話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界に転生したって『あたし、お天気キャスターになるの!』

なつきコイン

第35話 星空を見るの。

 大熊(グレートベアー)を撃退したレイニィ達であったが、エルダのメテオインパクトで出来たクレーターを埋め戻すのに時間がかかり、夜までに次の村まで辿り着けそうになかった。そのため、その場で野営して、夜を越すことになった。

 夕食は、爆散してしまった、大熊の肉を食べることができた。ただ焼いただけであったが、美味しかった。
 肉以外にも、魔石や胆嚢など、使える部分を護衛の人たちが探して集めていた。後で換金すればかなりの金額になるだろうとのことだった。

 夕食の後、他の者が焚き火を囲んでいる中、レイニィは少し離れて一人で夜空を見上げていた。
 レイニィは野営をするのは始めてだったし、屋敷にいた時も夜外に出ることはなかった。基本、良い子は早寝早起きである。
 そのため、こうして夜空をゆっくりと眺めるのは初めてだった。

「不思議、星がすき勝手に動いているわ。これでは、星座などあったものではないわね」
 夜空に煌く星を見ながらレイニィは独り言を言う。

「レイニィ、何してるの」
「先生、目を覚ましたの。よかったの。星を眺めてたの」
 メテオインパクトを使った後、眠っていたエルダであったが、目を覚まして、馬車から出て来たところで、一人でいるレイニィを見つけてやって来た。

「そう。ところで、星座てなに?」
「星をつなぎ合わせて絵を描くの」
「なるほど、夜の暇つぶしには良い遊びだな」
「だけど、星が勝手に動いちゃうの。不思議なの」
「レイニィは星が動くのを知らなかったか。星は一か所にある様に見えて、ゆっくり動いているんだ。この世界の周りを回っているんだぞ。太陽と同じだ」
 レイニィが不思議に思っていたのは、星が同じ方向に回っているのでなく、それぞれが、すきな方向に動いているからだったが、この世界ではそれが当たり前なのだろうと思い、それを口には出さなかった。
 それに、やはり天動説が一般的だったようだ。

「あの一つを落としたの」
「あの光ってるのを落としたら、この国がなくなってしまうぞ。私が落としたのは、ここからは見えないくらいの小さなゴミだ」
「ゴミなの」
「空の彼方には星だけでなく、大小沢山のゴミも浮いているんだ。
 それらが集まって、燃え出したのが太陽だ。
 太陽が燃えるための燃料は、それらのゴミで、時々は光っている星も太陽に飲み込まれて燃料になる。
 そんな時は、太陽が燃え盛り、降り注がれる魔力の量が多くなるんだ」

(太陽フレアの様なものか。ファンタジーな世界なのに、それなりの理論があるんだな。見えてる星も全部が衛星だと考えれば、自由に動いていても不思議ではないのか。地球でもよく見れば人工衛星が勝手に飛んでいたんだろうし)

「ゴミが無くなってしまう事はないの」
「諸説あるが、異世界から来るらしい」
「異世界から来るんだ。(あの穴から色々落ちて来るのね)納得なの」

 実際には、第七界から落ちて来た物のうち、要らない物が、天界と世界の隙間にある空間に捨てられている。女神による不法投棄だ。正しくゴミ。スペースデブリである。

「さあ、そろそろ子供は寝る時間だぞ。馬車へお行き」
「はいなの。おやすみなの」

 レイニィは馬車の中で、この世界の仕組みに想いを馳せ、それが天気にどう影響するのか考えながら、眠りについたのだった。


「異世界に転生したって『あたし、お天気キャスターになるの!』」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く