話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界に転生したって『あたし、お天気キャスターになるの!』

なつきコイン

第25話 風魔法楽しいの。

 午前中、土魔法を習得できたので、お昼を食べて、午後からは風魔法である。
 レイニィの規格外さをわかってきたエルダは、最初から屋外で訓練をする事とした。
「昨日も話しましたが、風魔法は空気を動かす。空気とは何もない様に思うかもしれないが、実際には空気という物がここにあるのだ。それをいかにイメージするかが成功の鍵になる」

 レイニィは黙って聞いていたが、前世の記憶があるレイニィにとっては、空気をイメージする事は簡単なことであった。寧ろ、エルダよりしっかり理解しているだろう。
 特に、レイニィはお天気キャスターになりたくて、気象予報士の試験を受けていたほどだ。たとえ合格できていなかったとしても、空気の流れに関する見識は、一般人の比ではない。

「では、先ずは、あの木の葉を風で揺らしてみよう」
「はい、いくの」

 レイニィは木の葉に向けて手をかざし、魔力を込めていく。
(空気は、窒素と酸素とその他の気体の集まり。この分子を土魔法と同じ要領で魔力を使って動かす)
 そよ風が吹いて、木の葉が揺れた。
「成功だな。それではもう少し強くしてみようか」
 エルダはレイニィがいきなりやらかして、木を根こそぎなぎ倒さなかったことに安堵した。一方、レイニィはその結果に不満だった。

(分子レベルで動かそうとしたのが不味かったかしら。分子千個を動かしても、風としては、たかが知れているものね。
 やはり風といえば気圧差よね。上昇気流と下降気流によって気圧差が生じるのだから、上昇気流を作るには温度を上げて、下降気流を作るには温度を下げればいいわけよね。
 温度を上げるには分子運動を早めればいい。そのためには、エネルギーである魔力を与えてやればいいはず。逆に温度を下げるのには、魔力を奪えばいいのよね。
 うん。大丈夫、しっかりイメージできた)

「もう一度、いくの」

 レイニィは先程のイメージで魔法を放つ。今度は、突風が吹き、木を根本から大きく揺らした。

(うん、やっぱりこのイメージだわ)
「やったの」
「やったの、じゃないぞ。いきなり強くしすぎだ」
エルダは風になびく髪の毛を押さえながらレイニィの注意する。

「まだまだ強く出来るの」
「まだ強く出来るのか」
「試してみたいの」

エルダはレイニィがどこまでの魔法を使えるか興味があった。
「この林は既に酷い有様だし、ここでなら試してみてもいいか」
「やったの」

 レイニィは喜んで色々と風魔法を試した。前世の気象の知識を使って、自重なしに。

「旋風」
「真空斬り」
「竜巻」
「ダウンバースト」
「ガストフロント」

「あはははは。楽しいー」
 レイニィは嬉しくてハイテンションだ。次々に風魔法を放っていく。

 一部、 気象以外の知識もあった様だが、その威力は絶大だった。

「おいおい、いくら試していいと言ってもやりすぎだ。林が更地状態じゃないか」
 大木が全て薙ぎ倒され、折れた枝が空を舞っていた。

 正に、自然災害。神罰に匹敵するような天災だった。


「異世界に転生したって『あたし、お天気キャスターになるの!』」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く