話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

バーテンダーは夜を隠す

北きつね

第三話 夜を隠す


「マスター。いつもの!」

 カウンターに座る女性の注文を受けて、ブランデーの瓶と、カカオ・ホワイトリキュールの瓶をカウンターに用意した。ブランデーをシェーカーに適量30mlを注いで、カカオ・ホワイトを半分15mlを注いで、生クリームを適量15mlを注いだ。シェイクしてショートグラスに注ぐ。

 女性は、シェイクしているマスターの手元をうっとりとした目線で眺めている。

「ホワイト・アレキサンダー」

 女性は、白く甘い香りがする液体を暫く見つめた。

「ねぇマスター?」

「どうしました?」

「アレキサンダーは、”初恋の思い出”という意味よね?」

「そうですね。他にも、”完全無欠”という言葉もありますね」

「なら、ホワイトにしたら?どういう意味になるの?」

「私は同じ”初恋の思い出”だと考えています」

「え?」

「”初恋”には、寂しい思い出や、綺麗な思い出や、忘れられない思い出があります。だから、思い出の数だけ色が有ってもいいと思いませんか?」

「・・・。そうね。マスター。ありがとう」

 女性は、ホワイト・アレキサンダー初恋の思い出を一気に喉に流し込んだ。
 マスターは、女性がグラスをカウンターに置く前に準備していたチェイサーを女性の前に差し出した。

「マスター。ありがとう。もう1杯。お願い。おすすめで・・・」

「かしこまりました」

 マスターは、ドライ・ジンとライムジュースを取り出した。ライムを冷蔵庫から取り出す。
 ドライ・ジンとライムジュースを、氷を入れたカップに注ぎ入れて、軽くステアしてから、スライスしたライムを添える。

「ジン・ライムです。見た目と違って、強いお酒ですので、ゆっくりと氷が溶けるのを待ちながら飲んでください」

「ありがとう。ねぇ”意味”は?」

「”色あせぬ恋”です」

「ふふふ。素敵ね。マスター。ありがとう」

 女性は、ゆっくりと初恋を消化するように、ジン・ライムを喉に流し込む。
 二人しか居ない空間に、氷が溶ける音が響く、女性は、氷が溶けるたびに、自分の中に有った”蟠り”が溶けて行くように感じた。

 グラスをカウンターに置いた女性は、今日、客で来た初恋の人物から言われた”元気?”の言葉に答えられなかった自分が消えているのを感じた。初恋は初恋で、思い出なのだ。白くするのも、黒くするのも、自分の心次第だと考えた。そして、せっかくの思い出を”黒く”した自分を、ジン・ライムで綺麗に流して、”白い”思い出だけが残った。

