話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界に転生したって『あたし、お天気キャスターになるの!』

なつきコイン

第55話 望遠鏡をつくるの。

 レイニィは、気球で飛んだ時に思い付いた望遠鏡を作ることにした。
 自分は探索魔法が使えるから必要ではないが、船で航海する人や狩をする人などに、役に立つこともあるだろうと、考えたからだ。

「それにしても、ガラスがあるって素晴らしいわ。ありがとう。お姉ちゃん」
 一人、天に向かってお礼を述べる。ミスティは天上ではなく地上にいるのだが、そこは気にしてはいけない。感謝の気持ちを忘れないレイニィであった。

「望遠鏡は凸レンズの組み合わせだったわよね。あれ。レンズがないわよね。ということは、望遠鏡どころか虫眼鏡も眼鏡もないのかしら。
 これは、一度お姉ちゃんに相談した方がいいかしら」

 レイニィは姉のミスティの部屋を訪れる。
「お姉ちゃん。レンズってないの」
「何ですか。いきなり。レンズならありますよ」
「え、あるの。ガラスが出来たのが最近だからないかと思ったの」
「ああ、ガラスの物はありませんね。今ある物は水晶とかで出来てるわ。今度ガラスで作って売り出しましょう」
「なるほど、水晶なの。なら、眼鏡とか望遠鏡はあるの」
「眼鏡はあるけど、望遠鏡?それは聞いたことがないわ」
「レンズを組み合わせて、遠くの物を大きく見ることが出来る物なの」
「遠くの物を大きくですか。レンズ一枚では近くの物は大きく見えますけど、遠くを見ると小さく反対に見えるだけでしたが、それが、大きく見えるようになるの」
「理屈としては、その小さく見える反対の像を、もう一枚のレンズで拡大して見る感じなの」
「そんなこと出来るの。魔法ではないのよね」
「魔法じゃないの。やってみた方が早いの。ガラスちょうだいなの」
「はいはい。ガラスね」
 ミスティはガラスを持ってくる。

「これでいいかしら」
「充分なの。これから、一枚は大きめで、焦点距離が長い物を作るの。もう一つは、小さめで、焦点距離が短い物にするの」
「しかし、魔法って便利ね。ガラスを自由自在に、形を変えられるなんて」

 レイニィはガラスの素材を、魔法を使って空中に浮かべたまま、加熱し、そして形を変えていく。出来あがれば、冷やすのまで魔法で一瞬だ。

「出来たの。後はこれを筒に取り付けて、二つのレンズの距離が変えられるようにすればいいの」
「距離を変えられるようにするのは、何の意味があるの」
「ピントを合わせる必要があるの。目で見る場合にも遠くの物と近くの物ではピントの位置が違うの」
「なるほどね」
 ミスティは手の平と遠くの景色を見比べて納得する。

 それから、ミスティが探し出してきた筒を組み合わせて望遠鏡を完成させる。

「筒の中は黒く塗った方がいいの」
「それは何で」
「光が反射して見え辛くなるのを防ぐの」
「そうなのね。それじゃあ、黒く塗るのは後でもいいかしら、今は実験段階だし」
「後でもいいの」
「なら、これで、試作品の完成ね」
「覗いてみるの」

 レイニィは早速、外の景色を覗く。
「大きく見えるの。成功なの」
「私にも見せて」
 ミスティはレイニィから望遠鏡を受け取る。
「あら、凄い。遠くの景色が手に取るようだわ。でも逆さまなのね」
「それは仕方ないの。途中に鏡を入れて何度か反射させれば戻せるけど、構造は複雑になるの。作り方はわからないの」
「鏡で反射させればいいのね。後で考えてみるわ」
「使い道によって一長一短なの。構造が簡単な方が安くて軽く出来るの」
「そうね。出来れば、両方用意してみるわ。また忙しくなりそうね」

 ミスティは、工房にまた人を雇わなければと考えを巡らせるのだった。


「異世界に転生したって『あたし、お天気キャスターになるの!』」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く