話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ここは会社なので求愛禁止です! 素直になれないアラサー女子は年下部下にトロトロに溺愛されてます。

森本イチカ

嫉妬に狂いそうなんです⑵

 私達は毎日当たり前のように朝出勤して顔を合わせ、帰りは時間が合った時だけ一緒に帰る。それが習慣付いてきていた。

 当たり前なんてあるわけ無いのに――


 仕事が終わり外を歩けばクリスマスの音楽が耳に入り、どこのお店もクリスマス仕様のレイアウトに変わっている。あっという間に十二月になり、本当に歳を取ると時の流れが早い、とよく聞くけどそれは本当だ。
 電車内もポスターなどがクリスマスデザインに変わっていた。

「クリスマスか……」

「クリスマスがどうかしたの?」

「いや、子供の頃は施設でパーティーとかしたけど、大人になってからめっきりだなぁと思って」

「じゃあ今年は私とクリスマスパーティーする?」

 話の流れから自然に誘えた……と思う。内心断られたらどうしようかと心臓がドキドキしている。素直にクリスマス一緒にいたいって言えたらいいのに……
 どうしても恥ずかしくて言えない。三十路の女がクリスマスとか気にしてるってどうなの!? とか思われたら恥ずかしいにも程がある!

「いいんですか!? 俺、真紀と過ごしたいって思ってたんです」

 パァと子供のようなあどけない満面の笑顔で喜んでいる松田を見てホッと胸を撫で下ろす。

(嫌がられなくて良かった……)

 スマホでカレンダーを確認するとちょうどクリスマスイブは金曜日。

「じゃあ仕事終わったらレストランでも予約しておく?」

「たまには外食もいいですね、じゃあ俺がレストラン予約しておきますよ」

「じゃあ、お願いしようかな」

「レストランの後はもちろん俺ん家に泊まりますよね?」

「う、うん……」

「良かった、じゃあ着いたんで、気をつけてくださいね」

 松田のアパートは会社から一駅なのであっという間に着いてしまう。
 自分の降りる駅までの二駅、ゆらゆらと、電車に揺られながら松田に渡すプレゼントはなにがいいだろう、寒いしマフラーなんかもいいかな、レストランには何を着て行こうかな、なんて考えていたらあっという間に自分の降りる駅に着いていた。

 テーブルの上でブーブーっとスマホのバイブ音が鳴り、手に取ると松田からの電話だった。

「もしもし?」

「あ、今電話大丈夫ですか?」

「ええ、もうあとは寝るだけだし、どうしたの?」

 松田の電話越しに甲高い声が聞こえてくる。この声の持ち主は分かりきっている、誠だろう。
 モヤモヤする。またポチャンと一滴、黒い何かが溜まる。

「さっき話してたレストランなんですけど、誠が凄くいい場所知ってて、そこにしようと思うんですけど、フレンチでいいですか?」

「……誠さんそこにいるの?」

「え、あぁ居ます、また泊まらせろって急に来ましたよ」

「そう……私フレンチ好きだから、松田君がいいと思う場所でいいわ、じゃあまた明日」

 一方的に電話を切った。切り際に松田が何か言ってたような気がしたが、あれ以上電話を続けていたら多分余計な事を口走ってしまったかもしれない。

 ――またマコトと二人で一緒にいるの?
 ――なんでマコトが選んだ店にするの?

 家族同然に大切にしている人に対してそんな、嫉妬じみた事を言ってしまったら確実に重い女だと思われて、嫌われてしまうかもしれない。
 私がグッと我慢……すればいいだけの話だ。

「ここは会社なので求愛禁止です! 素直になれないアラサー女子は年下部下にトロトロに溺愛されてます。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く