話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

緑(りう)の一族

黒澤伊織

第一部 プロローグ

 見たことのない花が咲いていた。
 あるものは茜で染めた糸より赤く、あるものは白絹の衣より白く、またあるものはアスランが生まれてから見た、どの空の色よりも青かった。
 その色とりどりの花々は、まるで都いち腕利きの職人が織った絨毯の模様のように咲き乱れ、その七色の輝きは一日中見ていても飽くことがないに違いない。
 何百年と生きているだろう太い樹木は、地面の草地に大きな影を作り、キラキラと太陽を反射して輝く水面は、豊かな水量を感じさせた。
 鬱蒼と茂る森に迷い、今にも倒れそうなほどに疲れたアスランの前に突然現れたその風景は、まるで天国のようだった。
 しかし、アスランが今、その黒い瞳に映しているのは、一面の美しい花ではなかった。
 それは、名も知らぬ花の中に佇む、一人の少女だった。
 年のころは一七、八といったところか。
 少女と大人の間に香る、あの独特の雰囲気を漂わせて、少女もまたアスランの瞳をじっと見ている。
 話しかけても、いいものだろうか。
 アスランは夢の中にいるような気分で、ぼんやりとしながら考えた。
 目の前にいるこの少女の立ち姿は、どこか人間離れした様子で、アスランのような地上のものがうっかり話しかけたなら、少女はたちまち天女か精霊のように、目の前から消え去ってしまいそうだった。
 身じろぎもしないアスランにしびれを切らしてか、今までアスランの隣で大人しくしていたマクが、ブルルと不満そうに大きく鼻を鳴らした。
 その音で、時間を止めていた魔法が急に解けたかのように、アスランはマクを振り向き、少女は足元を覆う花に恥ずかしげに目を落とす。
「ごめん、お前のこと、忘れてたよ」
 アスランはマクの鼻面を撫でて小声で言うと、もう一度少女に視線を戻す。すると、同じように少女も伏せていた顔を上げ、少女とアスランは再び見つめ合った。
 しかし、今度はアスランが思い切って少女に声をかける。
「すみません、俺、いや、僕、道に迷ってしまいまして、その…少しここで休ませていただけると助かるのですが」
「…………」
 少女はアスランに答えようとして口を開いたが、そのままためらったようにアスランとマクを交互に見つめる。
「あ、こいつが珍しいですか? こいつはその、行商に使う荷物運びのマクヒア馬なんですが…名前はマクっていって、でもそんなに大喰らいじゃないし、その辺の少しの草で十分で…大人しいやつだし、もちろんそのきれいな花を踏み荒らすこともさせませんし……」
 アスランは慌てて相棒を庇ってそう言うと、それ以上言葉を続けることができずに、少女の反応を待った。
 しかし、アスランの思いとは裏腹に、少女はためらった後、その容姿によく似合った透明な声で、おずおずとアスランに話しかけた。
「あなたは……人間?」
「人間って…」
 奇妙なことを聞くものだ。まるで、少女自身は人間ではないような…。
 アスランは無意識にマクの引き綱を握りしめた。
「君は、人間じゃないのかい?」
 アスランの言葉に、少女はまたためらってもじもじと両手を組み合わせる。
「私は…」
「姉様、小花サイファ姉様!」
 少女が答えようとしたその時、大木の向こうからたくさんの女の子たちが走ってきて、少女にじゃれつくように群がった。
「姉様って…」
 アスランは驚いて思わず声に出して言った。
「この子たち、全部君の兄弟なのかい?」
 女の子たちは、少女よりも少し年下に見えるくらいの子から、下は小さな、五歳くらいの子までいる。それに、その人数もざっと数えても二十人ほどいて、兄弟にしてはいくらなんでも多すぎる数だった。
「きゃっ、小花姉様、これ、誰?」
 アスランの声で初めてその存在に気付いたのか、女の子たちは少女の身体に群がったまま、びっくりしたように一斉にこちらを見た。その姿に驚いてか、マクがいやいやをするように後ずさりながら首を振る。
「マク、ヨウヨウ」
 嫌がるマクを無意識になだめながら、アスランもまた驚いて、少女たちから目を離せなかった。
リウ…」
 その子の名前なのか、少女は、恐怖で自分の身体に張り付いた女の子の頭を撫でながら、小さくつぶやく。
「小花姉様、人間…なの…?」
 幾つもの黒い瞳が、不安げにアスランを見る。
 マクは動物の本能で何かを感じ取っているのだろうか。
 アスランは、不気味な思いで少女たちから離れるように一歩、後ずさった。
 俺は一体、どこに来てしまったんだ? この目の前の少女たちは、やはり人間ではなく、精霊の類のものたちなんだろうか?
 アスランは、目の前に並ぶ、同じ彫り物のようにそっくりな少女たちの顔をじっと見つめた。

「文学」の人気作品

コメント

  • 地辻夜行

    一次選考突破、お互いにおめでとうございますw

    1
  • Rorse

    予選通過おめでとうございます!

    1
コメントを書く