話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界に転生したって『あたし、お天気キャスターになるの!』

なつきコイン

第16話 アント狩りから帰るの。

アントの巣穴から無事脱出したレイニィ達は、改めてアイスの火傷の治療をしていた。
「アイス。大丈夫なの」
「これぐらい大したことはありませんよ、お嬢様。アイスにすればお嬢様を助けた名誉の負傷ですから、勲章のような物です」
治療にあたっていたスノウィが治療を終えアイスの背中を叩く。
「はい終わり」
「あ痛。ちょっとは優しくしろよ」

「アイス。やっぱり痛むの」
「いえ、少し赤く腫れているだけです。大したことはありません。これも、お嬢様が助けてくれたお陰です」
「助けてもらったのはこっちの方なの。アイスが庇ってくれなかったら、火傷していたのはあたしだったの」

「そうだ、アイス。よくレイニィを庇ってくれた。感謝する」
「ドライ様。護衛として当然のことをしたまでです。頭を下げていただく必要はございません」
「いや、元はといえば、俺が穴に落ちたせいだ。すまなかった」
「それならあたしが一人で先に行ったのが最初なの。ごめんなさいなの」
「いえ、お二方ともわるくありませんから、頭をあげてください。それより、レイニィ様のあれは魔法ですか」

「えー。そうなのかな。魔術はこれから習うことになってるけど、自分でもわからないの」
「レイニィは仮ジョブが大魔術師だからな。咄嗟に魔法が使えても不思議ではない」
「そうか、あれが魔法か。雷みたいなのがババーンって出たの」
「おい、こらこっちに向けるな」
レイニィはドライの方に、魔法を放った時と同じように手を向けている。

「大丈夫なの。お兄ちゃんに向けて魔法は使わないの」
「本当に大丈夫なんだろうな」

「しかし、あれを見たら大魔術師というのも肯けます。将来が楽しみですね」
「そんなことより、早く屋敷に帰るの」
「何だ、家が恋しくなったか。今夜は村に一泊だぞ」
「違うの。早く帰って、アントの脚で温度計を作るの」
「ああ、それが目的だったな。明日の朝は早めに出発しよう」
「やった」

「ドライ様は、本当にレイニィ様に甘いですね」
「あんな可愛い妹なら当然だろ」
「まあ、そうですね」
巨大なクィーンアントに襲われた事などどこ吹く風といった、ほのぼのとした空気が漂うのだった。

村の宿では、おかみさんが巨大なクィーンアントンにびっくりしていた。
「まだこんな大物が残ってたんだね。あんた達、怪我は無かったのかい。見かけによらず強いんだね」
「あはは。妹が一撃で仕留めましたからね」
「その可愛い子がかい。何の冗談だい」
「あたしが仕留めたの。あたし強いの」
「ああ、はいはい。お嬢さんは強いんだね。凄いわね」
おかみさんは、子供を喜ばせるための冗談だと思った。

「冗談ではないんだがな」
ドライはおかみさんに聞こえないようにぼそりと呟いた。

翌朝、レイニィ達はドライの宣言通り早い時間に村を出発し、昼過ぎには港町ライズにある屋敷に到着した。

レイニィは早速、温度計の作成に取り掛かろうとしたが、巨大なクィーンアントンとレイニィの魔法のことで、慌ただしくなり、それどころではなくなってしまった。

お預け喰らったレイニィは膨れっ面だった。
膨れっ面のレイニィも、それはそれで可愛ものだった。


「異世界に転生したって『あたし、お天気キャスターになるの!』」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く