話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界に転生したって『あたし、お天気キャスターになるの!』

なつきコイン

第1話 落ちました。

「よっこらせ」
その元少女はそんな掛け声と共に、マンションの防護柵を乗り越え屋上に出た。
掛け声が年寄り臭いのは、元少女が単なる少女ではなく「元」が付く所以である。自分の掛けた掛け声に、「歳はとりたくないものね」と、思わず苦笑いを浮かべてしまう元少女であった。

元少女が住むこの古びたマンションは、屋上に出る扉は当然鍵が掛けられていて、普段は屋上に出ることはできない。のであるが、背丈を超える防護柵を乗り越えて仕舞えば屋上に出ることができた。
元少女は少女だった時から、事あるごとにそれを行なっていた。
そう、事あるごとに、である。

最初に屋上に出たのはこのマンションに来てすぐのことであった。
元々は田舎に住んでいた元少女であったが、中学生の時に台風の大雨で自宅の裏山が崩れ、被災した。寝ていた時に自宅が土砂に押し流されて生き埋めになってしまったのだ。
幸い少女は二階に寝ていたためすぐに助けられて無事だったが、一階に寝ていた両親は残念ながら助からなかった。
保険金が下りたのでお金には困らなかったが、住む家が無くなってしまった。両親と暮らした思い出の土地であるため、建て直しも考えたが、いつまた裏山が崩れるかわからない土地に住む気にはなれず、仕方なく、都会に住む母方の祖母のマンションにお世話になることになった。
住み慣れた田舎を離れ、慣れない都会生活はストレスだった。祖母は優しく接してくれたが、それでも気を使う。ふと空を見上げると、田舎に比べて都会の空は狭かった。
「マンションの屋上なら空が見渡せるかしら」
中学生の少女は屋上への防護柵を軽々と乗り越えた。
こうしてマンションの屋上は、元少女の気晴らしの場所となった。

学校で田舎者といじめられた時。
彼氏にふられた時。
祖母が亡くなった時。
元少女はマンションの屋上に上がった。

祖母は元少女が大学生の時に亡くなった。心臓発作だった。
祖母のマンションは元少女が相続した。今はこの古びたマンションに一人暮らしである。

大学を卒業した元少女は、ある職業を目指したが、その夢は叶わなかった。
その職業はお天気キャスター。所謂、お天気お姉さんだ。
両親を災害で亡くしているためか、広い空を見上げていると気が安まるためか、気が付いたらそれに憧れていた。
気象に関する勉強を重ね。容姿も人並み以上であったが、お天気キャスターへの道は非常に狭いものだった。
それでも元少女は諦めきれず、アルバイトをしながら、気象に関する勉強を続けた。幸い、お金は両親が残してくれた保険金がまだあったし、住むところも祖母の遺産の古びたマンションがあった。そのため生活に困ることはなかった。

そして今日、十回目になる気象予報士の資格試験の結果が届いた。不合格だった。
「流石に他の仕事を探すべきかしら」
マンションの屋上で空を見上げながら元少女は呟いた。

そこに一陣の風が吹いた。

元少女が手にしていた、不合格通知が吹き飛ばされた。思わずそれを掴み取ろうとして手を伸ばす。
そこにさらに強い風が吹いた。
「なに、この強風」
伸ばした手を元に戻して、髪を押さえ、通知が飛ばされた先を確認する。
「なにあれ、吸い込まれている?」
通知が、いつの間に現れたのか目の前の黒い亀裂に吸い込まれていった。

「こんな気象現象聞いたことないんだけど」
自分が吸い込まれそうになっているのに、元少女は逃げることもせずに興味深げにその現象の観察を始めた。
「明らかにあの亀裂に吸い込まれてるわね。どういう仕組みかしら、竜巻とは違うわよね」
恐れもせず、もっとよく見ようと亀裂に近づく元少女。そこに、どこか工事現場から飛んできたのだろうか、ブルーシートが元少女の後ろから覆いかぶさった。
「あ、ちょっと」
その言葉を最後に、元少女はブルーシートと一緒に亀裂に吸い込まれ、暗い穴の中に落ちていった。

          

「異世界に転生したって『あたし、お天気キャスターになるの!』」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く