話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ここは会社なので求愛禁止です! 素直になれないアラサー女子は年下部下にトロトロに溺愛されてます。

森本イチカ

中途採用の新人です⑸

「いい加減手を離してよっ!」

「ん~いいじゃないですか、俺は水野さんの手好きですよ、小さくて柔らかくて」

「んなっ!! からかうのはやめなさい!」

 手を離せと言ったのに松田の手を握る力が少し強まる。
 軽々しく手を繋いでこんな事言えるなんてやっぱり女の扱いに慣れているのだろうと更に思わせる。
 やはり松田の言っていることは信じれない。
遊ばれてポイッと捨てられるなんて絶対に嫌だ。
 もう三十歳……
ずっと独身で生きていくとは覚悟しているが、もし自分に恋をする時がきて、その恋が実るのであれば結婚もそれは考えたい。少しくらい夢抱いたってバチは当たらないよね……?
 なので私は無駄な恋愛なんてしたくないのだ。

 なのにあれよこれよと結局手を繋いだまま店の前まで来てしまった。

「ここ美味しいんですよ、っても昨日木島部長に教えてもらいました」

 松田が連れてきた店は中華料理店だった。
割と会社の近くなのにまだ一度も入ったことのないお店だったので少しワクワクした。
 店の中まで手を繋いで連れて行かれたらどうしようかと思ったが、松田はスッと手を離し「入りましょう」とエスコートしてくれた。
なんでもスマートにこなす松田はやはり女慣れしているんだろうな、とさらに思わせた。

 店内は赤いタイルの床に木目が優しい印象を与えるウォルナットのテーブルに赤い椅子。
中華料理店! と思わせる内装だ。
 私と松田は向かい合ってテーブル席に座った。
昨日、今日と隣同士で仕事をしていた為に面と向かって座るのはどこか違和感を感じる。

「昨日は酢豚食べたらめっちゃ美味かったんですけど、今日は回鍋肉セットにしようかな」

「へぇ~、じゃあ私は小籠包セットにしよっかな」

 店員さんに料理を注文し、松田に聞く。

「ねぇ、仕事のことで聞きたい事があるって言ってたけど、どうしたの?」

「あ、あぁ、なんでしたっけね、忘れました」

「貴方……」

「まあまあ、美味しくご飯食べましょ」

「ったく……」

 店まで来てしまったのだから仕方ないと思い直し、いい匂いと共に運ばれてきた料理に手をつける。美味しい。
 アッツアツの小籠包、蓮華の上で二つに切るとブワァっと勿体無いくらいの肉汁が溢れ出る。
 松田に少しイラついていたこともすっかり忘れて食べるのに夢中になってた。

 ふと顔を上げ松田の方を見るとバチッと目が合った。
ははは、と眼鏡の奥で目を細めてふにゃっと笑う松田の顔が印象的で一瞬、ほんの一瞬だけドキッと心臓が波打った。

「な、何笑ってるのよ……」

「ん? 水野さん可愛いなぁって見てただけですよ」

「またそーやってからかうんだから……」

 可愛いなんて言われ慣れていない私には松田の一言、一言に過敏に反応してしまい、その度に心臓がバクバクと動く。
 顔が自分でも赤くなっているのが鏡で確かめなくても分かるくらい熱く火照っている。
 それを隠すように俯いてご飯を食べ続けた。
 松田は特に仕事の話はやはり無かったみたいで、美味しいですね、他にも行きたいお店がいっぱいあるんです、など他愛の無い会話をしながらランチタイムを終えた。

「食べ終わったし会社に戻りましょう」

「そうですね、午後も宜しくお願いします」

「あら、礼儀正しいじゃない」

 席を立ち自分は上司なので松田の分の支払いもしようと思い鞄から財布を取り出しレジへ向かう。
 それを横目に私をスルーして松田はお店を出て行った。

(な……あいつ奢られる気満々だったの?)

「お客様、お会計は既に済んでおります」

「へ?」

「先程の男性のお客様がお支払いなさいましたよ」

 スルーして出て行ったのではなくいつの間にかもうお会計を済ませてたなんて……
まさか後輩に奢られるとは思いもしなかった。
 急いで店を出て松田に駆け寄る。

「松田君っ、お昼の代金払うわ!」

「いいんですよ、俺が誘ったんだから、それより早く戻らないと昼休みの時間終わりますよ」

 時計を確認すると十三時まであと十分。
お店から会社まで確か来る時は十分くらいはかかった気がする。
これは急がないとまずい事に気がついた。

「な! やばいじゃない! 急ぐわよっ」

「ははは、ですね」

 私と松田は走るまでは行かないが、かなり早歩きでハァハァ息を切らして会社まで戻りギリギリ十三時に間に合った。
 結局すぐに午後の業務に取り掛かりお昼の代金を返す暇がなく就業時間になってしまった。

「ここは会社なので求愛禁止です! 素直になれないアラサー女子は年下部下にトロトロに溺愛されてます。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く