話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界に転生したって『あたし、お天気キャスターになるの!』

なつきコイン

第63話 サニィが来たの。

 本格的に冬に入り、年の瀬が近付いてきた頃、国主の娘サニィが港町ライズにやって来た。

「レイニィがいつまで経っても遊びに来ないから、私の方からやって来ましたわ」
「サニィお姉様、よく来てくれたの。いらっしゃいなの」
「あなた、変わった物を作っているそうね。温度計だったかしら」
「そうなの。興味があるの。なら、早速、見に行くの」
 レイニィは、出されたお茶もそこそこに、サニィを庭に案内した。

「これが百葉箱なの。中に、温度計と湿度計と気圧計が入ってるの」
 レイニィは自慢げにサニィに説明する。

「へー。あの変わった物で風の向きと強さがわかるのね。ところで、ここに無造作に置かれた桶は何。ちゃんと片付けておいた方がいいですわよ」
「これは雨量計なの。雨の降った量を測るの。ここに出しておかないと駄目なの」
「これも観測のための道具の一つなのですか。ただの桶にしか見えませんでしたわ」
「実際、ただの桶なの。雨量を測るにはそれで十分なの」
「見た目通りただの桶なのですね」
 サニィは肩透かしを食らった気になった。

 レイニィはそのサニィの様子に気が付いた。折角来てくれたのだから、もっと、楽しんでもらいたいと、レイニィは考えた。
「そうだ、凧揚げをしてみるの」
「タコ?ですか」
「待っててなの。持ってくるの」

 レイニィは試しに作った凧と連凧を持ってきた。

「これが凧。空を飛ぶのですか。魔力が込められているのですか」
「魔力はいらないの。風の力だけで飛ぶの」
 幸い、凧揚げには、お誂え向きの季節風が吹いていた。凧は大空に舞い上がる。

「凄いですわ。本当に飛びましたわ」
 サニィは大喜びだ。レイニィも一緒になって喜んだ。

 次の日、レイニィはサニィに街の中を案内した。

 港町ライズは、貿易港である。東にあるサーモ諸島の国々から様々な物が入ってきている。
 それらがあちこちの店に並んでおり、サニィにとっては初めて見る物ばかりであった。
 あれは何。これは何。というサニィの質問にレイニィは嫌な顔をせずに答えていった。

「こんにちは、レイニィ様。お買い物ですか。そちらのお方は」
 レイニィ達は突然、妙齢な女性から声を掛けられた。
「こんにちは、フリージィさん。こちらは首都シャインからいらした、サニィお姉様なの。街の案内をしているところなの」
 フリージィは、港町ライズにおいて、五本の指に入る程の大きな貿易商を営んでいた。領主の屋敷にも度々訪れ、そこでレイニィとも何度か顔を合わせていた。

「サニィ様というと国主の娘さんでいらっしゃいますか。私、フリーザ貿易のフリージィと申します。以後、お見知りおきを」
「初めましてフリージィさん。国主の娘のサニィです。こちらこそよろしくお願いしますね」
「そうだ、折角お近付きになれたのですし、私の屋敷にいらっしゃいませんか。丁度、珍しい果物が入ったところなのです。出来れば試食していただいて、ご感想などをお聞かせ願えればと思います」
「え、どうしましょう」
 サニィはレイニィの方を見る。レイニィは護衛のアイスと侍女のスノウィの方を確認する。
「お嬢様、フリージィ様のところでしたら大丈夫かと。お言葉に甘えてはいかかですか」
「そうなの。じゃあ、お言葉に甘えるの。サニィお姉様もそれでいいの」
「レイニィが構わないなら、私はそれでいいわ」

 レイニィ達は、フリージィの招待を受けることにした。


「異世界に転生したって『あたし、お天気キャスターになるの!』」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く