話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界に転生したって『あたし、お天気キャスターになるの!』

なつきコイン

第62話 アイテムボックスなの。

 勇者のアイテムボックスをみたレイニィは、自分でも欲しくなった。
 なんといっても便利である。部屋は片付く。出かける時は手ぶらで済む。手品のタネとして使える。便利な点をあげたらきりがない。

 勇者は女神様の加護だと言っていたが、魔法でどうにかならないかエルダに聞いてみた。
「勇者の使っていたアイテムボックスが、魔法でできないかだって。それは無理だろう。あんな常識外れなもの」
 レイニィにしてみれば魔法自体常識外れなのだが、魔法ができて当たり前なエルダからすれば違うのだろう。

「昔から空間魔法と時間魔法は、研究されているが実現されていないぞ」
「研究はされているの」
「研究はな。成果は全くだ」
「そうなの。残念なの」

「ですが、お嬢様なら違う視点で新しい発見があるかもしれませんよ」
 スノウィが珍しく口を挟んでくる。
「まあ、確かに、レイニィの考え方は独特だからな。因みにアイテムボックスはどんな仕組みだと思う」
「たぶん、異次元に穴を開けて、そこに収納する感じなの」
「異次元ね。異世界とは違うのだろう」
「違うの。直線の一次元、平面の二次元、立体の三次元、時間の違いによる四次元。その外が異次元なの」
「ほう。面白い考えだな。魔法はイメージ次第だからな。レイニィならアイテムボックスの魔法を作れるかもしれんな」
「新しい魔法なの。試練も達成できるの。一石二鳥なの」
「試練といえば、試練の紙の綴り、よくあの封筒に入りますよね。ある意味、あれもアイテムボックスですね」
「そう言われればそうだな」
「スノウィの言う通りなの。これを調べれば何かわかるかもなの」
 レイニィは神の封筒を取り出し、調べ始める。

「見た目はただの封筒なの。これに紙の綴りを入れると入るの」
「他の物は入らないのですか」
「試した事なかったの。試しに何か入れてみるの」
「では、これをどうぞ」
 スノウィがハンカチを取り出して、レイニィに渡す。
 レイニィはそれを封筒に入れる。
「入ったの」
 レイニィは、今度は封筒からハンカチを取り出す。
「取り出しも問題ないの」
「もっと大きな物が入るか試そうじゃないか」
 エルダは側にあったクマの置物を持ってくる。鮭を咥えたよく見るあれである。

「そんな大きな物入るのですか」
「やってみるの」
 レイニィはクマの置物を封筒に入れた。吸い込むように封筒の中にクマの置物は消えた。
「入ったの」

 それから色々な物を出し入れしてみたが、入らない物はなかった。大きさも、素材も関係なかった。魔法なら鉄は入らないという可能性もあったが、鉄も問題なく入れることができた。
 量や数も、入れた物全てが収まった。現時点では制限があるのかはっきりしなかった。

 一つ制限があるとすれば、入れることも、取り出すことも、レイニィ以外はできなかった。レイニィ専用である。

 他の人の封筒はどうか調べてみたが、スノウィの封筒はごく普通の封筒だったが、エルダの封筒は、物を入れることができた。但し、容量制限があり、鞄サイズ以上には物が入らなかった。

「これは。今まで気付かなかったぞ。この封筒にこんな便利な機能があったとは」
「私の封筒は普通のものでした」
 スノウィは少し残念そうだ。
「魔術を使えるかが関係するかもしれないの」
「そうだな。封筒の違いというより、その可能性が高いな」

「あたしが、スノウィの封筒に魔力を込めるから、スノウィが何か入れてみるの」
「わかりました」
 スノウィが招き猫の置物を封筒に入れる。
「入りました。お嬢様。入りましたよ」
 スノウィは大喜びである。

 実験の結果、物の出し入れは本人しか出来ず。魔力が必要であることがわかった。
 魔力は本人のものでなくてもよく、魔石から供給しても構わなかった。但し、供給される魔力の量によって、入れられる量が増減した。
 魔石からの供給で入れられる量はたかが知れていた。せいぜい、大事な鍵をなくさないように仕舞っておくのがやっとだった。

 レイニィが無制限に入れられるのは、女神様の加護「魔力無限」があるからだった。

 かくして、レイニィはアイテムボックスを手に入れた。


「異世界に転生したって『あたし、お天気キャスターになるの!』」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く