話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

《完結》勇者パーティーから追放されたオレは、最低パーティーで成り上がる。いまさら戻って来いと言われても、もう遅い……と言いたい。

執筆用bot E-021番 

15-3.そして誰もいなくなった的な、あれ!

 どうガンバっても、箱を除かすことは出来なかった。ムダに体力を消耗するのは良くないということで、ひとまず休憩することにした。


 オレとマグロと勇者。


 それから、ガデムンというクマ男。タンポポンという露出姉さん。オレの後釜として新規参入したクロコ。


 その6人は輪を囲んで、その場に座り込んだ。


 オレの右隣には勇者。
 左隣には、タンポポンが座っている。


「ね。ナナシのボウヤぁ」
 と、タンポポンがしなだれかかってきた。


「はい?」


「聞いているよぉ。ボウヤの活躍。勇者パーティから追放されたあと、ものすごい活躍をして、《炊き立て新米》を導いてるんだってねぇ。強化術は天下一品の腕前だって言うじゃないかぁ」


 胸当てをしているのだが、乳房がほとんど露出している。その肉を押し付けてくるものだから、オレはその感触に全神経を集中させていた。


 しかも柑橘系の良い匂いがする。


 大人のお姉さんの匂いである。最高かよ。褐色美人ってのも悪くない。しかも甘く余韻を残すような声をしてる。


 やっぱりオレの凄さが、わかる人にはわかるんだよなー。隠しきれない強者の雰囲気オーラってヤツ?


「どう。ナナシのボウヤぁ。私たちのパーティに来てくれないかしらぁ? 強化術師って冒険者ギルドの扱いが不遇だから、数が少ないのよねぇ。これからどんどん需要が出てくるわよぉ」
 と、タンポポンはみずからの赤毛をつまんで、オレの首辺りをくすぐってきた。


 なんということか!
 ようやっと、オレの時代が来てしまったようだ。


 ハーレム無双系主人公、ここに爆誕である。


「ええ。まぁ、考えておきますよ。オレも《炊き立て新米》パーティの仲間がいますし、《勇者パーティ》に戻って来てくれ、って言われるかもしれませんしね」


「ほかのパーティなんか放っておいてさぁ。《容姿端麗組》に来なさいよぉ。私の他2人も良い娘たちだよぉ」


 いやぁ。
 人気者は辛い。


「なにデレデレしてんのよ。強化術はすごいかもしれないけど、それ以前のことが問題なのよ」
 と、勇者が口をはさんできた。


 セッカク良い気分になってきたのに、水を差してくるとは、さすが極悪非道の勇者である。


「オレの何が問題なんだよ」


「性格」
 直球!


「オレみたいな聖人君子になんてことを言いやがる。そういう自分はどうなんだよ」


「私は聖書よ」


「聖書じゃなくて、聖女な」


「そう。それよ」


「ってか、自分で聖女とか言うヤツほど、胡散臭いヤツはいないぞ。そういうのはあくまで他人から言われるから意味があるのであって、自分から言うものではないのだよ」


「はぁ? あんたがそれを言うわけ?」
 と、勇者は酷く裏切られたみたいな顔をした。


「文句あるのかよ」


「いいわよ、別に。どこのパーティにでも行きなさいよ。でも、どうせあんたの性格だったら、愛想つかれて追い出されるでしょうけどね」


 なんだか今日は、やたらと辛辣である。


「オレぐらいの強化術師になれば、勧誘の手だって引く手あまたなんだよ。だいたいそっちこそ、なんだよ。オレが抜けた後に、強化術師なんか入れやがって。オレに戻って来て欲しいなら、そう言えよな」


「はぁぁ? べつに戻って来て欲しいなんて、一言も言ってないでしょーがッ」


「じゃあなんで、毎度毎度、新しく入れるヤツが強化術師なんだよ」


 あ、どうも。すみません。――と、当人であるクロコは、気まずそうにペコペコと頭を下げていた。
 頭からスッポリとかぶっているフードが、前後にペコペコ揺れている。


「ずっとあんたと組んでたからでしょーが。強化術師とのほうが、連携がとりやすいのよ」


「ふぅん」


 意外と納得できる理由を言ってきやがった。


 あんたがいないと寂しいからでしょーが、ぐらいのことを言うなら、まだ可愛げがあったのに。


「まぁ、私情はさておき、今はあの箱が問題だ」


 ガデムンがそう言った。
 たしかに、こんなときに、くだらないことで口論している場合ではない。
 いや。オレの冒険の目的そのものに関わることだから、決して「くだらない」ことではない。けれどまぁ、ここはひとまず保留である。


「助けがやってくる様子もないですし、動かすことも出来ない。壁の破壊も出来ないとなれば、ほかの出口を探すしかないですかね」
 と、オレは提案した。


 オレはすでに何度もこのダンジョンに足を運んでいるわけだが、しかしまぁ、完璧に把握しているというわけではない。


 ダンジョンというのは気まぐれで構造を変化させることもある。この出口がふさがれているのも、ダンジョンの気まぐれかもしれない。ほかに出口が出来ているという可能性もある。


「なら、誰が出口を探しに行くヤツが必要だな。他にも冒険者がいるかもしれんし、探索は必要だ。探してみれば、食糧や水があったりするかもしれんしな」


「ですね」


 ダンジョン内に、水が湧いていることは多々ある。


 塔の上なのに、水が湧いてンのかよ――と思う者もいるだろう。なんだ、その超自然現象はと突っ込む者もいるかもしれない。


 しかしまぁ、このダンジョンというのは、星の臓器である。生きているのだ。生命の源である。水だって湧くのだ。星の臓器汁である。


 もしこのまま長期間にわたって閉じ込められることになるなら、水は必須である。飲み水もそんなに残されていない。


「6人いるし、2人ずつ行動するか?」


「ええ」


 オレとマグロ。勇者とクロコ。ガデムンとタンポポン。
 これで3組できるとオレは提案した。


 探索係だけでなくて、ここで眠っている冒険者を守る役目も必要になる。


 だが。
「それは止めた方が良いんじゃないかしらぁ」
 と、タンポポンが言った。


「どうしてですか?」


「ここで眠らされている連中がいるでしょぉ」
 と、眠っている連中に、タンポポンは視線を送った。


 ネニやデコポンをはじめに、《勇者パーティ》のカイトやウィザリアも、いまだ熟睡中である。ネニにいたっては、鼻チョウチンをふくらませている。


「ええ」


「これほど凄腕の冒険者たちがぁ、そろいもそろって、モンスターに眠らされたとは思えないわぁ」


「どういうことです?」


「つまりぃ、人間に眠らされたってことよぉ」


「人間に?」


睡魔スリープの魔法をかけられたんでしょうねぇ。たぶんこの中に、冒険者たちを眠らせた犯人がまぎれこんでいるのよぉ」
 と、タンポポンは、オレをはじめに勇者やガデムンを、ひとりずつ指差して言った。


「この中に――ですか?」


「相手が同じ冒険者なら油断してトウゼンよねぇ」


「まあ――」


 たしかにそれなら、カイトやウィザリアが不意を突かれても不思議な話ではない。


「この階層で睡魔スリープを使ってくるようなモンスターが出てきたことはないしねぇ。2人で行動した場合、相手が冒険者を眠らせた犯人かもしれないわよぉ」


 瞬間。
 場には疑心暗鬼の闇が差しこんだのである。

「《完結》勇者パーティーから追放されたオレは、最低パーティーで成り上がる。いまさら戻って来いと言われても、もう遅い……と言いたい。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く