話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界に転生したって『あたし、お天気キャスターになるの!』

なつきコイン

第51話 台風が来るの。

「ふんふんふんふん、ふふ、ふんふん」
 調子外れの鼻歌を歌いながら、レイニィは今日も庭に作った百葉箱に向かう。
 一通りの観測機器が出来たこともあり、それらを収めて、きちんとしたデータを得るため、百葉箱を作ったのだ。

「お嬢様はご機嫌ですな」
 レイニィの鼻歌を聞き付けてやって来た庭師のカームが声を掛ける。

「それわね。やっとこれだけの物を揃えて、これから本格的に気象観測が出来ると思うと、嬉しくなって、鼻歌も歌いたくなるというものよ」
「それはようございました」
「いつもカームには、留守中に代わりに観測してもらってすまないわね。感謝しているわ。ありがとう」
「いえ、大した手間でもありませんから」
「そんなことないわよ。いつも決まった・・・。あれ?」
「どうかされましたか」

 レイニィは百葉箱の蓋を開け、中を覗き込んだまま動きを止めた。
 レイニィの様子がおかしい事にカームも心配になり、同じ様に覗き込んだ。

「気圧計の値がおかしいのよ。壊れたかしら」
「本当ですな。随分と低い値が出てますな」

 レイニィは、気圧計が壊れていないか確認する。
「うーん。壊れた様子はないわね」

「この値が低いとまずいのですか」
「気圧が下がるのは、天気が悪くなる兆しなんだけど。これだけ下がるとなると、ついにあれが来るのか」
「あれって何でございまか」
「台風よ、台風」
「台風?ですか」
「ああ、えーと。こっちでは、何と言ったら。そうだ、暴風龍が来るのよ」
「え、暴風龍が来るのですか、そりゃ大変だ。風で飛ばされそうな物を片付けないと。お嬢様、失礼します」
 カームは慌てて台風への備えをすべく、その場を去って行った。

「私もさっさと観測結果を記録して、台風が来ると知らせて回らないと」

 それからレイニィは、先ず父親のゲイルの執務室に向かった。
 バタン!
「お父さま、大変です。台風が来るの」
「何事だ。レイニィ、ノックもしないで、お行儀が悪いぞ」
「あ、すみません。急いでいたの」
「それで、台風とは何だ」
「台風は、暴風龍のことなの」
「何だって。レイニィには暴風龍が来ることがわかるのか」
「あくまでも予測だから、必ず来るとは言えないけど、その兆しがあるの」
「兆しか・・・」

 ゲイルはどうしたものか考え込む。レイニィの言っていることは信じているが、それを住民達に伝えるべきか。
 確実に来るというなら話は簡単であるが、レイニィ自身が確実だとは言えないと言っている。無駄に騒ぎ立てただけということになりかねない。
 黙っていれば被害が出るかも知れんが、それはいつものことだ。それで、文句を言われることはないだろう。

「何を迷っているの。被害を少しでも減らすため、注意喚起するの」
「そうだな。少しでも可能性があればそうすべきだ。クラウド。皆んなに暴風龍が来るかも知れないから注意する様に知らせてくれ」
「畏まりました」

「あたしは、魔法を使って暴風龍の進路を予測するの。地図を出してなの」
「地図。地図だな。今用意する」
 レイニィは能動探索(アクティブサーチ)の魔法で、暴風龍の動きを探り、進路予測を立てるのだった。

 こうして、初めて台風の注意報と進路予報が出されたのだった。

 その翌日、予報通り、暴風龍はやって来たが、予め行った注意喚起が功を奏して、被害は最小限に食い止められたのであった。


「異世界に転生したって『あたし、お天気キャスターになるの!』」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く