話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界に転生したって『あたし、お天気キャスターになるの!』

なつきコイン

第44話 銀スライムを倒すの。

 レイニィは、銀スライムらしきものを見つけたが、通路に詰まって引き出せずにいた。スライムを引き出すには、壁に空気穴をあけるしかない。

「結局それか。で、どうやって開けるんだ」
「あたしが魔法で開けるの」
「大丈夫か、力加減を間違えれば、崩落するぞ」
「空気が通ればいいから、小さな穴を開けるの」
「小さな穴か、どうやるんだ」
「水を使って壁を削るの」
「水で、この壁が削れるのか。岩だぞ。まだ、剣を突きつけた方が削れそうだが」
「大丈夫なの。見ててなの」

 レイニィは地底湖の水を魔力で操って、壁に向けて、針のように細く、高圧で、噴射し続ける。ウォータージェットにより、壁にみるみる穴が開いていく。

「うおー。すごいな。水でも岩が削れるんだな」

 十分と経たずに、ウォータージェットの水針(ウォーターニードル)は壁を貫いた。
「開いたの」

 ヒューーー

 穴から空気が吸い込まれていく。
「地底湖の水が溢れてきたぞ」

「穴から空気を吹き込んで押し出すの」
 レイニィは魔法で、開けた穴から空気を送り込む。
 地底湖の水が噴き出すように溢れ出す。

「出てきたぞ。銀色だ」
「やったの。銀スライムなの」
「銀スライムなのはいいが、でかいぞ」
「お嬢様のため、倒すしかないだろう」

 アイスがスライムに駆け寄り、剣を一閃した。
「ぐ。重いな」
 アイスの剣はスライムに食い込み、普通のスライムのように、両断することは出来なかった。
「なら、こうだ」
 アイスはスライムに剣を力任せに突き刺す。
「これでも核まで届かないか」
 スライムはウネウネ動いて、アイスに迫りくる。

「どいてなの!」
 レイニィの叫びに、アイスが飛び退く。

「貫くの!」

 レイニィの放った水針が、スライムの核を貫く。
 巨大な銀スライムが徐々に崩れていく。

「やったの。気圧計の材料ゲットなの」
「喜ぶところは、銀スライムを倒したところでなく、気圧計の材料が手に入った事なのだな。レイニィらしいな」
「お嬢様。やりましたね。それに比べて、俺はなんと不甲斐ない。スライムごときに遅れをとるとは」
「そんな事ないの」
「いえ、まだまだ、精進が足りないようです。訓練を倍にしないと」
「頑張るの」
「はい!」

 レイニィは水銀の代わりとなる、銀スライムを無事手に入れたのだった。

「重いの」
 レイニィが思わず愚痴をこぼす。
「お嬢様、ですから運ぶのは私たちだけで十分だと言いましたのに」
「そうだぞ、必要になればまた取りくればいいんだ。ちょうど地底湖の底に溜まったから、今度はそこから汲み上げるだけで済む」
「自分で使う分は、自分で運ぶの」

 倒した銀スライムを、壺に詰めて持ち帰ることにしたレイニィ達であったが、前回のRGBスライムと違い、銀スライムは非常に重かった。だからこそ、気圧計の材料になるのだが、鉄の塊を運んでいるようなものだ。僅かな量でも五歳児のレイニィには大変な負担だった。

 ある意味、銀スライムを見つけて倒すより、こちらの方が大事だった。

「遠足は家に帰るまでが遠足です」前世の記憶が、頭の中に浮かぶレイニィであった。


「異世界に転生したって『あたし、お天気キャスターになるの!』」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く