話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界に転生したって『あたし、お天気キャスターになるの!』

なつきコイン

第28話 温度計に目盛りを付けるの。

 レイニィは念願の温度計を完成させた。
「これで完成なのか」
 エルダが、完成した温度計を興味深げにいろいろな方向から眺めながら、レイニィに聞く。
「そうなの。暑くなると管の中の油が上に上がって、寒くなると下がるの」
「ふーん。で、目盛というのはどうするんだ」
「そうだ、お姉ちゃん、桶と水が必要なの」
「桶はあるけど、これだけの水は汲んでこないとないわ」
「じゃあ汲んでくるの」
「ちょい待ち」
 水を汲みに部屋を出て行こうとしたレイニィをエルダが止めた。

「先生、何なの」
「丁度いいから魔術の練習だ。水魔法で水を出してみろ」
「この桶いっぱい?いくらレイニィでも無理じゃないかしら」
「うーん。頑張ってやってみるの」
「やり過ぎるなよ」
「頑張って、レイニィ」

 姉の応援を受け、レイニィは桶の上に手をかざし集中した。
(水を出すには・・・。空気中の水蒸気を結露させるのが一番簡単かな。なら空気を冷やしてっと)

「レイニィ、凄いわ、水滴が落ち始めたわよ」
「おお、流石だな。一回で成功するとは。だが、これじゃあ桶一杯になるのに随分かかるぞ」

(そうだ、この部屋の中全体の水蒸気だけでは桶一杯にするのは無理だろう。なら、外の空気も持ってきて、循環させればいいか)

「あら、なに?風が吹いてきたわ」
「おー。水の出来る速度が上がったな。これならすぐ一杯になるぞ」

 桶の八分目まで水が溜まったところでレイニィは魔法を使うのをやめた。
「こんなものでいいの」
「それで、これをどうするんだ」
「これを先ず、氷水にするの」
「今時、氷なんてないわよ」
「それは、魔法でどうにかなると思うの」
「氷魔法も使えるのか」
「やってみないとわからないけど、出来ると思うの」

 レイニィは再び桶に手をかざし集中した。
(水の温度を下げる。空気と同じ要領で、魔力を引き抜いて、エネルギー量を下げて、分子の動きを鈍くする)

「まあ、水の表面が凍ってきたわ。凄い凄い」
「もう、私の教える事ないんじゃないか」

 桶の水の表面が凍ったところで、温度計を桶の氷水に浸ける。
「なるほど、管の油が下がってきているな」
「氷水に浸けて下がり切ったところが、零度と決めるの」
「零度以下はないのか」
「氷水の間は変わらないの。完全に凍りつけばもっと下がっていくの」
「そうなんだ」

「零度が決まったら、次に百度を決めるの」
「どうやって決めるんだ」
「水を沸騰させるの。それが百度なの」

 レイニィは魔法で桶の水を熱して沸騰させる。
「上げ下げ自由か。これなら火魔法もすぐ出来るだろ」
「お湯がすぐ沸かせるなんて便利ね」

「油が上がり切ったな。この位置が百度か」
「後は、等分に目盛を振ればいいの」

 温度計を桶から出し、目盛りを振ると、部屋のテーブルの上に置いた。

「それで、今の温度は二十五度ということか」
 完成した温度計をエルダが読み上げる。
「空気の温度は気温というの。気温二十五度、夏日なの」
「夏日?」
「二十五度で夏日、三十度で真夏日、三十五度で猛暑日なの。
 真夏日になると暑さで体調が悪くなる人が増えてくるの。そして、猛暑日では外で活動するのは危険なの」
「なるほどな。これを見れば注意できるんだ」
「そうなの。それに、寒い時は雪になるか雨になるか目安になるの」
「雪と雨では大違いですものね。それは助かるわ」

 温度計は二人に好評であった。
 気を良くしたレイニィは、もう一つ作って、ミスティにプレゼントしたのであった。


「異世界に転生したって『あたし、お天気キャスターになるの!』」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く