話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界に転生したって『あたし、お天気キャスターになるの!』

なつきコイン

第53話 連凧作戦なの。

 連凧で暴風龍と仲良くなろう作戦発動中である。

「しかし、何故私は、ただ延々と竹ヒゴを炙って曲げなければならないのだ」
 エルダが蝋燭の焔で竹ヒゴを炙りながら愚痴を言う。
「それは、先生が凧の作り方を教えて欲しいと言ったからなの」
 レイニィはいかにも当然であるかのように答える。

「確かにそうは言ったが、それにしたって、同じ作業の繰り返しばかりではないか」
「炙り三年なの。何事も究めるには時間が掛かるの」
「別に、私は凧作りの職人になりたいわけではないんだが」
「冗談なの。仕事を効率的に進めるには分業化するのは基本なの」

 竹を割り、竹ヒゴを作る作業をアイスが、その竹ヒゴを炙って曲げる作業をエルダが、それを十時に組む作業をレイニィが、それに四角い布を縫い付ける作業をスノウィが行っていた。四角い布は別の部屋でミスティが裁断していた。

「なら、レイニィ。作業を交代しよう。私がその十字に組む作業をするよ」
「あたしは、それでもいいの」
「駄目ですよ。お嬢様がもし火傷したら大変です。変わるなら、私と変わりましょう」
 スノウィがエルダを止めた。
「私は、針仕事は苦手なんだ」
「なら俺と変わるか」
 アイスが声を掛ける。
「私は貴方の様に、剣の一振りで竹ヒゴを作る様な真似はできん」

 アイスが、竹を放り上げ、剣を一振りですると何故か竹ヒゴになって落ちてくる。一体、一振りの間に、何度切っているのだろう。全く剣筋が見えない。

「よい剣の訓練になるのだが、やってみないか」
「私は剣士になる気もない」

「あれはやだ、これはできない、と我がままなの」
「協力してやっているのに、何故そこまで言われなければならん」
「はいはい。手が止まってるの。今日はまだ後百は作るの。無駄口を叩いている暇はないの」
「ぐぬぬぬ」

 数日の日を要し、こうして千枚の連凧が完成した。

「これだけあれば暴風龍の気もきっとひけるの。早く来ないか楽しみなの」

 それから二週間後、秋の始まりに暴風龍はやってきた。

「いよいよなの。どんどん連凧をあげるの」
 千枚の連凧が長く連なってあげられる。

「お嬢様、龍が連凧に気付いた様ですよ」
「本当なの、仲間だと思って近づいてくるの」

 暴風龍は、以前エルダから聞いていた通り、蛇の様に細長く、小さな手足が付いていた。口は大きく裂け。頭にはシカの様な角が二本生えていた。

 その龍が、連凧の周りを回り出した。

「親愛の情を示してるの」
「いや、あれは敵意を示しているのではないか」
「ただ単に興味を示しているだけでは」
 アイスが本質を突いているが、身も蓋もないことを言う。

「それで、これからどうするんですか、お嬢様」
「どうするって、どうするの?」
「どうするのって、龍を連凧で引き付けたら、その後どうするか考えてなかったのか」
「龍が連凧を仲間だと思って、仲良くなれると思ってたの」

「あ、龍が離れて行ってしまいますよ」
「龍さん待ってなの!」

「あー。行っちゃったな」
「これまでの私の苦労は何だったのだ。竹細工の名工といわれるレベルだぞ」

「連凧。片付けますか」
 スノウィが現実を直視して言う。

「ううう。龍さん、カムバックなの!」
 嵐の中、レイニィは映画のラストシーンさながらに叫ぶのだった。


「異世界に転生したって『あたし、お天気キャスターになるの!』」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く