話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

《完結》勇者パーティーから追放されたオレは、最低パーティーで成り上がる。いまさら戻って来いと言われても、もう遅い……と言いたい。

執筆用bot E-021番 

14-1.この祭典終わったら、完結するんで!

「さあ。今年もやってまいりました。年に1度の冒険者たちの祭典。『魔塔祭典』。はたして今年はどんな猛者たちが集うのか。そして今年もヤッパリ勇者パーティが優勝してしまうのか!」


 魔法によって音量ボリュームアップした実況の声が、場内に響きわたっていた。


 中央に巨大な塔がそびえ立っている。灰色にくすんだ塔である。冒険者たちがその塔を取り囲んでいる。さらにその周囲には観衆が押しかけていた。


「すごい盛り上がりでありますね」
 と、マグロが言った。


 周囲の熱気に気圧されたのか、マグロはすこしカラダが強張っているようだった。


「そりゃ1年に1度の祭典だからな」


「ですが、ダンジョン攻略の様子は、観衆から見えるのでありますか?」


「各パーティに、戦ってる様子を映し出される装置がわたされる。直接見れるわけじゃないが、観衆にも見える映像が流れるようになってる」


「おぉ。ずいぶんと都合の好い装置があるものですね」


「都合が良いとか言うな。それがないと盛り上がらないだろ! みんなで塔を見つめようの会になっちまうだろうが!」


 周囲には冒険者たちがひしめいているが、みんな装備を整えている。武具のカチャンコチャンという音が、観衆のドヨめきと一緒に、たえず聞こえていた。


「うぅぅ」
 と、デコポンが身を縮こまらせていた。


 冒険者は体格のガッチリとした者が多い。そんな連中が集まっているのだから、気圧される理由もわからなくはない。


 とは言っても、オレみたいな後衛役のなかには、ヒョロッとした者もいる。


「いいか。オレたちの目的は、この『魔塔祭典』で優勝することだ。そうすれば《炊き立て新米》は、冒険者として名をはせることになる。活躍しだいでは、ランク昇格ということだってありうるわけだ」


「するとマグロたちは、Dランクになれる、いうわけですか。あ、ナナシィはまだFランクでしたね」


「いちいち言わなくても良いよッ」


「プレートを持たなくても良いので、それはそれで、メリットもあるのですよ」
 とマグロは、腰に携えている銅のプレートを持ち上げて見せた。


「慰めになってねェよ! どう聞いても煽ってるように聞こえるんだが!」


 いまだFランクのオレには、プレートが贈与されていないのである。こんなに活躍してるのに、この世界オレに冷たくない?


「これは失敬」
 と、マグロはプレートをしまっていた。


「ともかく――だ。この祭典で活躍すれば、強化術師だって評価されるはずだ。なによりこの戦いには、憎い因縁の相手、勇者が参戦してる」


 この群衆のどこかに、ヤツもいるはずだ。


「それは頼もしいのじゃー」
 と、デコポンが言う。


「頼もしいとか言うな! 今日はあの勇者パーティに勝利するのが目的なんだからな」


「具体的にどうやって勝敗が決まるのじゃ?」
 と、デコポンは首をかしげた。


「持ち帰った魔結晶の量によって変わってくる。より多くの魔結晶を持ち帰ったヤツの勝利となる」


「一度に持ち帰るのは、難しいじゃろう?」


「ああ。だから、何度かダンジョンを出入りすることになるな」


「そしたら、入口近くでモンスターを倒したほうが、効率良さそうじゃな」


「ところが、これだけの冒険者がいるからな。入口付近は冒険者でイッパイになってしまうし、たいして強いモンスターも出ないし、それ相応の魔結晶しか出ない。さりとてあまり奥地に進むと、魔結晶を持ちだすのに苦労する。その中間あたりに陣取るのが吉だろうな」


 これだけ背の高い塔だ。
 上層では、よほど強いモンスターが出るのだろう。オレがついているとはいえ、マグロたちに無茶はさせられない。


 この祭典で命を落とす冒険者も、すくなくないのだ。


「ふぁぁー。なんか、そういう説明聞いてると、眠くなるんだよなぁ」
 と、ネニがあくびをしている。


「なんでこの状況で眠たくなるんだよ! すげぇ、盛り上がってるじゃないか!」


「今日のナナシィは、ずいぶんとハイテンションなのですよ」


「お前らの突っ込みで忙しいんだよ!」


 常識人が、オレひとりしかいないというのも疲れるものだ。


 主催者である冒険者の代表者と、王国側の代表者が長々と口上を述べていた。ブルベも第一王女として簡単な挨拶をしていた。


 そのあいだに、戦っている様子を映し出す『魔結晶カメラ』というものが、各パーティに配布されることになった。大きな箱である。箱から棒が伸びており、先端には人の目玉のようなものがついていた。


「これが、戦っている様子を映し出してくれるわけだが、誰が背負う? デコポンとマグロは前衛として動き回ることになるだろうから、ここはネニが背負うべきだと思うんだが」


「いや、どう考えてもナナシィが背負うべきだろ」


「え? なんでオレが?」


「私だって魔法で援護するしさ」


「そんなこと言ったら、オレだって強化術で援護するだろ。むしろ強化術でスタミナと筋力を上げてやれるから、ネニが背負うほうが理にかなってるって」


 けっこう重たいのだ。
 ずっと背負い続けるのは、体力の消耗になる。


 強化術は自分には使えないから、ネニに背負ってもらうのが正解だと思う。


「じゃあ、ジャンケンで決めるか」


「いや。オレの話を聞いてましたかね? 合理的に考えてネニが背負うべきだと……」


「じゃんけーん」


 ポイ。
 グーとパー。
 負けた。


 ホイッスルの音が開始の合図となった。冒険者たちは、我さきにとダンジョンへと突入したのだった。

「《完結》勇者パーティーから追放されたオレは、最低パーティーで成り上がる。いまさら戻って来いと言われても、もう遅い……と言いたい。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く