話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界に転生したって『あたし、お天気キャスターになるの!』

なつきコイン

第37話 北の森に着いたの。

 首都シャインを出発して六日目、予定より一日遅れでレイニィ達は北の森に到着した。

「北の森に着いたぞ」
「エルフの里はどこなの」
「うーん。そうだな。あの辺りからがそうかな。ほら、最初の家が見えて来たぞ」
 エルダの指差す方を見ると、木の上に小屋が乗っていた。

「あれがエルフの家なの。秘密基地みたいなの」
「秘密基地?まあ、エルフの里以外では余り見掛けんからな」

 その後も、森の中を馬車で進むと、ポツリ、ポツリと木の上の小屋が見つかった。
 エルフの里といっても、集落があるわけではなく、森の広い範囲にわたって、木の上の小屋が見掛けられるものだった。

「みんな家が小さいの」
「まあ、木の上に作っているからな。そんなに大きくは出来ない。それに、基本一人暮らし、多くても夫婦と子供一人の三人だからな。そんなに広い家も要らないのさ」

 寿命が長いエルフは、子供を育てる時しか男女で一緒に暮らさない。子供も成人して独り立ちするまでは、一人しか設けない。子供が成人した後は、また男女別々に暮らし、次に子供を設けるのは、前と違う相手との間であることが普通である。
 そのため、親戚関係は非常に複雑で、ある意味、皆んな兄弟の様なものであった。
 森全体が一つの家で、小屋が一人一人の部屋ともいえる状態だった。

「あれ、エルダじゃないか、いつ戻ったんだ」
 馬車でゆっくり森の中を進んでいると、狩の帰りだろうか、弓矢と獲物が入った袋を背に、騎乗したエルフの青年が近付いて来た。

「ウェルダ。今戻って来たところよ」
「今回は、随分と戻るのが早かったじゃないか」
「銀スライムを狩に少し戻っただけよ」
「銀スライム?あんなもの何にするんだ」
「必要としているのはこの子よ。気圧計?を作るんだって」

「その子が噂の大魔術師か。確か、お前の従姉のひ孫の姪だっていう」
「違うわよ確か、大叔母の姪の孫の従妹の玄孫よ」
 エルフの親戚関係は非常に複雑だ。

「レイニィなの。よろしくなの」
「おう、よろしくな。元気のいい、お嬢さんだな」
「そうよ。来る途中も大熊(グレートベア)を相手にしてたんだから」
「あれは、先生が隕石落として倒したの」
「大熊を倒したのか、それは凄いな」
「そうでしょう。凄いでしょう」

「しかし、やっぱりエルダが星を落としたのか。ミディアが騒いでたぞ。途中、顔を出していけよ」
「えー。面倒くさいな」
「帰って来たことが知れれば、押し掛けられるぞ」
「そっちの方が面倒か。わかったわ。途中寄ってみる」
「そうしておけ」

 話が終わるとウェルダは、ウマを飛ばして先に行ってしまった。

「先生、ミディアさんに会うの」
「そういう事になったな」
「隕石落としたらまずかったの」
「そんな事ないさ。ミディアが細かいだけさ」
「そうなの。必要なら一緒に謝るの」
「少し文句を言われるだろうけど、心配ないさ」

 レイニィ達はエルダの家に行く前に、ミディアのところに寄ることとなった。


「異世界に転生したって『あたし、お天気キャスターになるの!』」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く