話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ここは会社なので求愛禁止です! 素直になれないアラサー女子は年下部下にトロトロに溺愛されてます。

森本イチカ

少女漫画のようには上手くいかないです⑹

 朝起きて鏡を見ると大分目の腫れは化粧で誤魔化せるくらいまで引いていた。
 いつも通り会社に行く準備をし家を出る。
 その足取りは重いような、軽いような、なんとも言えない緊張感。
 会社の前に着きフゥと深呼吸をしてからドアに手を伸ばす。

「あ、水野さん、おはよう御座います」

 松田がいつも通り一番に出社していた事に風邪が良くなってよかった、とホッとする手前、松田のことを好きだと意識してしまったせいでいつもどうやって松田と接してきたのか分からなくなる。
 ドッドッドッと心臓の音がうるさい。

「水野さん、顔赤いですけどもしかして俺の風邪が移っちゃいました!?」

 近づいてくる松田に更に心臓の動きはさらに速くなり、全力疾走した後のように息が切れる。
 ギュッと目を閉じ落ち着け、落ち着け、と自分に暗示を開けているとコツンと額に何かが触れた。
 バッと目を開けるとドアップの松田の顔が目に映る。

「んなっ!!!」

「熱は無いみたいですね、何かあったらすぐに俺に言ってくださいよ?」

「だ、大丈夫よ! 仕事始めるわよ!」

「はい」

 ゾロゾロと他の社員も出社し仕事モードに切り替えなんとか昼休みまで耐えた。
 同じ会社、隣の席、自分の部下で年下でイケメン。恋愛初心者の私にはやはりハードルが高すぎる。
 一人で悩み抱えるにはもう耐えられず、とにかく涼子に相談したくてお昼休憩になった瞬間に涼子の手を引き会社を出た。

「ちょっと、真紀どうしたのよ!?」

「涼子~もう頭も心臓も全てがパンクしそうで……」

「あ~察した、とりあえずどっかでランチとろ」

「うぅ~……」

 ファミレスに入り涼子はチーズハンバーグを、私はあまり食欲が無く軽く食べられるサンドイッチを注文した。

「んで、どうしたのよ?」

「涼子の言う通りになっちゃいました」

「まぁそんな事かと思ったわよ、ついに自覚したのね、松田が好きって」

「あーーー!! 言わないで! 誰かが聞いてるかも!」

「誰もいないわよ、自覚したなら早いじゃない、さっさと付き合えば?」

「そんな簡単に付き合えばって、できたらそうしてるよ~」

「松田はずっと真紀の事が好きなんだから、真紀が好きって言えばすんなり事がすむでしょ」

 ごもっともな事を言われ返す術もない。

「だってずっと突っぱねてきたのに急に好きですなんて言えないよ~」

「ったく、何今更モジモジしてんのよ、真紀の悪い所は考えすぎるところ、本能のままに動きなさい」

「涼子……占い師みたいな言い方……」

 考えすぎるか……橅木にも言われた事を思い出す。本能のままに動く。それが出来たらどんなに楽なんだろう。素直に好きって言う事がこんなにも難しい事だと三十歳になって気づくなんて……

「ここは会社なので求愛禁止です! 素直になれないアラサー女子は年下部下にトロトロに溺愛されてます。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く