話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界に転生したって『あたし、お天気キャスターになるの!』

なつきコイン

第38話 星見人と会うの。

 エルダはミディアの家の下に着くと、大声で木の上の小屋に向かって叫んだ。
「ミディアいるか」

 少しすると小屋の扉が開いて、エルフの少女が顔を出した。
「エルダ、あんたね。面倒くさがらないで上がって来てから呼び掛けなさいよ」
「だって、もし留守なら無駄足だろ」
「はー。全く。それよりあんた、また無駄に「女神様のお恵」を落としたわね」
「女神様のお恵?」
「ゴミのことよ」
「ゴミって言うな。あら、その子誰」
「レイニィなの」
「まあ、レイニィというの。私はミディアよ。ちょっと待っててね」

 そう言うと、ミディアはスルスルと梯子を降りて来た。

「レイニィちゃんは可愛いわね。何歳かな」
「五歳なの」
「そう。何か食べる。飴ちゃんあげようか」
「飴ちゃん?」
(このエルフ、大阪のおばちゃんか。でも、飴は欲しいかも)
「お嬢様、知らない人に飴ちゃんあげると言われても、着いていったら駄目ですよ」
(はっ。そうだった。こちらの世界は甘い物が少ないから、思わず気を惹かれてしまった)

「ミディア、幼女を餌付けしようとしないで」
「エルダこそ、この子どうしたのよ。さらって来たんじゃないでしょうね」
「レイニィは今の教え子よ。銀スライムを狩に来たの」
「こんな小さい子に、スライム狩りなんて危ないでしょ」
「レイニィなら大丈夫よ。来る途中も二人で大熊(グレートベア)を倒して来たし」
「エルダ、それで「女神様のお恵」を落としたのね。自分の格好良いところを見せて、その子の気を引こうとしたんでしょ」
「ううん。違うの。あたしが大熊も呼び寄せちゃったの」
「まあ、そうなの。レイニィちゃんの可愛さを見たら、大熊も寄って来るわよね」
「そういうわけで、ゴミを落としたのは仕方がなくだ」
「だから、ゴミって言うな」

 その後レイニィ達は、ミディアの強い勧めで、ミディアの小屋に上がり、お茶をいただいていた。

「ミディアの職(ジョブ)は、星見人で、星の動きから未来を予測する事を仕事にしているんだ」
「占い師なの?」
(星座はなくても星占いはあるのか)

「星見人は、占い師じゃないわよ。ちゃんと軌道計算に基づいた予測よ。だから、無闇に軌道を変えられると再計算が大変なのよ」
「あんな小さなゴミ一つ、大した影響ないだろう」
「その一つが、他に影響を与えて、連鎖的に大きく変わってきてしまうのよ」

「星の動きが、未来に影響するものなの?」
「星の動きによって、太陽の活動が活発になったり、衰えたりするのよ。それによって地上に降り注ぐ、魔力も日射量も変わって来るの。影響が出て不思議じゃないでしょ」
「確かにそうなの。日射量は大事なの」
「レイニィちゃんはわかってくれたんだ。ありがとう」

「でもな。女神様がゴミを追加する度に、軌道計算やり直しで、結果が変わっちゃうだろ。当てにならないだろう」
「何事にも、イレギュラーは存在するものなの」
「そうよ。そうよね。レイニィちゃん」
「完璧なんてものはないの。それでも、予測を立てて、伝えていかなければいけないの」

 レイニィにしてみれば、ミディアのしていることは、天気予報に通じるものを感じた。そのため、ミディアにシンパシーを感じていたのだ。

「レイニィは随分、ミディアの肩を持つな」
「あたしとミディアさんは同士なの」
「レイニィちゃん。ありがとう」

 ミディアはレイニィに抱き付いて、お礼を言ったのだった。


「異世界に転生したって『あたし、お天気キャスターになるの!』」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く