話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界に転生したって『あたし、お天気キャスターになるの!』

なつきコイン

第42話 RGBなの。

 三種類のスライムを持って帰ったレイニィは、次の日は洞窟には行かずにエルダの家で実験をする事にした。

「ううう。勿体無いけど、ガラスがないから、透明なアントの脚を使うの」
 レイニィは銀(シルバー)スライムが手に入ったら、すぐに気圧計が作れる様にと、持ってきていたアントの脚を、荷物から三本取り出した。

「それを使うのか」
「洞窟の中を歩くのに、これから作るものがあった方が便利なの。効率よく銀スライムを見つけるためなの。尊き犠牲なの」
「さっきから、言葉と裏原に身体が拒否している様だが、大丈夫か」
 レイニィはアントの脚を握ったまま、小刻みに震えたまま、次の動作に移ろうとしなかった。

「ううう。身体がいうことを訊かないの」
「どれ、貸してみろ。私が代わりにやってやろう」
「お願いしますなの」
「ほら、よこせ」
「はいなの」
「だから。よこせって」
「どうぞなの」
「なら、その手を離せ」
「離すの」
「だから、離せって。余計強く握ってるじゃないか。こうなれば力尽くで、ぐぬぬぬ」
「あ、駄目なの。割れるの」
「そう思うなら、サッサと離せ」
 エルダは力を込めてレイニィからアントの脚をうばいとった。
「ハア、ハア、ハア。子供のくせに随分力があるな」

「ううう。力尽くで、あたしの大切なものが奪われてしまったの。もう、お嫁にいけないの」
「人聞きの悪いことを言うな。それに、何故お嫁にいけなくなる」
「大事な嫁入り道具なの」
「気圧計がか。どんな嫁だ。まあ、この脚自体は高価だから、持参金にはなるな」
「持参金なんてとんでもないの。温度計、湿度計、気圧計は三種の神器なの」
「嫁入り道具を飛び越えて、神器ときたか。はいはい、その神器を作るために、これから作る物が必要なんだろ。サッサとやるぞ」

「わかったの。サッサとやるの。
 まず。アントの脚、管の片側を塞ぐの」
「塞ぐのか、取り敢えず粘土でいいか」
「次にスライムを管に注ぎ込むの」
「スライムを入れるんだな。よし、できた」
「管の反対側も塞ぐの」
「はいはい。粘土で塞いで」
「これを三種類とも同じ様に作るの」
「赤はできたから、後は緑と青だな」
 エルダは残りの二種類も作る。

「できたぞ。次はどうするんだ」
「これからは実験なの。三本を並べるの」
「並べる。こんな感じでいいか」
 エルダはテーブルの上に管を縦一列に並べた。
「そうじゃないの。横に並べるの」
「ああ、はいはい。これでいいか」
 エルダは横に並べ直す。

「それでいいの。後は、魔力を込めるの」
「三色に光るだけだが、これでいいのか」
「これでいいの。上を見るの」
「上?天井に何か。・・・。照らされてるな。赤でも緑でも青でもなく、白色で」
「ここまでは成功なの」
「これはびっくりだな。三色を合わせると白色になるのだな。この後はどうするんだ」
「後は、三種類の光の強さをそれぞれに変えてみるの」
「おー。色々な色が出せるのだな。これは綺麗だな」
「これを小さくして、たくさん並べれば、動く絵ができるの」
「動く絵だと。想像がつかんが、見てみたいな」
「それが出来る様になるまでには随分掛かるの」
「そうか、それは残念。いや、将来が楽しみか。ところで、そうなると、何が洞窟で役立つんだ」
「松明の代わりになるの」
「ああ、そうだな。松明よりは便利そうだ。だが、三本に分かれていたら持ち難いぞ」
「だから、一本にまとめられないか試してみるの」

 レイニィは一旦、スライムを管から取り出すと、別の容器を用意して、三種類を混ぜ始めた。

「何か黒っぽく汚い色になったが大丈夫なのか」
「わからないの」
「わからないって」
「わからないからこその実験なの」
「まあ、そうだな。これをまた管に詰めればいいのか」
「そうなの」

 黒っぽく汚いスライムが入った管が出来ると、レイニィは魔力を込めた。管からは綺麗な白色光が放された。

「成功なの」
「これなら持つにも困らないし、熱くないのだな。火傷する心配もない。魔石を組み込んでやれば誰でも使える。立派な魔道具だ。これは売れるぞ」
「駄目なの」
「何でだ、こんな便利な物、みんなに使ってもらった方がいいだろう」
「透明な管がないの」
「あー。そうだったな」

 エルダは、昨日レイニィが叫んでいた「ガラスがないの」と言う言葉を思い出し、同じことを叫びたくなったのだった。


「異世界に転生したって『あたし、お天気キャスターになるの!』」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く