話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

帰還した召喚勇者の憂鬱

北きつね

第八話 前哨戦


「ユウキ。会見の場所はわかるのか?」

「サトシ・・・。マイ。任せた」

「はい。はい。サトシ。場所は、この前、皆で見に行ったでしょ?」

「え?どこ?」

「はぁ・・・」

 皆が笑い出すが、サトシは本当にわからないという表情をしている。
 マイやユウキも悪い。記者会見を行う場所を、見に行ったわけではなく、近くの公園から記者会見を行う建物を見ただけだ。

「ユウキ。今日は、公共機関を使うのだろう?バラバラに行くのか?」

「いや、俺とサトシ以外は、偽装した状態で、纏まっていこう」

 都内の(オリビアが熱烈に希望した)秋葉原にあるホテルから、29人の中学生くらいの男女が出てきたら目立つ。さらに、先頭を歩く5名以外は日本人ではない。秋葉原では珍しくもない外国人だが、纏まっているのはやはり稀有なことだ。
 それだけではなく、”そこそこ”美形が揃っている。10人すれ違ったら、4-5人は振り返るだろう。

「ユウキ!山の手ラインを使うのか!」

「レオン。この前も使っただろう!」

「ユウキ!この前は、昼過ぎで空いていた。この時間なら、満員電車に乗れるだろう?」

「はぁ・・・。何が良くて、満員電車に乗りたいのかわからないけど、今日は休日だから、そこまでは混んでいないぞ」

「なに!念願の日本で、新幹線にも乗れなくて、あの秩序で満たされた空間を・・・」

「フェリア。そのバカを頼む」「はぁ・・・。レオン。また来ればいいよ。ユウキ。いいよね?」

「そうだな。片付いたら、皆で各国を回ろう。墓参りも必要だろう」

 皆がお揃いの印章が入った物を見つめる。それぞれの施設で、召喚される前に撮影された写真を貰ってきた。それを、合成して一枚にした物が入っている。お守りであるし、今日の会見を”見せる”意味が強い。

「(やっとここまで来た)」

 ユウキたちは、正面ではなく裏口から入るように指示されていた。

「今川さん」

「おっ・・・。あっ。そうか、揃っているな」

 今川には、偽装前を見せているので、戸惑っているが、ユウキとサトシ以外は、偽装すると宣言していたのを思い出した。

「本当に、わからないな」

「服装もわざわざ揃えたので、余計にわからないと思います」

「そうだな。まぁユウキが説明して、サトシが最後の締めをするのだろう?」

「そうですね。サトシは、聖剣を出して、鉄を両断するだけですよ。喋らせると、何を言い出すかわからないですからね」

「わかった。控室まで案内する。ユウキは会ったことが有るだろうけど、編集長と上の人間だ」

 皆に緊張が走る。偉い人に会うのは、緊張するようだ。

「大丈夫。気のいいおちゃんたちだ。将軍とか伯爵だと思えば大丈夫だ」

「今更ながら、お前たちの感覚がわからんよ。将軍って、言い方が悪いけど、幕僚長だろう?貴族は居ないけど、上級国民様だろう?」

「えぇそうですね。いきなり攻撃性のスキルが飛んできたり、ナイフを投げられたり、毒が入った飲み物を飲まされそうになったりしないので、安心していますよ」

「俺は、お前の感覚が怖いぞ。まぁいい。適当に挨拶してくれ、ユウキは、最終確認をするぞ?」

「わかりました。レイヤ、エリク。サトシを頼む。マイ。皆のサポートを頼む」

「わかった。今川さん。控室は?」

「案内が来るから、ついて行ってくれ」

「わかりました」

 ユウキだけが今川の後に続いた。29名は、案内に続いて控室に向かった。

「記者会見まで、まだ時間がありますが?」

「あぁすまん。ユウキと話をしたいと言っている人たちが居て・・・。な。すまない。断れなかった」

「そうだったのですか?打ち合わせは、それだけですか?」

「想定問答もあるけど、必要か?この打ち合わせと、もう一組合せたい人たちが居るだけだ」

「俺は、大丈夫ですよ。一応、マイとアリスに渡しておいてください」

「わかった。あっここだ」

「え?」

 今川がユウキを案内した場所は、食堂に隣接している個室だ。
 防音が施された部屋で、他に聞かせたくない話をする場合に使われる。

 備え付けられているインターホンに今川が近づいて、認証を通す。

「今川です」

 ロックが外れる音がしたので、今川がドアを開けて、ユウキを中に入れる。
 部屋には、10名くらいの大人たちが豪華な椅子に座っている。そして、ユウキたちが渡したポーションや物質を持って居た。

