話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

魔王様、復活のお時間です‼︎

二葉 夏雨

【11時間目】魔王様、三人目の少女のお時間です‼︎


───さて、どうしたものだろうか。
僕と聖良がここ、私立黒瀬川学園に入学してからはや一週間がとうとしていた。
たった7日弱で2人も能力持ちの少女に出逢であえた事は僥倖ぎょうこうか。はたまた必定ひつじょうであるのかは魔王である僕とて知るよしもない。

とりあえず目先の問題点としてはこっからどうやって恋仲に持っていくか……なのである。


「ん〜〜〜、それにしても僕、6話目で聖良にあおられたようにまともな女性経験ないんだよなぁ……。メイベルにいた時はむしろ僕の方が引くて数多あまただった分、余計難しく思えるよ」


なんて独り言をつぶきながら僕は今クラスルームの階下かいかにあるここ、数機の自動販売機が立ち並ぶ昇降口しょうこうぐち前に来ていた。
無論、お目当てはあの自販飲み物界の王◯治と言っても過言では無い──────KI◯INから発売されている午◯の紅茶"MILK TEA"だ。
(ただでさえ名門進学校なのでくそミソに難しい)授業で過労働をしたマイブレインをいやすにはとっておきの神の飲み物である。

ん〜〜〜と、あったこれこれ。やっぱこいつがなきゃ始まらんよね。

僕はお目当てのブツを購入しようと制服のポケットをまさぐり、中から財布を出すと手早く500円を出した。

ちゃりん。
さすがに性急せいきゅうすぎたのか高鳴る僕の心とは裏腹に呑気のんきに金ピカの硬貨が僕の手からすべり落ちていく。


「おっとっと、いけない、いけない。カームダウン僕。急がなくたってマイスウィートティーは逃げな……ん?」


ふと500円が転がっていった先、つまりは僕の真隣まどなりの自販に人が居たことに今更気づく。
その人───気怠けだるそうな少女は自分の足元に硬貨がぶつかった事にちらりと目配めくばりもせず、ただずっと、目の前の自販を見つめていた。
僕はさっさと落とした500円をひろうと例のアレを購入すると足早あしばやにその場を去っていった───のではなく、そのアンニュイな表情をする、その少女に話しかけてしまった。


「あ、あの〜〜、さっきからずっとぼ〜〜っとしてるけど大丈夫ですか?どこか具合悪かったりします……?」


僕がおそる恐《おそ》るたずねるとその少女は一拍いっぱくおいてぼくのほうに顔を向けるとこれまた一拍おいて口を開いた。


「あ……あ〜〜ごめん。ちょっとボケっとしてただけ。特に体調が悪いとか、そういうのはないから。大丈夫。ありがとね」


そう少女は言うとふたたび自販に向かい合いにらめっこを始めた。
僕は「恐らく僕と違って何を買おうか迷ってるんだろうな」と勝手な推測し納得すると今度こそクラスに戻ろうときびすを返した────と、その先にこれまた少女がいる事に気づいた。


「あ、水原さん。水原さんも何か飲み物を買いに?」


水原さんは「えぇそうよ」と歯切はぎりよく言うと分かりやすく頭を抱えながら自販のコイン投入口とうにゅうこうに手をかけた。
……多分、さっき受けた授業(もう分かってるとは思うけどイングリッシュだったよ!)が余程水原さんにとって難しかったのだろう。

僕は「ご愁傷様しゅうしょうさま」と心の中でねぎらうと本当に今度こそクラスに帰ろうと足を向けた────途端とたん、水原さんの怒声どせいが背後から聞こえてきた。


「は、はぁ!?あんた財布忘れたからってこんなとこでずぅーっとぼぉーっとしてたの!?」


ん、ん?財布を忘れた……?
あれ、何買おうかと品定めしてた訳じゃないの?

僕の足が止まった。
あ、これはまずい。まずい兆候ちょうこうだ。このままだと十中八九じっちゅうはっく、トラブルに巻き込まれる。


「え?教室に忘れたわけでなく家に!?あんたどうやって学校に来たのよ!!」


「……あ、あの。お金貸しましょうか?」


ダメだった。
どうやら僕の足と意思は相互協力そうごきょうりょく関係になってないらしい。
……あ〜〜もうこれ絶対トラブルになるよこれ。ToL◯VEるだよ。その天才的な発明品で助けてラ◯ちゃん!!


「ちょっと、いいわよ。私が出すわ。そもそも私がここで立ち止まってる理由を聞いたのが原因な訳だし」


水原さんは僕の手を制止せいしすると使い込まれたのか、少し汚れが目立つかわいい長財布を取り出すと中から100円硬貨を出した。
その機敏きびんな動きに反し、水原さんの前の少女は微動ひどうだにしない。
ロボットかなにか?


「はい、これであんたの好きなやつ買いなさいよ」


そう言うと水原さんは動かないその少女の手を取って無理に渡すとため息をついた。
僕は水原さんに「その人とは知り合いなの?」と、かねてからの疑問をぶつけると水原さんは「えぇ」と軽くうなずくと再びため息をはいた。


「この子は奈賀井ながい 風花ふうか。私たちのクラスの図書委員よ」


なるほど。合点がてんがいった。
委員会同士の横のつながりで出会った、という訳か。


「あの、水原さん。それでその、奈賀井さんっていうのは………普段ふだんもこういう人なの?」


『好奇心は猫を殺す』と言うが、僕はその好奇心(ツッコミ精神)をおさえられそうにもない。
思わずその誘惑ゆうわくに負けて聞いてしまった僕に水原さんは顔色ひとつ変えずに答えた。


「えぇ、この子はそういう子なの。ちょっと気が抜けてるって言うか……ぼぅーっとして何考えてるのか分からないのよね。まあ本人は何も考えてないかもしれないけど」


「は、はぁ。不思議な人なんだね」


思った以上に特にツッコむところがない理由だった。
まあそのおかげか僕の好奇心は満たされ、助かったというのは事実。さっさとクラスに帰って次の授業の準備でもしよう。

僕はこっそり水原さんのポケットにバレないよう100円玉を仕込み、水原さんにじゃあ僕は「クラスに戻るね」と一言いちげんを残すとそのまま行き場を失っていた足に待ち遠しかったはずの帰還命令きかんめいれいを出した。

「さて、次の授業はなんだっけか」なんて呑気に思いながら僕がやっとその場を離れようとした時、今度は奈賀井さんの声が小さく聞こえた。


「ん、ん〜〜〜、ごめんねさくら子ちゃん。100円じゃ足りないわ。ふふっ」


「いやあつかましすぎるやろがいっっっっ!!!!!!!!!」


どうやら僕のこの休み時間は目の前の自由奔放じゆうほんぽう少女、奈賀井 風花に費やされそうだ────────


☆三人目の少女、満を辞して登場!!────────


───────────────────────

【登場人物紹介】

●躑躅森 逢魔

魔王の息子で主人公。
2人の能力持ち少女に出会い、今回はインターバル回だと思い「平和なほのぼの回なんだろうなぁ〜〜」と期待していたがそんなことはなかった。
一難去ってまた一難。頑張れ魔王。


●水原 さくら子

2人目の能力持ち少女。
ツンデレ貧相少女。ホオズキ組のクラス委員を務める傍ら、同じく図書委員である奈賀井 風花と出会う。
だがまだ顔見知り程度なのでその本性は未だ知らない。


●奈賀井 風花

3人目の能力持ち少女。
まだ登場して間もないがだいたいその性格は分かってきたはず。
これからどんな事をやらかしてくれるのだろうか(期待大)。


「魔王様、復活のお時間です‼︎」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く