カゲロウ

大和大河

水泳パンツ

 水泳の授業が有ったが、水泳パンツを買って貰え無かった。
 女親の友達の家に、俺より学年が上の生徒がいたので水泳パンツを譲って貰って来た。   
 (教科書など、兄弟のを使ったが、これとは違うぜ、神経が知れない)
 他人の穿いた水泳パンツを俺に渡し
「穿け」と言う。
 (腹が立った、この親は本当に俺の親か共思った) 
 それ以来、水泳が嫌いに成った。
  女親は、「後で」と言う言葉を良く言ったが、俺はこの言葉が大嫌いだった。
 (騙され、はぐらかされた気がした)

コメント

コメントを書く

「エッセイ」の人気作品

書籍化作品