話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

え? パーティに支援魔法をかけまくっていた俺を追放? 〜若くてかわいい有望パーティに拾われたので、今さら戻ってこいと言われても、もう遅い〜

猪木洋平

3話 【ユリウスside】新しい支援魔法士の加入で、俺のパーティは盤石だぜ!

 ”黒き炎”とジョネス商会長の打ち合わせから、数日が経過した。今日は、”黒き炎”の護衛のもとジョネス商会の隊商が出発する日だ。

「おはよう。ユリウス君。しっかりと護衛を頼むぞ」
「おはようございます。ジョネス商会長。お任せください」

 ユリウスが力強くうなずく。

「さて。ユリウス君に紹介したい者がいる。こちらが、以前言っていた支援魔法士のメナス殿じゃ」

 ジョネス商会長がそう言って、1人の男をユリウスたちに紹介する。

「Bランク支援魔法士のメナスだ。Bランクの名に恥じぬ貢献を約束しよう。よろしく頼む」
「ああ。よろしく頼むよ」

 メナスとユリウスがしっかりと握手を交わす。

「ところで、以前このパーティにいた者はどの程度の腕前だったのだ? Bランクの俺がその者より劣るということはあるまいが」

 メナスがそう問う。

「以前いた支援魔法士はDランクの無能ですわ」
「その通りですね。Bランクの自分たちの足をいつも引っ張っていました」
「実に軟弱な男であった! 吾輩たちと同じBランクのメナス殿がきてくれてありがたいぞ!」

 リサ、ルフレ、ガレンが口々にそう言う。彼女たちのロイに対する評価は散々なものであった。

「ふっ。なるほどな。確かに、DランクがBランクに混じっていては足を引っ張って仕方がないだろうな」
「ああ。ロイの無能野郎を追放してせいせいした。メナスさんには期待しているよ」

 ユリウスがそうまとめ、顔合わせは無事に終了した。……ように思われたが。1人、顔面を蒼白にしている者がいた。

「つ、追放!? ロイ先輩を!?」

 弓士のシオンだ。髪の毛を肩ほどまでに伸ばしたセミロングの少女である。

「ああ。そういえば、やつを追放したとき、シオンは別件でいなかったか。何か問題でもあるか?」
「も、問題もなにも……。ロイ先輩の支援魔法がないと、相当厳しくなるんじゃ……」

 シオンがそう懸念を口にする。彼女は、ロイの支援魔法の強力さを正しく認識していた。

「貴様、俺を侮辱しているのか? Dランクごときの支援魔法士に、俺の支援魔法が劣るわけがないだろうが!」

 メナスがそう激高する。

「その通りですね。ロイは実に無能でした。Bランクのメナスさんが劣るわけがありません」
「然り!」

 ルフレ、ガレンがそう同意する。

「で、でも……」
「ええい! ゴチャゴチャと! 実際に体感してみればわかることだ! 行くぞ!」

 なおも心配しているシオンを余所に、ユリウスは強引にこの話題を打ち切る。彼らがシオンの言葉に耳を傾けていれば、また別の未来もあったのかもしれない。

 ユリウスたちは自信満々に、シオンは不安でいっぱいになりながら、隊商の護衛任務についた。

「え? パーティに支援魔法をかけまくっていた俺を追放? 〜若くてかわいい有望パーティに拾われたので、今さら戻ってこいと言われても、もう遅い〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く