話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界に転生したって『あたし、お天気キャスターになるの!』

なつきコイン

第43話 銀スライムを探すの。

 レイニィ達は再びスライムの洞窟に来ていた。

「お嬢様が作ったこの照明は本当に便利ですね」
 レイニィは、あれからスライムを利用したい照明を、エルダと共に改良し、魔石を組み込んで、合計三本作成した。その内二本を、今まで松明を持っていた護衛が、その代わりに持つ事になった。そして、残りの一本をアイスが腰に携えていた。

「これなら両手が使えますからね。剣を振るにも邪魔にならないし。松明じゃこうはいきませんからね」
「それはよかったの。小さくすれば、頭に付けられるの」
「ああ、そうすれば、向いた方向に光がいくのですね。それはいいかも」
「どのみちガラスを作らんことには、話にならんか」
 エルダは昨日から透明なガラスのことで頭がいっぱいだった。

「でも先生、小さい物なら水晶でいけるかもなの。箱の一つの面に水晶を埋め込めば、箱に入れたスライムから、一方向にしか光が出ないけど、それでも十分なの」
「そうか、値は張るがそれだけの価値がありそうだな。場所によっては、一方向にしか光を出さない方がいいこともあるだろうしな」

 照明の方は好調であったが、銀(シルバー)スライム探索の方は、思うような成果がなかった。
 レイニィの能動探索(アクティブサーチ)で怪しげな所を重点的に調べていたが、未だ手がかりすら掴めないでいた。

「本当に銀スライムがいるのですかね」
「何年も前の目撃情報だからな。確実にいるとは言えんな」
「何年も前なのか、じゃあ、もういないかも知れないじゃないですか」
「倒したという話も、洞窟からスライムが溢れ出したという話もないからな。いるとは思うのだが・・・」
 エルダが言葉を濁す。その時、レイニィが声を上げた。

「何か怪しい所を見つけたの」
「怪しい?」
「行ってみればわかるの」

 レイニィはアイスに指示を出し、洞窟の中を進んだ。やがて一行は地底湖の畔に辿り着いた。

「地底湖があるな。こんなところにあったかな」
「この地底湖、この壁の向こうの空間と繋がってるの」
「通路が水で水没してしまったのか」
「この奥に、見なれない大きな反応があるの」
「なら俺が潜って確かめてきます」
「待つの。反応は、壁の向こうの空間にでななく、通路の途中にあるの」
「水の中で戦う事になるのはまずいな」
「じゃあ、どうする」
「魔法で引き摺り出してみるの」
「なら、出てきたところを倒せばいいですね」
「それじゃあいくの」

 レイニィは、魔力を込めて通路の中身を引き摺り出そうとしたが、うまくいかなかった。

「駄目なの。動かないの。少し引けてもまた戻っちゃうの」
「この先の空間が密閉空間なんじゃないか」
「そうかもなの」
「密閉空間だと問題なのか」
「空気が抜ける穴がないと引き出せない。そうだな。壺に水を満たして、桶の水の中で逆さにしても、壺の水は壺の中にあるだろ。そんな感じだ」
「そうなのか?」
「まあいい。兎に角、空気穴を開けなければ引き摺り出せない」
「この壁に穴を開けるのか。大丈夫か」

「穴を開けなくてもいい方法があるの」
「そんな方法があるのか」
「向こう側の空間の空気を温めるの」
「ああ、温度計と同じ原理か」
「そうなの」
「温度計?」
「空気は温めると膨張するんだ。それを利用する」
「膨張するんですか。へえー」
「じゃあ、やってみるの」

 レイニィは、魔力をこめて、壁の向こうの空間の温度を上げようとする。しかし、これもうまくいかなかった。

「駄目なの。反応がないの」
「壁が厚すぎて届かないか」
「そうじゃないの。空間があるのに空気が無い感じなの」
「真空状態ということか。そんな状態になるか?」
「通路に詰まってるのが銀スライムならあり得るの。自然の気圧計状態なの」
「気圧計。今回作ろうとしていたやつだな」
「そうなの」
「それで、これからどうするんだ」
「仕方がないから、壁に穴を開けるの」

 始めの案通り、結局壁に穴をあけることになった。


「異世界に転生したって『あたし、お天気キャスターになるの!』」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く