話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界に転生したって『あたし、お天気キャスターになるの!』

なつきコイン

第45話 気圧計を作るそうです。

[最近のエルダ様はとても楽しそうだ。
 これもきっとレイニィ様のお陰だろう。
 今日も嬉しそうに、レイニィ様とスライムの洞窟に出かけて行った。
 微笑ましい限りだ。]

 召使のレアムは家事を熟しながら、主人であるエルダの事を考える。

[エルダ様の職(ジョブ)は大賢者。その為なのだろうか、知識欲が非常に高い。
 それは大変良い事なのだが、エルフが長寿である事が、エルダ様を不幸にした。
 この世のありとあらゆる知識を貪欲に求めた、エルダ様は、結果として、長い時間の間に、その全てを手に入れてしまった。
 全ての知識を手に入れてしまったエルダ様は、死んだも同然だった。知識欲があるのに、新しい知識を得る事ができない。腹が減ったのに食い物がないのと一緒だ。
 食い物がなければ、腹が減って、人が死ぬように。新しい知識が無ければ、エルダ様は死んでしまうだろう。
 毎日、屍のように過ごしていたエルダ様が、ここまで生き生きとされているのも、レイニィ様が新たな知識を与えてくれているからだろう。]

「レアム。帰ったぞ」
「ただいまなの」

[エルダ様達が帰ってきたようだ。]

「お帰りなさいませ。エルダ様、レイニィ様」
「お帰りなさいませ。お嬢様、どうでしたか」
 レアムとスノウィがスライム狩りに行っていたメンバーを出迎える。

「大量なの。これで気圧計が作れるの」
「いやー。大変だった。もう懲り懲りだ」
[エルダ様の言葉は否定的だが、表情は笑顔だ。余程楽しかったのだろう]

「早速、気圧計を作るの」
「レイニィは本当に疲れ知らずだな」
「お嬢様、何を用意すればよろしいのですか」
「桶なの」
「桶ですね。それから」
「取り敢えず、桶だけでいいの」
「桶だけでいいのか」
「後は、この、銀スライムと片側を詰めたアントの脚でいいの」

[レイニィ様はアントの脚を振り回して大はしゃぎですね。エルダ様にもあんな時期がありましたね。
 あの頃は、ちょっとした事にも感動していたものです。でも、今では余程のことがないと心を動かされることはありません]
 レアムはレイニィと昔のエルダを重ね。微笑みながら見守る。

「それだけでいいのか」
「お嬢様、この桶でいいですか」
「十分なの。じゃあ作るの。
 まずは、桶にスライムを空けるの。
 次に、片側を塞いだアントの脚にもスライムを入れるの。
 そして、空気が入らないように、注意しながら、アントの脚を桶の中で逆さまに立てるの。
 これで完成なの」

「これで完成なのか」
「管の先に空間が出来るの。このスライムが上がった所迄の高さを測るの」
「この空間は、空気が入っているわけでなく、真空なのか」
「そうなの。流石、先生なの。理解が早いの」
「それでこの高さで何がわかるんだ」
「気圧なの。空気が押す力なの」
「空気が押す力か?イメージがわかんな」
「んー。水に潜ると、深く潜る程、押し潰される感じがするの。それと、同じなの」
「水に押される力が「水圧」で、空気に押される力が「気圧」か。ということは、空気にも重さがあるのか」
「その通りなの」
「身近な物にも、まだまだ知らない事が沢山あるのだな」

[あんな、簡単な物でエルダ様を感動させるとは。レイニィ様は、私から見れば、奇跡を起こす、女神様のような方ですね。]

 レアムは密かに、レイニィを拝むのだった。


「異世界に転生したって『あたし、お天気キャスターになるの!』」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く