「マスター」

「いいですよ。まだデポジットはあります」

「そう・・・。また来る。今度は、”フロリダ元気”に相応しい私で来るね」

「わかりました。お待ちしております」

 女性は立ち上がって、マスターに挨拶をしてから、店を出た。地下に響く足音が徐々に遠くなっていくのをマスターはグラスを磨きながら聞いていた。

 どのくらいの時間が経過したのだろう。
 カウンターには、一人の男が座っている。

「マスター」

「なんだ?」

 女性に対しての言葉遣いと違って、粗野な言葉遣いで男に応じる。

「冷たいな」

「お前が来るなんて珍しいな。それで?」

「相変わらず、僕たちの見分けができるのですね」

 ドアから、男が入ってきた。先に来ていた男と瓜二つだ。服装まで同じにしているために、暗い店内では同一人物か、鏡に写っていると思える。

「それで?」

「マスターが欲しがっていた情報を持ってきたのに?」

 先に店に入って男が、店の奥に飾られている”ドライフラワーの紫苑”を指差しながら書類ケースを取り出す。

「それで?伝言は?対価は?」

「必要ないって!」

 ドアから入ってきた男が、答える。

「・・・」

 マスターは、何も言わずに、男から書類ケースを受け取る。

「あっマスター。兄さんには、報酬は必要ないけど、僕は欲しいな」

「なんだ?」

「そうだね。マスターのおすすめを一杯、奢ってよ」

「・・・」

 マスターは、黙って一杯のカクテルを作る。
 ラムベースのカクテルだ。

「カサブランカ」

「マスター。意味は?」

「知らん」

「ハハハ。カサブランカ・・・。確かに、資料に対する思い出としては、できすぎているね」

 最初に居た男は、出されたカサブランカを一気に煽って、男が開けているドアに向かってコップを投げる。廊下の壁にぶつかって、グラスが割れる音が響く。

「”甘く切ない思い出”?マスター。いつまで、あんたは!」

 ドアから入ってきた男が、最初から入ってきた男の胸元を掴む。

「黙れ!」

「だって、兄さん!」

「いいから黙れ!俺たちは、過去は捨ててきた・・・。違うか?」

「だからこそ!マスターの態度は・・・」

「マスターは、協力者だ。履き違えるな」

「っく・・・。でも・・・」

「すまない。マスター。弁償は、俺のデポジットから引いてくれ」

「わかった。すまない。俺も、大人気なかった。今日は、帰ってくれ、頭を冷やしたい」

「あぁ」

 二人の同じ顔の男は、帰っていった。二人が、階段を上がっていくのを確認して、マスターは店の電気を落とす。
 そして、カクテルを作り始める。スパークリングワインとオレンジジュースで作る、バックス・フィズだ。

「聡子。お前と飲みたかったよ」

 マスターは、2つ作ったバックス・フィズを一つ取り上げて、紫苑に掲げてから飲み干す。

「お前の好きなオレンジジュースのカクテルだ。知っているか?カクテルには、”言葉”がある。バックス・フィズは、”心はいつも君と”だ。俺には相応しくない。お前と一緒にいてやらなかった・・・」

 マスターは、渡された書類ケースから資料を取り出す。
 飯塚聡子。旧姓井原聡子の死に関する情報だ。もう20年以上前の情報が含まれている。マスターも知っている情報もある。

 テーブルの上に、”バハマもう一度会いたい”を作った。そして、メッセージ代わりに、”ジプシー暫しの別れ”を作った。

 マスターは、店に鍵を掛けて、夜の街に溶け込むように消えていった。

 翌日、男は同じ顔の弟を伴ってバーに向かった。

「兄さん」

「黙れ」

「でも・・・」

「頼む。黙っていてくれ、俺は・・・。お前まで失いたくない。もう、俺たちには、お互いしか居ない・・・。違うか?」

「・・・。兄さん」

 昼間の繁華街は、夜の喧騒が嘘のように静かだ。
 男は、マスターが昼間にしか店を開けない理由を聞いていた。

「兄さん?」

「お前は、マスターが昼間にバーを開けている理由を知っているか?」

「え?夜に仕事が・・・。あれ?指示されたからじゃないの?」

「違う。マスターは、協力者で、俺たちの組織の人間ではない」

「・・・。うん」

「マスターは、夜が嫌いなのだと・・・」

「え?怖い?」

「あぁ夜は、人の醜い部分を曝け出す」

「・・・」

「夜に、寂しい者たちを引き寄せる街がある」

「・・・」

「この街は、寂しい者たちが集まって出来ている。マスターは、この街の”夜を隠したい”らしいよ」

「夜を隠す?」

「そうだな。この街には、寂しさをごまかすために人が集まる」

「・・・。そうだね。夜に、人は人を求める」

「そうだ」

「そうか、だからマスターは昼間に、夜の住民たちを相手に・・・」

「それだけじゃないが、夜ではない時間に、夜を感じる場所で、寂しい者たちの相手をする」

 二人は、雑居ビルに到着した。
 この時間に開けている店は、バーシオンだけだ。

「いら・・・。なんだ、お前たちか?仕事か?」

「今日は、二人でマスターの妙技を見に来ただけ・・・。それに、1ヶ月ぶりだよ?もう少し、感動してよ」

「それで?」

「オールド・パルを」「僕は、サイドカーと言いたいけど・・・」

 男は、奥に飾っている”紫苑”を見てから、注文を変える。

「マスターに、ジン・トニックを・・・。僕には、テネシー・クーラーを」

「かしこまりました」

 飲み干したグラスが3つだけがカウンターに並んだ。
 そして、マスターは、ドライ・ジン、レモンジュース、生クリーム、オレンジフラワー・ウォーター、シュガーシロップ、卵白、ソーダを取り出して、一つのカクテルを作る。

「マスター」

 男の前に”ラモス・ジン・フィズ”が置かれた。

 男は、黙ってマスターの気持ちを喉の奥に流し込んだ。

「バーテンダーは夜を隠す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く