話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界に転生したって『あたし、お天気キャスターになるの!』

なつきコイン

第8話 侍女に相談するの。

レイニィは教会からの屋敷に戻ると、姉たちの祝福を受けたが、疲れたからと早々に辞退し、自分の部屋で考え事をしていた。
女神の加護についてだ。

前世の記憶(異世界)

神からの封筒を受けた時、仮職(プレジョブ)と同時に女神の加護も授かった。
その時は何の違和感もなく前世の記憶を受け入れた。だが、余りにもの違和感のなさに逆に心配になってしまう。前世の元少女の記憶がレイニィを乗っ取ってしまったのではないかと。今の私は、あの優しい家族が愛しているレイニィではないのではないかと。
女神の加護のことを家族にも話していないのはそのためだ。愛する家族から、お前はレイニィではないと言われるのが怖いのだ。

家族には相談できない。だが、一人で悩んでいても堂々巡りだ。

「レイニィお嬢様、何かお悩みですか」
侍女のスノウィがそっとお茶を差し出しながら、レイニィに尋ねる。
レイニィはちょっと驚いた。
(顔に出ていただろうか)
そして、少し考えてから、一人で悩んでいても解決しないと思い、スノウィに相談することにした。

「家族には内緒にして置いて欲しいのだけど、いいかしら」
五歳児にしては不釣り合いな喋り方に眉を潜めるがスノウィは頷いた。
「勿論、お嬢様が喋るなと仰るなら誰にも喋りません」
「そう、ありがとう。実はこれをどうしようか悩んでいるの」
そう言って、封筒から便箋を取り出し、女神の加護が記された便箋の二枚目をスノウィに渡した。

スノウィはそれを受け取り、見る前に確認する。
「ご家族にも見せていないのに、私が目を通してもよろしいのでしょうか」
「スノウィ以外に見せられる人を思いつけないわ」
「分かりました。拝見させていただきます」
スノウィは便箋に目を落とす。
「これは」
思わず片手で口元を押さえてしまう。

「お嬢様、これは大変なことですよ」
「そうでしょう。だからどうしようかと思って」
「女神の加護が三つも授かるなんて、前代未聞ですよ」
「え、そこ。私が悩んでいるのはその内容なんだけれど」
「内容ですか。どれも素晴らしいものに思えますが」

「私から見ればどれも問題だらけよ。特に問題なのが、一番上の前世の記憶よ」
「何が問題なのです。その大人びた喋り方もその加護のおかげですか。もしかして、可愛げがない喋り方だと心配しているのですか。大丈夫ですよ。寧ろ、小さい子供が無理して背伸びしているように見えて可愛らしいですよ」
「いや、そういうことを言いたいのではなくて、自分が今までの自分でなくなったというか、レイニィでなく、前世の自分になってしまったというか、もしこんなことが知られたら、家族から、家族と見られないのではないかと」
「大丈夫ですよ。レイニィ様は、前世の記憶があったとしても、変わらずレイニィ様ですよ。ご家族もきっと気にしませんよ」
「そうかな」
「そうですとも。心配要りませんよ」
スノウィはそっとレイニィを抱き寄せる。

「そんな事より、お嬢様の前世は異世界人なんですね。どういった経緯でこちらの世界に来たのですか」
レイニィはこの際なので、転生するまでの経緯を詳しく説明した。
「そんなことがあるんですね。びっくりですけど、逆に、ジョブのことや加護の事などそれで納得です」

「という訳で、異世界の知識はあるけれど、この世界の常識はないのでよろしくね」
「わかりました。お任せください」
「ありがとう。じゃあ、手始めに文字を教えてくれるかな。試練を達成するために調べものをしたいけど、文字が読めないと不便でならないわ。
あれよね。全ての書物が神の文字で書かれている訳じゃないのよね」
「神の文字で書かれているものは、神から授かったものだけですから滅多にありませんね。一般には共通文字が使われています」
「やっぱりそうなんだ。それで、共通文字はどんなもの」
「少しお待ちください。文字を覚えるための教科書をお持ちしますね」
スノウィは部屋を出ていった。

「はあー」
レイニィは長く息を吐きだした。少なくとも、スノウィには拒否されなかったことに安堵したのだ。だが、まだ家族に話すだけの勇気は持てなかった。

          

「異世界に転生したって『あたし、お天気キャスターになるの!』」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く