話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界に転生したって『あたし、お天気キャスターになるの!』

なつきコイン

第26話 先生にばれるの。

 レイニィは自重なしに風魔法を使って、辺りに天災級の被害をもたらした。
「あ、ごめんなさい。つい、楽しくなって、我を忘れていたわ。じゃない、忘れてたの」
「今更、ブリッコしても駄目だぞ。ダウンバーストとかガストフロントって何だ」
「ダウンバーストっていうにはね。上昇気流で支えられていた冷たい空気の塊が、上昇気流がなくなって一気に落ちて来ることだよ」
「言葉の意味を聞いたのではない。その知識、どこで手に入れた」
「・・・」
 レイニィは焦っていた。どうやって誤魔化そうかと。だが、この状況で、誤魔化す方法などない。
 だが、そこに助けの手が入った。何事かと屋敷の者達が見に来たのである。

「どうしたんだこれは」
 ゲイルが更地状態になってしまった裏山を見渡して聞いた。
「ごめんなさいなの。魔法の練習が楽しくて、やり過ぎちゃったの」
「レイニィがやったのか。でもこれは、災害級じゃないか」
「竜巻とか出してましたから、正に災害ですね」
 エルダがゲイルに状況を報告する。

「ごめんなさいなの」
「まあ、被害がここだけならいい。それより、レイニィは平気なのか。怪我とかしてないか」
「うん、大丈夫なの」
「そうか、それはよかった。でも、いつ怪我をしてもおかしくなかったんだぞ。こんな危ない魔法は使っちゃ駄目だぞ」
「はい、わかったの」
「わかればよし。それじゃあ屋敷に戻ろう」
 ゲイルはレイニィを抱き上げて屋敷に戻っていった。

「しかし凄いな。これが大魔術師の実力か」
「レイニィはお天気キャスターを目指しているそうよ」
 呆れた様子のドライにミスティが声を掛ける。

「お天気キャスター?何だいそれ」
「さあ。詳しくは聞いてないから。私が考えるに、大魔術師の上じゃないかしら」
「おいおい、大魔術師は上級職だぞ。その上があるのか」
「でも、レイニィは仮職(プレジョブ)が大魔術師よ。努力次第でその上に行ける可能性がないとはいえないわ」
「それはそうかも知れないが」
「それに、レイニィは女神の加護で私達の知らない知識を得てるのよ」
「なに、それは本当か」
 ミスティの言葉に、姉弟の話を聞いていたエルダが飛び付いた。

「エルダさん。ええ、レイニィがそう言っていたわ」
「そうか、女神の加護で得た知識なのか・・・」
「その知識で色んな物を作っているわ。風向風速計だとか湿度計だとか」
「そう言えば、温度計?の材料に必要だとアントを狩りに行ったんだったな。温度計?はできたのか」
 ドライは名前だけ聞いて、どんな物かわからなかったが、レイニィがそれを凄く作りたがっていたのを思い出した。

「まだみたい。あの後バタバタしてたから」
「温度計とは何だ」
 エルダも温度計を知らなかった。というか、この世界、温度という言葉がなかった。
「暑いとか寒いとかを測る道具みたいですよ」
「暑いとか寒いとかが温度なのだな」
「多分。詳しくはレイニィに聞いてください」
「ああ、そうだな。そうするか」

(女神の加護による知識が、レイニィの魔術のイメージに影響しているのは間違いない。新しい知識。これは詳しく教えてもらわねば。それに他にも隠していることがある様子だが)

 人の何倍も生きてきたエルダにとって、新たな知識を得る事は掛け替えのない事だった。
 レイニィの元に来て正解だったとエルダは思った。


「異世界に転生したって『あたし、お天気キャスターになるの!』」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く