話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界に転生したって『あたし、お天気キャスターになるの!』

なつきコイン

第58話 元勇者の話を聞くの。

「それで何を協力すればいいの」
 レイニィは開き直って元勇者に聞いた。
「技術革新を進めたい」
「自分で進めればいいじゃない」
 レイニィにしてみれば当然の発言であったが、元勇者はその理由を説明した。
「俺は勇者召喚される前、元の世界では、田舎の百姓の小倅でしかなかった。
 読み書き算盤は尋常小学校で習ったが、技術的なことは何も知らないんだ」

「尋常小学校って、いつの時代よ」
「大体百年くらい前だが。今はないのか」
「百年て。あんた何歳なの」
「確か百十歳だったかな」
「とてもそうは見えないのだけど」
「女神様の加護のおかげだ」
「そうなの。百十歳でそんなだと、羨ましいんだか、そうでないんだか微妙ね」
「この世界では、エルフとか長寿だから普通だぞ」
「それもそうね」
 レイニィは、女神様の加護、自己再生で自分もそうであるのだが、まだ気付いていなかった。

「百年前に比べれば技術的に随分進んだけど、かえって、専門家でないとその技術がどうやって出来ているか、わからなくなっているわ。
 透明なガラスにしたって、コップとか普段使っていたけど、作り方までは知らないもの」
「それでも、俺よりは詳しいだろう」

「まあ、百年前の尋常小学生よりは詳しいでしょうが、それでもどうかな。
 この世界は、前の世界と物理法則が違うみたいだから」
「物理法則?」
「こっちの世界は、魔法があって、代わりに電気がないでしょ」
「電気がないのか」
「気付かなかったの」
「俺が前住んでた所もまだ電気が来ない家だったからな。だが、電気がないことが問題か」
「どんな田舎だったのよ。でも、それじゃあ、電気のありがたみをあまり感じていなかったのも仕方ないか」

「これで、わかるだろ。何故こうして頼んでいるか」
「自分で出来ないことはわかったわ。でも、何故そうまでして進めたいの。あなたも女神様と何か約束したの」
「女神様と約束はしてないが、技術革新を進めていこうという考え方は女神様と一緒だ。だが、俺がそれをするのは、元の世界に帰りたいからだ」
「女神様は帰る方法はないって言ってたわよ。技術革新ぐらいでどうにかなるものじゃないでしょ」

「元の世界に戻る方法はあるんだよ。女神様がいったのは、上の世界に戻ることはできないだ。下の世界へはこの世界から行ける」
「確かに上から下への一歩位通行だといっていたわね」

「つまり、今の世界と元の世界の位置関係が逆になればいい。こちらが上になれば元の世界に戻れる」
「世界の位置関係を簡単に変えられるの」

「簡単ではないができる。実は世界の位置関係は、その世界の幸福度によって決まる」
「幸福度ってなに」
「幸福度は、その世界に住む全ての生き物が、幸福だと感じれば、感じるだけ加算されて行くものだ」

「人間だけではないのね」
「そうだが、人間の方が幸福と感じることが多い。動物達は生きるのが精一杯で、幸福と感じることが少ない」

「あなたとしては、元の世界に戻るために、技術革新で幸福度を上げたいわけね」
「その通りだ」
「でも、技術革新で必ずしも幸福度が上がるとは限らないわよ」

「お前、既に悪魔に侵されてるのか」
「悪魔?いきなり何」
「悪魔と同意見だぞ。悪魔は、技術革新は幸福度を下げると言って、こちらの妨害をしてくるのだ」
「妨害は兎も角として、技術革新が幸福度を下げることもあるのよ。公害とか、自然破壊とか、異常気象とか。百年前には無かった考えかしら」
「そうなのか。だが、俺は、技術革新の先にこそ幸福があるのだと思う」
「女神様はその考えなのね。それで悪魔と対立しているわけか」
「よくわかるな。そんなわけで協力頼む」
「わかったわ。それじゃあ幸福度を上げられるように程々にね」


「異世界に転生したって『あたし、お天気キャスターになるの!』」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く