話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ここは会社なので求愛禁止です! 素直になれないアラサー女子は年下部下にトロトロに溺愛されてます。

森本イチカ

ハッキリさせたほうがいいんです⑴

 アラームが鳴り手探りでスマホを探すがなかなか見当たらない。重い身体を起こし周りを見渡す。松田の腕の下敷きになっているのを見つけスッと抜き取りアラームを止めた。

「んん……真紀……おはようございます」

「ん、おはよう」

「もうちょっと、こっち来て?」

 寝癖がピョンと跳ねていて可愛い。

「ちょっとだけだよっ」

 もう一度布団に入り直し松田の肌の温もりをもう一度感じた。心地の良い心臓の音の響き。布団から出たくなくなる。

「あーもうダメ! 時間だよ、起きなきゃ!」

「ですねぇ~、先に洗面所使ってください、俺は朝ご飯の準備しておきますから」

 朝から松田のご飯を食べて幸せな気持ちいっぱいで松田のアパートを出た。もちろん昨日松田が買ってきてくれたストッキングを履いて。

 二人電車に揺られ会社に向かう。もし会社の人になんで二人でいるのか聞かれたらたまたま電車で会ったで話を合わせよう、と話しながら結局誰にも会わずに会社に着いた。

 自分のデスクに座りメールチェックをしながら昨日の事を思い出す。昨日は自分でも驚くほど大胆になれた気がする。
 松田の気持ちもしっかりと確認でき、自分の気持ちもちゃんと伝えることができて本当によかった。
 そもそもは誠の発言が原因だが……

(やばい! 好きって言われて舞い上がって誠さんの事すっかり忘れてた!)

 自分だけが松田と上手く収まって……なんて誠が知ったらきっとまた妬み、苦しむだろう。
 私が誠の立場だったら悔しくて辛くて一人苦しんでるかもしれない。
 もう一度きちんと話し合いたい。
私は松田に誠の連絡先を聞き連絡をする事にした。
「誠さんの連絡先教えて」と松田に言った時は物凄い形相で「なんでですか!」なんて嫉妬心丸出しだったけど、この前の買った服の話があって、と苦し紛れの嘘をついた。渋々だが誠の連絡を教えてもらう事ができた。

"こんにちは、水野です。松田君に連絡先を教えてもらいました。今日の夜お時間ありますか? よければ夜ご飯どこかに食べに行きませんか? 大事な話があります"

 返事はすぐに来なかったので夜まで気長に待つ事にした。

「水野さん、凄い眉間に皺が寄ってますけど大丈夫ですか?」

「え、ああ、大丈夫よ」

 ブーブーと携帯のバイブ音がデスクの上で鳴り、誠からの返事かもしれないとスマホを確認すると松田からのメールだった。

"今日の夜は何処かで食べていきませんか?"

 チラリと隣を確認すると返事に期待をしてワクワク感が溢れ出ている松田。
 ごめん! と思いながら返事を返した。

"ごめん! 今日は用事があるからまた今度"

 松田のスマホのバイブ音が鳴り携帯を確認するなりデスクに顔を突っ伏して落ち込んでいた。
 なんてわかりやすい生き物なんだろう……そんな松田が可愛いと思ってしまう自分も重症だ。

"残念ですけど、じゃあまた明日にでも"

"じゃあ明日は夜で、今日はランチ行かない?"

"行く!!!"

 松田を見るとパァアっと明るい笑顔に戻りニコニコしながらパソコンのメールチェックをしている。
 本当に素直で可愛い。
きっと私にはないこの素直さに無性に惹かれているのかもしれない。
 松田に返事を返したのにまだ未読のメールがある事に気づき、開くと誠からの返信だった。

"いいよ、じゃあ駅前の海鮮居酒屋に八時集合ね"

 よかった。誠が会ってくれることにホッと胸を撫で下ろした。

「ここは会社なので求愛禁止です! 素直になれないアラサー女子は年下部下にトロトロに溺愛されてます。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く