話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

バーテンダーは夜を隠す

北きつね

[第二章 リニューアル]第一話 再開


 タンブラーに入った茶色の液体を喉に流し込みながら女性は、バーテンダーを見ている。
 最後の一口を含んでから、ウィスキーの味を感じながら呑み込む。

「マスター。もう一杯」

「同じ物で?」

「うん。カウボーイをお願い」

 マスターは、テーブルに磨かれたタンブラーを置いて、氷を入れる。そこに、アーリータイムズを45ml注ぎ込む。そこに、ミルクを105ml注いで、砂糖を小さじに1杯入れる。軽くビルドをする。ミルクが落ち着いたのを確認してから、ナツメグを振りかける。

「カウボーイ。『今宵もあなたを思う』」

 女性は、置かれたタンブラーを見つめる。

「ねぇマスター」

「はい」

「この店は、夜にやらないの?」

「夜は、私の時間ではないので・・・」

「え?」

「夜にこの街を訪れるのは、夜で疲れを癒やす人たちです。私の店は、夜に疲れた人のために、夜を隠す為の店です」

「・・・。そうね。私たちが、癒やされる場所。ありがとう」

 女性は、最後に残ったカウボーイを飲み干した。

「マスター」

 女性は、財布を取り出してマスターに尋ねる。

「大丈夫ですよ」

 マスターは、棚を確認して、”大丈夫”と答える。
 女性は、マスターの返答を聞いてから、財布を戻す。

「そう・・・。また、来るね」

「お待ちしております」

 女性が、ドアを開けて薄暗い廊下に出る。
 廊下を歩く音から、階段を上がる音に変わる。マスターは、店の中を見回して、時計を確認する。

 マスターの心変わりと、客からの要望が有って、バーシオンの営業時間は、始発の時間から、昼過ぎまでに変更された。
 閉店には少しだけ早いが、マスターは看板の”火”を落とした。暗かった廊下は、看板が消えたことで、闇に飲み込まれたようになる。自動的にシャッターが閉まる音がする。最近導入された仕組みだが、最後の店が閉店になると自然とシャッターが降りる。従業員用の階段は別にあり、裏口から出ることができる。

「マスター」

 裏口から、1人の男が入ってきた。

「来たのか?」

「マスターに会いに来たよ」

「それで?」

「マスター。冷たいな。僕が、こんなに、マスターを愛しているのに・・・。アレキサンダーをシェリーでももらおうかな?」

「・・・」

 マスターは、カウンターに戻って、シェリーブランデーを取り出す。シェーカーに、ブランデーとココアクリームとミルククリームを等量注いで、氷を入れる。小気味がいいリズムでシェイクする。カクテル・グラスを取り出して、シナモン・スティックを添える。グラスに、アレキサンダーを注いで、シナモン・パウダーを振りかける。

「ブランデー・アレキサンダー」

「”初恋の思い出”。僕たちにぴったりだと思わない?」

「それで?」

 男は、出されたアレキサンダーを一気に飲み干してから、マスターに持ってきた書類を渡す。

 マスターはパラパラと書類をめくってから、磨かれたグラスを取り出して、氷を入れて水を注ぐ。軽くステアをしてから、男の前に置いた。

「ありがとう。ビールでももらおうかと思ったところだよ」

「ここでは、チェイサーは水かトマトジュースかオレンジジュースだ」

「緑茶はないの?」

「ない。まだ新茶のシーズンじゃない」

「ふーん。まぁいいよ。それで?受けてくれる?」

 マスターは、読み込んでいた資料を男の前に投げる。手を出して、追加の情報をよこせと催促する。

「ありがとう。これは、マスターに受けてもらいたかった」

「礼は必要ない。仕事だ」

「断ってくれても・・・」

「心配は不要だ」

 マスターは、バーの名前になっている、ドライフラワーの”紫苑”を見る。
 男は、”紫苑”の意味も、マスターの過去も、そして、今まで飾ってあった写真が無くなっていることも・・・。その理由も知っている。しかし、口に出すことはない。

