話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

《完結》勇者パーティーから追放されたオレは、最低パーティーで成り上がる。いまさら戻って来いと言われても、もう遅い……と言いたい。

執筆用bot E-021番 

15-1.攻略中のトイレは、どうするんです?

「どれぐらい時間が経ったのかしら。助けが来る様子はぜんぜん、なさそうね」


「そうだな」


 1時間。いや、2時間は経過しているかもしれない。あるいは10分ぐらいという可能性もある。


 ダンジョンのなかは、常に同じ景色であるうえに、薄暗いこともあいまって、時間の感覚がとぼしくなる。


 魔結晶で動く懐中時計なんかがあると便利なのだが、いかんせん高級品である。オレに手が届くようなシロモノではないし、手が届いたとしても、それをダンジョンに持ち込もうとする神経は持ち合わせていない。


「ノドが乾いたのだけれど、飲水は持ってるかしら?」
 と勇者は、階段をふさぐ立方体の箱にもたれかかるようにして座り込んだ。


「飲水を持ちこんでなかったのか?」


 長丁場になるダンジョン攻略では、飲水を持ちこむのは普通だ。


「新入りの強化術師がいるのだけれど、荷物はだいたいその子が持ってくれているのよ」


「え? また新入りを入れたわけ?」


「そうよ。出て行ったあんたには、関係ないでしょ」


「いや。まぁ、そうだけどさ」


 オレの代わりに、毎度毎度、強化術師を入れるのは、どういうわけなのだろうか。


 オレに戻って来て欲しいという、遠回しな主張アピールだろうか。まったく強化術師が必要なら、戻ってきてください、って言えば良いのに。強情なヤツ。


「なにか言いたげね」


「また強化術師を入れたのかよ。どうせオレよりも格下の強化術師なんだろ」


「たしかに強化術は、あんたより劣るかもしんないけど、荷物持ちバックパッカーとしても働いてくれてるのよ。あんたはひとつも荷物持たなかったでしょーが」


「まるで強化術師を荷物持ちみたいな言い方をするのは、やめてもらいたい」


「そうは言ってないけど、あんたは自分の分の荷物だって、カイトや私に持たせてたでしょーが」


「トイレ行きたくなってきたな」


「話をそらすんじゃないわよッ」


「まるでオレがクズみたいな言い方はやめろよ! 人聞きが悪いだろ。オレは見ての通り、モヤシなんだよ。オレが荷物持つよりも、オレが強化術をかけた相手に持ってもらったほうが、どう考えても効率良いだろうがッ」


「効率の話をしてるんじゃないわよ。チョットぐらいは、自分で荷物持っても良いじゃない、って話でしょッ」


 ぐぬぬ。
 やはりこの女とは、相容れないものがある。


「で、どこ行ったんだよ。そいつ」


「途中ではぐれちゃって、どこ行ったのか、わかんないのよ。はぐれたら、自力で階段のある部屋に戻れって、指示は出してたんだけど」


「ふぅん」


 じゃあ、無事ならここに来るはずだ。
 戻って来ないと言うことは、死んでるかもしれない。あまり深く問い詰めるのは、やめておこう。


 死んでるかもしれない人間のことを、あれこれ知ってしまったら、変に情が湧いてしまいかねない。


「トイレ行くわ」
 と、不意に勇者が立ち上がった。


「ひとりだと危ないだろ。オレとマグロも護衛に付いて行くよ」


「けっこうよ。トイレぐらいひとりで行かせなさいよ。ここで寝てる連中も放ってはおけないでしょ」
 と、チョットばかし顔を赤らめて、照れ臭そうに勇者は言った。


「ああ。そうか。じゃあマグロだけ残して、オレが付いて行こう」


「余計にけっこうよ! あんたを連れて行くのがイチバン危険なのよ!」


「なんてこと言いやがる。酷い言いようだぜ」


 ダンジョンに入っているあいだに尿意をもよおした場合は、人目のつかないところで出してしまうのが通例だ。
 女性も同じである。
 仕方のない処置である。


 ダンジョン攻略中に尿意をもよおしたら、他にどうしろって言うんだ。


 勇者の排尿姿を、一度はこの目におさめてやろうと意気込んでいるのだが、今まで一度たりとも目撃できたことはない。


 言っておくが、勇者のオシッコしているところが見たいとか、そんな下品なことが言いたいわけではない。


 排尿している現場を見るということは、相手の弱みを握るようなものも同じである。


 あの勇者は、オレの幼少の頃の恥ずかしい行為を知っているのだ。お漏らしとか、告白とか……モロモロのことだ。思い出すだけで、赤面ものである。言わせンな、恥ずかしい!


 とにかく。


 向こうはオレの恥ずかしい過去を知ってるのに、オレが勇者の恥ずかしい過去を知らないというのは、不公平ではないか。


 ひとつぐらいは知っておいたほうが、今後の勇者との関係性も優位に持ってゆけるはずなのだ。


 あえて念押ししておくが、勇者がオシッコしてる姿が見たいとか、別にそういうことではない。


「さて――と」


 勇者が向かって行ったほうに、オレもついて行こうとした。この部屋からつづく通路は3つある。そのうちの1本に、勇者は入って行った。


 オレの着ているローブのスソを引っ張ってくるものがある。


「ん?」


「覗きは良くないのであります」


 マグロである。


「べつに覗きに行くわけじゃない。ただオシッコしてるときは無防備になるからな。見張りに行ってやるだけだ」


 しかしマグロは、ローブのスソを離す気配はなかった。仕方がない。諦めるとしよう。オレもその場に腰かけなおしたときだ。


「おい、誰かいるのかよ」
 と、声がした。

「《完結》勇者パーティーから追放されたオレは、最低パーティーで成り上がる。いまさら戻って来いと言われても、もう遅い……と言いたい。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く