話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界に転生したって『あたし、お天気キャスターになるの!』

なつきコイン

第47話 剣の稽古ですわ。

 国主の娘サニィは、城に中庭で剣の訓練を受けていた。
 レイニィと別れ後、父親に頼んで剣の教師を付けてもらったのだ。
 それというのも、強い者は偉い。女王様も偉い。なら、女王様は強くなければいけない。という子供ならではの考えによるものだった。

 女騎士の指導の元、サニィは汗だくになりながら、わら人形に剣を振るう。この暑いなか、七歳の女の子にはきつい事だが、女騎士から褒められるので、頑張れるのだった。

「サニィ様、そろそろ休憩しましょうか」
「そうね。そうするわ」
「だいぶ剣が狙った所に当たる様になってきましたね」
「そうかしら。まだまだよ」
「そんな事ありませんよ、その歳でそこまで出来れば、将来は聖騎士になれるかもしれませんよ」
「私がなりたいのは女王様よ」
「女王様ですか。女王様になるには剣の腕が必要なのですか」
「女王様は偉いのよ。強いに決まってるじゃない」
「はあ、そうですか」

 サニィが女騎士と休憩していると、城の中から一人のメイドがやってきた。
「サニィ様、レイニィ様がお見えですが、いかがいたしましょう」

 レイニィはスライム狩りを無事に済ませ、気圧計もできたことから、帰りも首都シャイン経由で帰ることにした。そのため、仲良くなったサニィの所に立ち寄ったのだ。

「まあ、レイニィが戻ったの。それならすぐ行くわ。いや、折角だから、こちらにきてもらって」
「畏まりました」

 サニィは剣を習い、強くなった自分を妹分のレイニィに見せたかった。上に立つ者は実力を示さなければならない。と考えた訳ではなく。単に、レイニィに「凄いの。かっこいいの」と言って、褒めてもらいたかったからだ。その点、本当の姉のミスティと変わらない理由だった。

 メイドに連れられレイニィがやってくる。
「サニィお姉様、また来たの」
「いらっしゃいレイニィ。こんな所に呼んでごめんなさいね。今、剣の稽古の最中だったから」
 サニィは剣を軽く振って見せる。

「剣の稽古をしてるの。(この暑いのに)感心するの」
「そうでしょう。レイニィもやってみる」
「あたしには無理なの。(この暑い中、剣なんか振りたくないわ)それにあたしは魔法があるの」
「そう。なら私の華麗な剣さばきを見せてあげる」
「君は魔法が使えるのか」
 サニィの話を遮って、女騎士がレイニィに話しかける。

 女騎士に目の前に迫られて、仕方なくレイニィが答える。
「使えるの。角兎(ホーンラビット)くらいなら一撃なの」
「ほお。それは凄いな。一度見てみたいが、あれを攻撃してみてくれないか」
 女騎士は先程まで、サニィが剣を振るっていた、わら人形を指差す。

「いいけど、丸焼きにしちゃっていいの」
 レイニィにとって、攻撃魔法といえば火魔法だ。散々角兎を丸焼きにしてきた。

「代わりがあるから構わんぞ」
「そうなの。ならやるの」

 レイニィは、サッサと済ませて終おうと、わら人形に手を向ける。魔力を込めすぎない様に気を付けて魔法を放つ。

「発火」

 その途端、わら人形が燃え上がる。メラメラと燃え上がり、あっという間に灰になってしまった。
 そりゃあ、わらで出来たわら人形だ、よく燃える。生身の角兎と同じ要領でやれば、跡形もないのは当然だ。

「・・・」
 サニィは目を見開き、口を開けたまま何も言えなかった。
「凄いな。それほどの魔法が使えるとは。サニィ様より年下だよな」
 女騎士は、驚きの目でレイニィを値踏みしている。

「五歳なの」
「そうか。大きくなったら私と組まないか」
「組むの?」
「そうだ、一緒に敵をやっつけるんだ。楽しいぞ」
 ここでサニィが我にかえる。

「レイニィは私に仕えるのだから駄目よ」
「あたし、戦うの好きじゃないの」
「あらあら、先約済みか。それにしても、それだけの魔法が使えるのに勿体ない」
「魔法の使い道は戦いだけじゃないの」
「そうか。それもそうだな」

 女騎士は笑ってレイニィの頭を撫でる。サニィは取られてなるものかと、レイニィの腕にしがみ付く。

 レイニィは「この暑いのに、余り引っ付かないで欲しいな」と口には出さないが思っていたのだった。


「異世界に転生したって『あたし、お天気キャスターになるの!』」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く