「後始末は、先生が別の者を手配している」

「わかった」

 マスターは、渡されたSDカードを端末に差し込んでいる。
 先程の資料と同じ物もあるが、それ以外の資料を開いて読み込んでいく。

 男は、チェイサーを飲み干して、コースターに濡れたグラスを置く。
 端末で資料を読み込んでいるマスターを黙って見ている。

 男の視線に気がついたマスターが、端末から目を離す。

「どうした?」

「いや、マスターを見ていただけ」

「そうか?それで、後始末までの時間は?」

「書いてなかった?」

「あぁ」

「そう・・・。3日かな」

「わかった。明日には、動く。でも、いいのか?テクノクラートじゃないのか?」

「問題はない。奴らは、やりすぎた。被害も出ている」

「そうだな」

 マスターは、資料に目を落とす。
 そこには、加害者が主催したパーティーで拉致されて乱暴された女性たちの名前が列挙されていた。一部には”自殺”と書かれていた。

「依頼は?」

「自殺した被害者の家族と、上だ」

「上?あぁそうか、どっちだ?」

「筋だ」

「わかった」

「必要な物は言ってくれ、準備する」

「彼らには、彼らが行ったのと同じ苦痛を与えたほうがいいだろう?」

「マスターに任せる。それに、明日には・・・」

 マスターが見ているしりょうには、明日発売の週刊誌の中吊り広告に使われるのだろうゲラがある。
 『堕ちたエリート官僚。日々合コンパーティー。女性を拉致監禁し、乱交パーティー』
 『エリート官僚に広がる薬物汚染』

 記事では、名前までは出していないのだが、写真で省庁が特定できる。その上、入省年度などの情報も書かれていて、見る人が見ればわかってしまう内容になっている。続報として、被害女性や薬物の売人の話が載せられることを匂わせている。

「逃げそうな場所は?」

「先生が手を廻している。伊豆の別荘に向かうように仕向けている」

「大丈夫なのか?」

「誰も別荘に、”来なかった”ことになる」

「え?先生が、別荘に居るのか?」

「俺たちは、止めたのだけど・・・。先生が、マスターは仕事が初めてだからと言って・・・」

「わかった。別荘に入る前に仕掛ける」

「先生は、気にするなと言っていたけど・・・」

「わかっている」

 マスターは、男がなにかを聞いかけたのを手で制する。

 ライムを取り出して1/4にカットする。ブラウンシュガーと一緒にグラスに入れて、マッシャーで潰し始める。ミントを追加で入れて軽く潰す。
 氷とラムと炭酸水を順番に入れて、軽くステアをする。

 一人前のカクテルを3つのグラスに注ぎ分ける。

「モヒートだね」

「”心の渇きをいやして”」

「マスターの心を満たすのは難しいな」

 二人は、中央を残して、グラスを頭の上まで持ち上げる。

『献杯』

 モヒートを一気に流し込む。
 持ち上げたのと反対側に、グラスを置く。男は、グラスを置いてから立ち上がって、裏口から店を出る。

 残されたマスターは、渡された資料を頭に叩き込んでから、削除する。

 控室になっている部屋に戻って、端末を立ち上げて、今回の仕事に必要な物品の手配を行う。盗難車を2台と、遠隔で発火できる装置を一組。林道は、私有地だと言ってもあまり派手には出来ない。
 一台で前を塞いで、追い立ててあげれば、逃げるように罠にハマるだろう。自分たちが賢いと思っている人間ほど、追い込まれると単調な思考になってしまう。

---

「おい!本当なのか?」

「本当だ!親父から情報が回ってきた!明日、発売の週刊誌に記事が出る」

「止められなかったのか!」

「無理だ。週刊誌の記事を止める弾は打ち尽くした。それに、あの週刊誌は、ボツ記事をネットに載せるから圧力はあまり意味がない!」

「幹事長たちがやられたやつか?」

「そうだ。雑誌の記事なのに、ネットに流出したように演出された記事だ」

「くそ!どうして!俺たちは、選ばれた者たちだぞ!」

「大丈夫だ。俺の知人から、隠れ場所を手配してもらった」

「誰だ!大丈夫だろうな!」

「大丈夫だ。曙橋のご老人の話は聞いたことがあるだろう?」

「先生と呼ばれている人か?」

「そうだ!あの人の別荘が借りられた」

「本当か?」

「あぁこの車も足がつかないようになっている。俺たちは、何もしていない。そうだろう?」

---

 翌日、週刊誌が発売されると、マスコミがこぞって取り上げる。
 国会でも問題となったが、当該人物の行方がわからない。宿舎から出た記憶が無いのに、不在となっている。自宅からも出た記憶がない。5人の関係者の行方は誰にもわからなくなってしまった。

 マスコミが取材を始めた翌々日、週刊誌の発売から3日後に、5人の男は都内のホテルで全員が裸の状態で見つかる。
 大量のアルコールと大量の薬を接種した中毒死と判断された。

 翌日、5人のテクノクラートたちが犯した犯罪行為の被害者の家に、一枚のBDが届けられた。

「バーテンダーは夜を隠す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く