話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界に転生したって『あたし、お天気キャスターになるの!』

なつきコイン

第61話 モーターができたの。

 それから一週間後。レイニィはモーターの試作機を完成させていた。

 試行錯誤の結果。針金はミスリルでなくとも、銅線でも力は弱くなるものの動くことが確認できた。ミスリルは高価であるから、製品の値段を考えるとありがたいことだった。

 また、ただの銅でなくミスリルを僅かに混ぜた合金にすると、ミスリル並みに効率が
 上がることもわかった。
 引き付けられるものも、魔石やミスリルだけでなく、鉄以外の物は、強弱の差こそあれ引き寄せられることがわかった。
 これから素材の研究が進めば、より一層効率的なモーターが出来ることだろう。

 試作品のモーターは、ミスリルの付けられた軸棒が、回転することにより、周りに配置されたミスリルの三つのコイルに、順番に魔石から魔力が流れるようにできていた。

 これも、コイルの改良や、数を増やすなどして、力を上げていくことが出来るだろう。今後の研究次第である。

 レイニィはやって来た元勇者に、これらのことを説明する。

「説明は以上よ。私ではこれ以上の事は出来ないし、やってる暇もないの。後は、適当な魔道具作成所を探して、そちらに頼むことね」
「そうか。わかった。後は俺がなんとかしよう」
「そうしてくれると助かるわ。くれぐれも、この世界を不幸にする使い方をしないように気を付けてね」
「これが世界を不幸にすることがあるのか」
「いくらでもあり得るわ。これで乗り物を作れば、馬車よりスピードが速いものも出来るもの。それだけ活動範囲が広がって、他の国と戦争になるかもしれないわ。
 もっと直接的に、スピードが速いという事はぶつかれば死ぬわ。人殺しの武器になり得るのよ。
 乗り物以外にも動力として使えば、大量生産が出来るわ。でもそれは、自然を破壊し、動物を減らし、人間の健康を脅かす事になりかねないの。異常気象が起こって、幸福度は上がるどころか下がるかもしれないわ」
「随分と実感がこもっているな」
「実際に元の世界では社会問題になっているわ。甘く見ていると取り返しがつかないのよ」
「俺が転移してから百年のことなんだよな」
「百年もかからないわ。五十年前には公害により被害が出て大問題になっていたわ。というか、既に百年以上前から被害は出ていたのよ」
「そうなのか、俺はそういったことは詳しくなかったからな。肝に命じておくよ」

 元勇者はモーターの試作品を持って帰っていった。

「お嬢様、よろしかったのですか」
 スノウィがレイニィに確認する。
「なにが?」
「モーターの生産を他のところに任せてしまって」
「これ以上は面倒みきれないわ」
「ですが、相当の利益が得られるのではないですか」
「別にお金には困ってないわ」
「欲がないのですね」
「そんな事より天気予報よ。それに、悪魔に目を付けられたくないしね」
「そうですね。悪魔が関わってくると厄介ですね」
「だからもう勇者とは余り関わりたくないのよ」

 レイニィにとっては、お金より天気予報の方が重要であった。

 だがしかし、その後も勇者は何度も相談に訪れ、鬱陶しく思ったレイニィは、たんまり相談料を取ったのだった。


「異世界に転生したって『あたし、お天気キャスターになるの!』」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く