話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界に転生したって『あたし、お天気キャスターになるの!』

なつきコイン

第3話 転生することになりました。

「そうですか、凄い仕事ですね。それがお天気キャスターなのですね」
元少女の弾丸トークに、女神様は少し疲れ気味に、話を終わらせるべく相槌を打った。
「そうです。凄いでしょう。私はその仕事に就くために、気象予報士の試験を何度も受けたのですが、結局、合格することができませんでした」
「希少世放神ですか。その試験に合格した人は神になるのですか」
「そうです。その通りです。女神様はわかっていらっしゃる。気象予報士は神の存在なのです」
元少女にとって気象予報士は雲の上の存在。つまり、神だった。

「希少世放神にならないと、お天気キャスターにはなれないのですか」
「気象予報士でなくても、お天気キャスターにはなれますが、気象予報士になっているに越したことはありません」
元少女の言う「気象予報士」を、女神様は「希少世放神」と聞いている。世界に放たれた、数少ない神なのだと勘違いをしていた。

「凄いです。凄すぎて、成人している貴方には与えられません」
「え。・・・。希望の職(ジョブ)にしてくれるって言いましたよね」
「可能な限りと言いました」
「そんな」
「ただ、貴方がその職を得ることが全く不可能というわけではありません」
「可能なのですか」
「今の貴方では無理です。しかし、生まれかわって、子供からやり直せば可能です」
「転生ですか」
「そうです。第八界では、成人した時に誰でも職が与えられますが、それより前、五歳の時に仮職(プレジョブ)が与えられます。これは本人の適性や生活状態を勘案して、神がその者に適した職を提案するものです。併せて成人した時にその職を得るための試練も与えられます」
「その試練を達成すれば、仮が取れた正式な職となるとわけですね」
「そうです」
「試練を達成できなかった場合にはどうなりますか」
「その場合は、試練の達成度によって職が決められます。それとは逆に、試練以上の努力をすれば、仮職以上の職が与えられます。
例えば、騎士の仮職を与えられた者が、努力すれば聖騎士の様な上級職を与えられることがありますし。
努力しなければ、兵士の様な下級職が与えられることになります。
それと、仮職で与えられた以外の職を得ることも可能ですが、適性がありませんから、仮職が与えられた者以上の努力が必要になります」
「成る程」

「つまり、言いたいのは、仮職の間に努力しなければ、上級職は得られないということです。ましてや、希少世放神にならなければ得ることが難しい、お天気キャスターともなれば、それはきっと超上級職、簡単な試練では得られることはないでしょう」
「世の中そんなには甘くないというわけですね。お天気キャスターになれるかどうかは自分の努力次第。そのために子供からやり直せということですね」
「そうです。ただ、貴方は第七界の人間ですので、もし、第七界の技術をこちらで広めていただけるのなら、試練の助けになる女神の加護を与えましょう」

女神の提案に元少女は一瞬驚いた。
チートは無いと言っていたのに、チートをくれると言う。少し怪しんだが、直ぐに加護をもらおうと考え直した。
今まで散々努力してきたのに、お天気キャスターにはなれなかった。なら、転生したとしても、普通に努力しただけでは、また、なれないかもしれない。ならば、女神様の加護はあった方がいい。

だが、ここで、元少女はふとした疑問が浮かんだ。
転生した場合に記憶は引き継がれるのだろうか。
引き継がれなければ、元の世界の技術をこちらに伝えることは出来ない。そう考えれば、記憶は引き継がれるのだろうが、もし引き継がれない場合、転生した私は、果たして私なのだろうか。
心配になった元少女は女神様に確認することにした。

「女神様、転生した場合、記憶はどうなりますか」
「転生した場合は、記憶は消えますが、問題ありません。加護の一つとして記憶を書き戻します」
「加護はいつ与えられるのですか」
「仮職と一緒に、五歳の時ですね」

元少女は考える。赤ん坊の時に記憶が有っても役には立たないだろう。むしろ恥ずかしいだけな気もする。なら、五歳で記憶が戻るのは適当なところではないだろうか。
記憶が戻った時に混乱しそうな気もするが、その辺はなるようにしかならないだろう。

結局、元少女はお天気キャスターになりたくて、転生することに決めた。

女神は元少女を転生させた。

しかし、女神は悩んでいた。
キャスターって何だろう。
元少女の説明から凄いものだとはわかったが、今一つ理解できなかった。お天気と小さな車輪(キャスター)のイメージがうまく繋ぎ合わなかった。

仕方がないので女神は他の神に聞いてみた。
「第七界から落ちてきた者に、なりたい職を聞いたら、キャスターと言われたのだけれども、なんだかわかる」
「なりたい職を聞いて、キャスターと答えたなら、それは多分魔術士のことだよ」
「ああ、魔術士のことなんだ。納得。どうもありがとう」
(天気を決められるほどの魔術士ということは、職として授けるのは「大魔術士」でいいわよね)

こうして、元少女の仮職は「大魔術士」と決まった。

          

「異世界に転生したって『あたし、お天気キャスターになるの!』」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く