話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界に転生したって『あたし、お天気キャスターになるの!』

なつきコイン

第60話 モーターを作るの。

 次の日からレイニィはモーターの作成に取り掛かっていた。

「どうしたの、このミスリル。こんなに沢山」
 ミスティがミスリルの延棒の山を見て驚いている。
「モーターの材料として、元勇者にもらったの」
「ほお。随分気前がいいでは無いか」
 エルダも、ミスリルの量に感心している。

「気前がいいって量じゃないと思うけど」
「気にする必要ないの。モーターにはそれだけの価値があるの」
「そんな凄いものなの」
「それは楽しみだな」

「前に、魔石とミスリルがくっつくことがあるって聞いたの。それを再現するの」
「それは、魔力を大量に注ぎ込めば再現できるが、実用的ではないぞ。魔石から魔力を供給するとすぐに空になるし、魔術師が供給するなら、自分で魔法を使って動かした方が楽に出来る」
「それを聞いて安心したの。魔力を込めれば再現できるなら、これからやる方法で、効率よくできるようになる可能性が高いの」
「少ない魔力で再現できるなら、いろいろと役立ちそうだが」
「魔力を大量に込めれば再現できたのね。私、知らなかったわ。まだまだ勉強不足ね」

「まずはミスリルの針金を作るの」
 レイニィは魔法で針金を作っていく。

「魔法って便利ね。私も使えたらよかったのに」
「ミスティもエルフの血が流れているのだろう。少しくらいなら使える可能性があるのではないか」
「そうかしら。考えてみたこともなかったわ」
「昔は錬金術師とは魔術が使える者がなる職(ジョブ)だったからな」
「そうだったのですか。なら、私にも可能性があるかしら」
「やる気があるなら指導してやるぞ」
「お姉ちゃん。頑張ってみるの。あたしも教えてあげるの」
「なら頑張ってみるわ。ご指導のほどよろしくお願いしますね」

 話をしている間に、ミスリルの針金は完成した。

(これを何かで被覆して絶縁しなければならないけど。
 エナメル線なんてどう作るんだろう。
 鉄なら絶縁出来るだろうけど、魔力を全く通さなかったら、引きつける力も遮断しちゃうわよね。
 ビニールテープなんて物はないし。
 取り敢えず。布に糊を付けて巻き付けてみるか)

 レイニィは布を細長く切って、針金に巻き付けていく。

「これをミスリルの心棒に巻き付けるの。これがコイルなの」
 出来上がった被覆された針金を、ミスリルの棒に巻き付けていく。

「これで、この針金に魔力を流すの。すると、この棒の先に魔石がくっ付くの」
 レイニィは魔力を流し、魔石をミスリルの棒に引き付ける。
「凄いわ。張り付いたわ」
「張り付いたけど、レイニィが魔力を流していたら、効率が上がったのか判断できん。お前は規格外だからな」
「先生、変わってみるの」

 今度はエルダが魔力を流す。
「お。確かにわずかな魔力で引き付けるな。これなら魔石でも余裕で動作するな」

「後は、これを三つ作って、タイミング良く切り替えて、魔石を付けた棒が回転する様にするの」
「棒が回転する?よくわからんが、目処がついたのだな」
「間違いなくモーターはできるの」
「レイニィ、わかるように、これに絵を描いてね」
「はいなの」

 レイニィはモーターの設計図を書き始めるのだった。


「異世界に転生したって『あたし、お天気キャスターになるの!』」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く