブゴブリンに駆け寄っていく。

「おらあ! ……なにっ!?」

 ユリウスの剣撃は、ホブゴブリンによって受け止められてしまった。

「ユリウス殿! だから言ったであろう! こいつは強いのである!」
「その通りですね。自分たち5人の力を合わせる必要があります」

 ガレンとルフレがそう言う。

「くっ。どうやらそうみたいだな」

 ユリウスが認識を改め、戦況を再確認する。作戦を練り直し始める。はたして、彼らはホブゴブリンを倒すことができるのだろうか。

「え? パーティに支援魔法をかけまくっていた俺を追放? 〜若くてかわいい有望パーティに拾われたので、今さら戻ってこいと言われても、もう遅い〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く