話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界に転生したって『あたし、お天気キャスターになるの!』

なつきコイン

第14話 アント狩りに行くの。

 レイニィ達は温度計用に透明な管を得るため、透明なアントを狩るべく馬車で屋敷を早朝に出発した。
 同乗するのは、レイニィ、次男で兄のドライ、侍女のスノウィ、護衛のアイス。他に御者と、騎乗した護衛が四人であった。
 目的の小山までは馬車ならお昼過ぎに着く予定だ。

「お兄ちゃん、お昼はどうするの」
「アントがいる小山の近くに小さな村がある。今夜はその村の宿に泊まる予定だから、先に宿をとってそこでお昼にしよう」
「何か美味しいものがあるといいの」
「レイニィは食いしん坊だな」
「食いしん坊じゃないもん。美食家なの」
「そうか、美食家か。俺は、質より量だけどな」
「食いしん坊なのは、お兄ちゃんの方なの」
「ははは。そうだな」

 そんなに穏やかな会話をしているうちに、予定通り、目的の村に到着した。
 そこで宿をとり、昼食にする。
 鳥肉を焼いて、トマトソースを絡めた物に、パンが出てきた。マッシュポテトも添えられていた。

「お兄さん方はこの村に用があるのかい」
 恰幅の良い店のおかみさんが話しかけてきた。
「この近くの小山に透明なアントが出ると聞いて狩りに来たんだ」
「そうかい、それは残念だったね。透明なアントは先週狩り尽くされたという話だよ」
「えー。もういないの」
「先週までは人が沢山来て狩ってたけれど、今週になってからまったく獲物が見られなくなってね。狩り尽くしてしまっただろうってことで、人も来なくなったんだよ」
「そうですか。でもせっかくここまで来たので、一応確認してきます」
「まあそうだね。自分で確認した方が納得いくだろうし、もしかしたら一匹ぐらいいるかもしれないからね」
「それじゃあ行って来ます」

 昼食を食べ終わると馬車と御者を村に残して、他の者達で馬に二人乗りし、小山に向かった。
 小山までは馬で行けば三十分もかからなかった。草原の真ん中に小高い赤土の山ができていた。
 近づいてみれば、所々、五歳児のレイニィなら潜れるくらいの穴が開いていた。

「ここがアントの巣なの」
「そうだな。話によると全部狩り尽くしてしまったようだが」
「山の周りを一回りしてみるの」
「そうだな。よし、お前達二人はこの穴を見張っていてくれ、他の者達で山の周りを回ってみよう」

 アイスを先頭に山の周りを巡る。途中、レイニィが山の中腹に他より大きな穴を見つけた。
「あんな所に大きな穴が開いてるの。行ってみるの」
「あ、駄目です。レイニィ様、一人で先に行かれては」
「こらレイニィ、待ちなさい」
「お嬢様、危ないですよ」
 レイニィが周りの制止も省みず走り出した。

「うわー。これなら中に入れそうなの」
 レイニィは大穴を覗き込んだ。穴は下に向かって続いていた。
 そこに、ドライとアイスが追いついた。
「こら、レイニィ、駄目だろ一人で先に行ったら」
「そうですよ。何もいないと決まったわけではないのですから」
「ごめんなさいなの」
「わかればいい。しかし、この穴は中に入れそうだな」
「ドライ様も駄目ですよ。中に入るのは危険すぎます」
「心配するな、少し覗くだけだ。うわー」
「お兄ちゃん!」
「ドライ様!!」
 ドライの足元が崩れ、穴に滑り落ちた。助けようとしたレイニィとアイスも一緒だ。そのまま穴の底まで滑り降りてしまった。


「異世界に転生したって『あたし、お天気キャスターになるの!』」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く