「君がユウキ君かね?」

「はい」

「私たちのことは、研究員だと思って欲しい。それから、わけがあって所属や名乗りをあげられないが許して欲しい」

 中央の人物が、立ち上がってユウキに確認をしてから、謝罪の言葉を口にする。言葉では誤っているが、態度は横柄なままだ。

「かまいません。それで、なにか、俺に”聞きたいこと”が、あると伺いましたかが?」

「まずは、勝手なことだが、お願いを聞いてくれるか?」

「俺にできることで、仲間や家族に被害が及ばないのなら・・・」

「それは政府にも約束させる。安心して欲しい」

「わかりました。それで?」

「ポーションを数本・・・。都合することは可能か?」

「それは、”売って欲しい”ということですか?」

 ユウキは、”売れ”という言葉を飲み込んで、少しだけ丁寧な言葉にした。政府と口走ったことから、権力側の人間だと判断したのだ。
 どんな話になるのかわからなかったので、丁寧に接しようと思っていた。研究所と言っているのは、間違いでは無いだろうと判断している。全員が、”研究をしている”か、怪しいとは思っている。時間が無いと言っているが、ユウキが知らされている時間までには、3時間以上ある。

「今川さん。これが、謝罪の理由ですか?」

 今川が頷いたのを見て、状況が解った。

「今川さん。皆の所に戻ってください」

「いいのか?」

「はい。向こうに行かれると、サトシが・・・。ビルを壊すと困るので、マイやアリスやヒナが止めてくれるとは思いますが、確実ではないので・・・」

「わかった。それでは、教授。私は、ひとまず退室いたします。ユウキとの交渉には、関わりませんので、よろしくお願いします」

「あぁ」

 中央の男性が、今川に横柄な態度で退室の許可を出す。今川は、ユウキに相手の素性を”教授”と伝えた。

「それで、ポーションは有るのか?」

「ありますよ。いくらで買ってくれますか?」

「なに?」

「そうでしょう。傷口にかけたら、瞬時に治すような薬ですよ?中級も試されましたよね?骨折くらいなら治ります。上級はお渡ししていませんが、内臓の損傷を治します。俺たちが試した時には、片方の肺が潰れた状態から回復しました。日本の・・・。いや、現在の医療で同じことを行うとしたら、いくら必要ですか?俺が言っていることはおかしいですか?」

「・・・」

「どうですか?」

「に、日本の為に使ってくださいとは思わないのか?」

「は?日本が俺に、俺たちに”なに”かしてくれましたか?その分は、ポーションを提供してお返ししたと思いますが?」

「な。子供が!」

「はい。はい。それは、いいですよ。それで?買うのなら、交渉に応じますが、違うのなら、早く要件を言ってください」

 ユウキは、椅子に座り直して足を組む。子供が大人ぶっているようにしか見えないが、スキルの”覇気”を使っている。限界まで弱めた覇気だが、目の前に座っているような人間たちには十分だ。

「(そうだ。せっかくだから実験でもするか?)」

 今まで、対人スキルの実験は身内に限っていた。特に、異常状態を相手に付与するスキルは検証していなかった。

 部屋の隅にカメラが設置されている。ユウキは、この状況を使って確認しようと考えた。

 座っている大人たちが、何やら文句を言っているのを聞き流しながら、スキルを使った。

「(スリープ)」

 ユウキは、睡眠の対人スキルを使った。極々弱く使った。全員が一度に寝なかったことから、少しだけ強めて、スキルを発動した。
 隠されているカメラには気が付かないフリをして、部屋から出る。


「帰還した召喚勇者の憂鬱」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く